FC2ブログ

メビウスの車窓から(笑)・・・シールドから

PCX125回想
01 /10 2017
今朝、夜勤帰りからいつものツーキングコースから、ちょいとご紹介。
私の現在の仕事場が福岡市博多区にあるのですが、自宅(太宰府)まで片道約18Kmの通勤距離です。

いつも何気なくみている通勤コースにあるスポットにぶらり。
(今日は休みだあ!バンザーイ。でないと自宅へまっしぐら!!)

国道3号線バイパスに平行して見えているのがここ



福岡空港国際線ターミナルです。福岡空港自体は日本で数少ない市街地内にある空港です。国内線は国際線の反対北側にあります。市内へのアクセスの良さはNo.1かも。以前、関東、関西からお客さんを案内したことがありましたが、いずれのかたも、アクセスの良さには感心してました。



メビウスt-5(PCX125)で下月隈1号緑地へ入る。



下月隈1号緑地は福岡空港敷地内にある撮影スポットです。自販機やトイレは一切ありません。平日朝のこの時間なんて・・誰もいません。ランウェイ34の時なら多くのかたが撮影しにきます。私にとっては夜勤帰りのちょっとした気晴らしスポット。



福岡都市高速。これは博多駅、福岡市内方面へ・・



オッ!!この高度なら国内線から離陸したのか??



「おーい(^^)/、どこでもいいから、俺とメビウスを空輸させてくれ~!!(笑)」



福岡都市高速。これは太宰府IC方面へ。左手に見えるのが四王寺山。あの山の懐深くまで帰っていきま~す。

帰りに和歌を一句。

朝空と 見上げる翼に 夢重ね 我メビウスと 帰れ西都へ

だめだこりゃ・・・

スポンサーサイト



国東半島から帰還!

PCX125回想
10 /20 2016
今朝7時30分に、大分県国東半島めざし出発!

そして、今夜20時50分に太宰府へ、私とメビウスも無事、帰還いたしました。

1日の走行距離数、369.0Km

一言でいえば、かなり自分としては濃厚な中身のツーリングとなりました。

後日、レポートを紹介していきたいと思います。

まずは報告まで(^^♪



○長崎鼻リゾートからの夕陽

この夕陽と夕景の意味するものは?

六郷満山の里、友のふるさと国東半島へ

PCX125回想
10 /19 2016
明日、大分の国東半島までソロツーリング。

ルートは、由布岳をかすめ、

軽く北上して国東半島へ入ります。

国東半島は私としては、初めての訪れ。

何かドキドキ😍💓

意外と難しいツーリング計画です。

125ccのメビウスが欲をだすと、手痛い
羽目に陥ることは必至❗

必ずやり遂げたい、ミッションを為し遂げるため、写真部の師匠よりアドバイスまで受け、いざ参る❗


思い出の渚・・メビウス秘話(裸族??)

PCX125回想
10 /12 2016


10/11(火)、花曇りの日、長い日勤・夜勤、夜勤・日勤を終えて、先週走ったさつき松原の隣にある砂浜へ。私にとっては一押しのポイントです。あまり人に知られていない海水浴場にやってきました。

ここは、ある意味、私にとってあまりにも思い出深いところ。


 ↑津屋崎干潟の横を通る。



↑ナビでここを検索すると、ここに(駐車場ではありません。れっきとした人の敷地)たどりつきます。でもここは、駐車場があるわけでもありません。海水浴場としての設備はありません!防風林、鉄柵、立ち入り禁止などで入りにくくしています。非常識な違法駐車、キャンプ、火の取り扱いなどから自治会主体で規制をかけたところなのです。

知り合いのおじちゃんに挨拶して「久しぶりにやってきたよ!!元気しとった?」
「おお!久し振りやがね!大分きれいになったばい。」
「バイクとめといてよかね?」
「あー、よか。母ちゃん元気ね?」「なんとかね。」

↓防風林を抜けると、人っ子一人いない砂浜が広がる・・・
まるで、プライベートビーチにきた気分だ(^^♪
晴れていれば、最高の白浜と化す。私が知っている限りでは最高の砂浜です。



↑遥か防風林の向こうが、さつき松原。



↑平日ということもあるけど、誰もいません。


 ↑21年前のことが、思い出される。昔、職場の私含めて、なんで女性一人(ユミ)です。(笑)ユミがガンの告知を受ける1カ月前のころのこと。

みんなネクタイ姿で夕方にきました。快晴、日没の夕陽・・・。
想像してください。
私は夕陽を見ながら、ユミと白浜にすわってる。
みんな、あまりの光景に叫び声をあげている。
「ねえ、仕事慣れてきたみたいね?
「ああ、みんなのおかげだよ。」
「私がついとうけん、大丈夫だよ。それにしてもきれいな夕焼け。見たことないよ」

「あんたと二人できたかったよ~~」
「ヘッ?」
「アッ!ジョーダンよ・・・」

「おーい、二人でなんしょーと?」遠くからみんなの声が聞こえる。
最初かんちゃん、まっちゃんが興奮して脱ぎだしてすっぽんぽんに?
「ちょっとあんたたち女の前でなんしょーと?やめてよ!」
「キリも脱げよ?!みんなで走ろう!」
「馬鹿!!なんばいいよーと!!」

「女は好きな人以外の前では脱がんもんよ!!ちょっとキング!!

他のみんなもすっぽんぽんに脱いでしまった・・・
「イケちゃんも脱ごう!キリも脱いでくれるかもしれん?!」
「おッシャー、俺も脱ごう!!」

「ちょっと、アンタやめてよ~~!」
「こんなとこで、アンタの裸見たくナカ~~!!」

男全員、夕陽に向かって腕組みしてオールヌードである!!
ほんと男っていつの時代も馬鹿なのです。(笑)( ̄∇ ̄;)ハッハッハ~~

懐かしい~~、昔の話である。



↑波打ち際をみてると、ついつい・・・



↑ズボン脱いで海に入って。濡れた足が・・・気持ちいい(^^♪



↑この海見てると、彼女やみんなの声が聞こえてくるようだ。
「おいちゃん、またね!」
「母ちゃんにも宜しくな!」

 今日はもう少し走ってみよう!



↑北九州市小倉南区の平尾台をめざす。平尾台はカルスト台地で知られるところ。


 
↑至る所にこんな石灰岩柱がある



↑おや、黒猫が・・・
ユミは黒猫を飼っていたが、ここにも。
私の現在の職場にも赴任したころから一匹の黒猫が居ついている。
なぜか黒猫とよく出会う私である。まあ何の関係もないが、なんか気になって、そっと通り抜ける。なんと猫が逃げずに追いかけてくる~?でも何か発見した模様。



↑頂上パーキングより

なぜかセンチな気分の1日だったが、思い出とともに走るのは時として童心に帰るようでなぜか気持ちが朗らかになるのは、私だけでしょうか?

メビウスの本日走行距離、193.3Km AVG57.7Km/ℓ
メビウスt-5の現在走行距離、15,237Km(2015・8・9~)

灯台下暗し・・・あったここだ!

PCX125回想
10 /08 2016
10月7日(金)お天気は曇りでしたが、公休日で休みなので、父と母の思い出の松原を探しに、そしてに久しぶりに母方の叔父の家訪れ、知覧の特攻平和会館へ行く事の報告に訪れることにした。母の思い出を探してメビウスt-5へRide On!


 
↑まずは母方の祖父をはじめ、叔父達が眠る福津市営納骨堂を訪れ、参拝。



↑そして、向かったのが、さつき松原(白砂青松100選の一つ)。



↑クロマツ林。唐津にある虹の松原のアカマツ群の林と違い、こちらはクロマツ林。



↑さつき松原とメビウス。快適な道路にメビウスもごきげん!現在は枯れゆくクロマツ保護と砂浜の保存のため、工事に入っています。


↑ご存じありませんか?で紹介した父のバイク

↑このバイクに、母を乗せ・・・私は、父が釣り好きであったこと、母方の実家から近いこと、結婚して間もなく広島へ旅立つ前に母への気遣いから、父は月光仮面になった気分でこの地をライディングしたことだろう!



↑さつき松原海岸、今日はあいにくの曇り空で海も暗めだが、晴れると青い海と砂浜のマッチングが素晴らしい!




↑さつき松原海岸、しばらくはお得意ののんびりぽけーっとしながら、音楽を聴きながら、波の音を愛でる。



↑さつき松原海岸、右に見えるのが、地島。左に見えるのが七夕伝説発祥の地とも言われる筑前大島。神が宿る島とも呼ばれています。(大島渡船で渡れます)




↑さつき松原は福津市の隣の宗像市にあるのですが、昼飯はむなかたみちの駅でと思ったが、福津市へちょっと戻って宮司浜にある大力へ寄りました。
建物は洋風なのですが、・・・実は魚を使った料理がGOO!



↑本日のおすすめ定食。刺身と天ぷらを使った定食 ¥1,280円です(御飯と味噌汁はおかわりできます)。今日は食べなかったのですが、私的にはここはアラカブのから揚げがおすすめ!カリカリに揚げているので、頭から骨まで丸ごと残すことなく食べれます。またこの店の大将、大のツーリング好きでハーレーやアメリカツーリングの写真までも展示している!!
カウンターで食べると、忙しくなければ、大将と話しながら、食することができる。
自動二輪の免許をとったこと報告できました。「おめでとう!。で大型いつとると?」(笑)

大変お客さんが多いこの店、ランチタイム、並ぶことは覚悟してください!(水曜日定休、第2木曜日定休)



↑大力のウッドデッキより。


そして、福津市内の叔父の家により、私が月末に特攻平和会館へいく思いを話すと叔母が「あなたが、そこまで父ちゃんの話を覚えてたなんて・・」なぜか、目頭を押さえていた。

「今しか行けないような気がして。母を連れて行ってきますと・・・」
「気をつけて、行ってらっしゃい!!」

そして本家の従弟にもあって、近況を語って太宰府へ帰還。

母にさつき松原の写真を見せると・・・
「このクロマツ林!ここだよ!お父ちゃんが連れて行ってくれたところ!!」
「間違いないよ!懐かしいね~」

よかった。やはり間違いなかった。今年10月29日に父の7回忌をします。
折しもその日に鹿児島へ行くことになりました。

今日のライディングは感謝をこめて、亡き父に捧げたい。



メビウスt-5(PCX125)平戸・生月ところが、②

PCX125回想
09 /17 2016
突然の女房からの帰還命令で、早々の撤退を命じられた私。
すぐさま、撤退するのはくやしいため、ギリギリまで・・・



↑大バエ灯台からみた大バエの断崖。この生月島には野営場もあります。キャンプしたい方いかが?(有料)。今度ソロキャンプで来ようかな・・・





↑生月大橋、生月島側にある大氣圏のあごだしラーメン!(並)¥750です。
長崎、福岡、佐賀など北部九州では、あごでだしをとる食習慣があります。何ともいえないすっきりした味になります。時間もあるため、並でいただきま~す。



↑生月大橋。生月島と平戸島を結んだ3径間連続トラス型としての橋としては世界一の長さ960mの美しい橋。(晴れてると青空とマッチングして大変きれいです)



↑聖フランシスコザビエル教会(平戸市)
平日とはいえ、けっこう観光客がきてるなあ。あたりまえでしょうね。ここは殉教の地としてあまりにも有名。




            ↑フランシスコザビエル記念像

そして、私はメビウスt-5(PCX125)で帰還の途に着いた。さあ今14時15分、
17時30までに太宰府に帰れるか?

昨日の答えです。海岸線(松浦街道)を使えば、伊万里で車の多い箇所のため、4時間近くはかかります。農道を使おう。伊万里から唐津へは山越えと畑や田んぼの間を突っ切って唐津から二丈までの山裾道を使って無事つきました。

平戸、生月などいわゆる北松地区は、アクセスの不便さを除けば、海と海の幸に恵まれ、しかも教会群もおおく、わたしとしては旅にはおすすめのスポットの一つ。皆様いかが?

本日のメビウスt-5(PCX125)の走行距離、341.9Km
AVG 60.4km/ℓ

メビウスの現在走行距離、14,370Km(2015・8・9~)




メビウスt-5(PCX125)平戸・生月へ、ところが

PCX125回想
09 /16 2016
今日は、天気がいいということでありましたが、潮見カレンダーと風、衛星画像の情報から、国東半島へは断念し、お久ぶりに、平戸方面へ朝7時ごろ出発・・・
それが今回とんでもないことに!



↑さあ、やってきました平戸大橋、もうかなり古い大橋。昔は有料だったんだけど、今、通行無料。橋脚の塗装工事も終わってきれいになっています。



↑平戸大橋を渡って、うっそうとしたところを抜けると・・・



↑そこは、草原のような川内峠。いー気分です。こんな時、悩める友達を後ろに乗っけて、一緒に走りたくなるバイ!!
「言葉なんかもういらんめえもん!方言丸出し、どげんでもよかろうもん!。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ」



↑そこは、西海国立公園の中・・・1年ぶりにやってきました、カスタムアップしたメビウスt-5。あら?誰もおらんばい?快晴なら、九十九島も見えるのですが、残念!



↑次に立ち寄ったのが、紐差カトリック教会。神父さんか、修道院とか誰もおらんとか~?! 叫んではいけません(^^♪ 静かにラーメンいや、アーメン。厳粛な気持ちで・・・



↑そして、次に目指したののが、生月島の大バエ灯台へ・・・。さあ渡るぞ~、
(アンタ、トシガイモナク、コウフンシンサンナ!:メビウスt-5の声)



↑そして、やってきました。生月島最北端の大バエ灯台!11時45分着です。ここでまったり休憩!!あ~しばらくごろ寝で昼寝。12:55分にスマホから着信音が・・・


こんなところで、LINEで女房から緊急連絡が、「ちょっと、今日、息子んとこに子供が生まれたらしいよ!東京まで行くから、5時半までに帰ってきてよ!」

「ギョエ―、5時半までに帰ってきてよッて!」
「今1時ばい!。帰れるわけなかろうもん!!」
「仕方ないじゃん!」
「お母さんも足痛いっていいようよ!」

ガーン、ガーンガーン
さて、このあと、55ライダーとメビウスはどうなったのか?

ブログがアップされているということは?帰った?

結論からいいます。今日5時半に着くことはできました!

メビウスは125CCバイクですから、高速道路には乗れません。

私は、この歳で信じられないルートで無事、帰りました。
今日は疲れたので寝ナますZZZ・・・

ヒント:今年3月の雲仙普賢岳展望所から太宰府の自宅まで通常なら3時間半くらいは最低かかるのですが、この時、3時間5分で帰り着きました。今回も同じ方法で帰りました。ご興味のある方は、考えてみてください。

本日のメビウスt-5(PCX125)の走行距離、341.9Km
AVG 60.4km/ℓ

メビウスの現在走行距離、14,370Km(2015・8・9~)

旅するライダー、国東を目指せ!

PCX125回想
09 /12 2016
ツーリング曲の中から懐かしい曲を1曲!
私が高校生の頃、タータン旋風を起こしたイギリスのロックバンドグループ。
私の男友達が彼らに憧れて・・・。ほんとにヨーロッパに渡り、音楽家になっちゃった?
クラシック界で!
今週は天候不順の日が続きます。彼女の作ったツーリングマップを見ながら、次はここに行くと決めました。

大分県国東半島!!メビウス思い出記『ライダーになろうとした男』私の友人、カズの故郷です。彼女も行きたがってた、3人で行こうとした場所の一つ。

国東に行ったら、是非とも写真に収めたいところがあります。

雨では絶対だめです。いい天気に恵まれ、夕方でしかもある程度の風がないと絶対にお目に掛かれない光景を是が非でも・・。海好きの人でなくても、一度は我が目に焼き付けたくなるその風景。

天気、時間帯、私の休日、この3つの条件が揃えば・・・

走り始めてから約1年。今は亡き二人へ感謝の思いを込めて、ただその光景を求めて目指すだけ・・・がんばろう!!

メビウスt-5(PCX125)の現在走行距離 13,947km(2015・8・9~)

ウインドスクリーンの効果(直進安定性向上と燃費)

PCX125回想
09 /11 2016
私のメビウスt-5(PCX125)も小型スクリーンからウインドスクリーン(ENDURANCE製)へとカスタマイズして、二度のプチツーリングを終えて、その効果の記事を一つ。


 ↑ ウインドスクリーンの形状などは好みの別れるところか?



↑見帰りの滝もまずまず撮れて、今後の自然景観撮影の向上に役立ったといった感じです。

①9月8日(木)太宰府から大野城二丈線(山路あり)を使って佐賀県唐津市相地町伊岐佐(見帰りの滝)、厳木ダム、樫原湿原、佐賀外環状線経由にて鳥栖から太宰府へ。
 ↓
走行距離:204.6km AVG 60.6km/ℓ

①8月24日(水)太宰府から大野城二丈線(山路あり)を使って佐賀県唐津市相地町伊岐佐(見帰りの滝)佐賀外環状線経由にて鳥栖から太宰府へ。往路にてウインドスクリーンテスト走行のため、一部高速走行。
 ↓
走行距離:192.9Km AVG 61.0km/ℓ

この時の二つのツーリングルートは天気も概ね曇りで良好。主要幹線道路も平日で流れもよい状態。燃費に関してメーターパネルのtripー0計測からのもの。スクリーンはどちらもウインドスクリーン。



 ↑原城近くから後方の雲仙普賢岳を望む


③3月25・26日(金)、(土)と天気も概ね曇りで良好。主要幹線道路も平日で流れもよい状態。燃費に関してメーターパネルのtripー0計測からのもの。スクリーン小型スクリーン。太宰府から筑後川沿いから佐賀・鹿島経由でオレンジロード雲仙・多良シーサイドラインを使って島原半島、南島原へ。帰路も同経由にて太宰府へ帰還。
 ↓
走行距離:407.8km AVG 56.9km/ℓ

小型スクリーンからウインドスクリーンへのカスタマイズでPCX125の直進安定性が向上していることは、文句なく体感できました。
また、カスタマイズ前までは、島原へツーリングした時が最高の燃費AVGだったのですが、このデータから見ると、今回のウインドスクリーンのカスタマイズの風防効果が燃費向上に貢献しているのか?ととらえたくなる数値です。またこの3つのいずれのツーリングでもアイドリングストップは使用していません。

いずれにしても、今後もスクリーンと燃費向上効果は経過をみていきたいですね。それくらいこのレベルアップは凄い!としかいいようがありません。

気の向くまま・博多弁で走ろう(^^♪

PCX125回想
09 /08 2016

今日は休み、なんかしらんばって、ちかっぱ(力いっぱい)、走りたくなった!!(^^♪
カメラ不調で撮れなかった『見帰りの滝』!絶対撮るバイ!!
すいません!今日の気分は田舎モンばい!時々解説つき。何故かナビが、いうこときかんと(調子が悪い)、誰かどげんかしちゃらんね?えらいはらんたつ!!
(誰か直してください。すごく頭にきてます。)

私のツーリングBGMの1曲

シャーリー・バッシー、知っておられるかたもいると思いますが、あのショーンコネリー演ずる『007シリーズ』でテーマ曲を3曲歌ったことがあるのは、この女性シンガーただひとり。
私はイギリスで野外コンサートを聞いたことがありますが、彼女のこの個性豊かな歌声を聞き、魂を揺さぶられたこと、今でも忘れていない。


 ↑ またやってきたばい!


 ↑あじさい橋


 ↑昔、私の先輩が杖をつきながら、「一々、手を貸すな!!」「何としても歩くからな、男やったら、手を貸すな!!」思い出す、力強い言葉、先輩は小橋で4・5回も転んだ。「事故ったのも自分が未熟だから、これくらい歩けないでどうする!」


 ↑これが、見帰りの滝 上部。激しい!


 ↑ これが、見帰りの滝
「イケちゃん、いいよなあ。滝って天と地の間にある俺のくだらん悩みなんぞ、洗い流してくれるみたいで!最高だよ!俺はもうレースに出れなくなったが、絶対人生のレースでは負けないからな!!」 そんな言葉を思い出す。


 ↑ 急に今度は静かなところへ行きたくなった。そうだ!厳木ダムを通って、あの湿原へ行こう。


 ↑ 厳木ダム湖



 ↑メビウスt-5と厳木ダム


 ↑ 「おー怖か~~!」実は高所恐怖症。遊園地のゴンドラさえ怖かばい~~


 ↑ やってきました、樫原湿原。静かバイ。聞こえるのは風、鳥の声のみ。





↑ 静かな場所で、何も考えないで、ただ歩く。

なんか腹へってきたばい。ここは天山の近く、かなり涼しい、なんか辛かもん、食いたかね~?そうだ、小城まで行ってみよう!。ここから1時間近く、あのカツカレー
まだやっとちゃろうか。(まだ営業してるのでしょうか?)



 ↑ 何か道間違えたろうごたあ?(道間違えてしまったようです)!突っ切るばい!ええがげん、このくそアプリが! 直らんかい!



 ↑やっと発見!あった一平!!


 ↑ 見てんしゃい!(みてください!)このカツカレーの量、今にこぼれっばい!
(今にもこぼれそうです) 
 これ以上の、超メガカツカレーがあるとか。ランチ定食とかメニューはたくさんあるのに、みんな、なし?(何で?)カツカレー食べる人が多い!うまか~。
(おいしいです)¥920円です。



 ↑ 腹いっぱいになったら、何か四王寺山へライディングしたくなった。
   先日のあの虹・・ここからみたら最高の気分やったろね~!

今回は田舎モンまるだしで失礼いたしました。(^^♪
メビウスt-5の現在走行距離、13,861Km(2015・8・9~)
本日の走行距離、204.6Km AVG 60.6Km/ℓ


のぶさん

さまよえる爺(._.)人生下り坂のアニオタをひた隠してきた還暦越えのバイク乗りの爺でございます。人生、特に極めることもなく、カラータイマーが点滅中(o|o)