FC2ブログ

今、私のいるところ

闘病記(バイク事故・終了)
03 /26 2017
今、私のいるところはリハビリテーション病院にいます。

今年の2月3日に通勤時の交通事故で第一腰椎の破砕骨折で絶対安静で入院しました。
その後、4週間の絶対安静のあと、リハビリ入院を経て現在のリハビリテーション病院へとリハビリに集中すべく転院してきました。

私のいる病棟は、医師の診断を受け、皆さん何らかのリハビリ後に生活への復帰をめざすご高齢の方が多くいるところです。56歳の私は、その中では最年少ということになりますね。

肝心の第一腰椎は破砕骨折は、もとの骨格には戻らないにしても、再形成中といったところです。
ただ破砕の形が極端で、周辺の筋力アップが必要なため、昼夜、硬質コルセットをつけたままリハビリに励んでいます。もちろん第一腰椎が再形成されれば、コルセットをはずし、またメビウス400で走ることができます。




人からみれば、慎重に見えるかもしれませんが、私の年齢で破砕骨折は珍しく、またわずか4週で自分の足で立ち上がった人はほとんどいないそうです。奇跡といっても過言でないと思っています。
だからこそ、自分に与えられた幸運に感謝すべく駒をすすめていきたいと思っています。

意外とリハビリで、バイクのライディングに関する情報をお届けする日も近いかと。

昔、友人から「人生、まさかという坂がほんとにあるんよ!」
そのとおりだと思います。

私の闘病にあたり、多くの皆様から、励ましのお言葉を数多くいただきました。
まだまだ、入院生活も続きますが、まずは御礼方々ご報告まで。

いつもありがとうございます。

55ライダー(+α)










闘病記(バイク事故・終了)
03 /05 2017
昨日、午前9時に絶対安静解除

同、10分にリハビリより、迎え来る。 車椅子のリハビリ開始。患者の室内動作及び下半身動作良好のため、歩行器テストをはじめる。いきなり70m。結果は良好です。




車椅子にてナースステーション前通過と思われたが、車椅子より立ちあがり、看護師へ挨拶しました。
私が立つのが不可能と思っていたセンター内のすべての職員、驚愕す。
同患者、別棟8階へ車椅子にて移動。
9時30分にリハビリへ到着。
歩行テスト打診あり。患者承諾。結果、確認、極めて良好。

続いて、歩行テスト。2本平行棒完間、立居歩行へ挑戦。結果、問題無し。
リハビリ計画の変更用す。
されど、同患者、初日のためということで、技士対応検討要す、上記患者、車椅子で帰室する。



妻と母の来院確認。午後離院後、
写真撮影。圧倒的睡魔のため、夕方、
覗きこむ看護師の吐息にて、覚醒。
本日、得た結果、病室内独歩、自立
。室外、車椅子介助必要。
月曜日に同患者の対応変更必要あり。



詳細書く気力0

一歩前進❗

闘病記(バイク事故・終了)
03 /04 2017
私は、2月5日に、バイクの事故で入院して、苦節28日目にして天井を見上げる状況から、車椅子リハビリへと、やっと脱出することが出来ました。








まだまだ、リハビリは続きますが、まずは大きな前進ということで、沢山の方々から、
励ましのメッセージをいただき、誠にありがとうございます。

いつ退院かはわかりませんが、とりあえずは、コルセットは装着のまま、ブラックホールだけは脱出できたようです。

あとは、地球にいるメビウス400を目指して何とかたどり着いて見せます❗(笑)





ありますか⁉思い出の風景

日記
03 /04 2017
この車、皆さん知ってますか❓

この車は昔日産から発売されていた『チェリー』という車です。



今日は車の話ではなく、我が家が、昔この車でドライブにでかけた話。昔、私が10歳の頃、我が家が広島にいた頃、まだ新幹線のない時、母方の祖父が福岡から広島まできて、山陰までドライブにでかけた。

後ろに祖父と母が乗り、父は土曜日で帰ってきてすぐ出発。
僕は体が、弱く車酔いするからと、助手席へ、3ドアクーペで窓が大きかったなあ。凄く遠かった記憶が・・
三次市、中国山地を越え、まず向かったのが、島根県松江市にある宍道湖へ❗ちょうど夕方頃ついて、祖父がその夕景の素晴らしさに圧倒されていた。




↑宍道湖の夕景

「これは凄か。素晴らしいなあ~❗わしは今までみたことのなか❗」
農家で仕事一筋に生きてきた祖父にとって、初めてみた絶景だった。
みんなで暫く、ただ眺めてた。

遅くなって、松江からあまり離れていない鳥取県皆生(かいけ)温泉の宿で一泊。
僕はおじいちゃんと一緒に温泉へ入った。
「しょっぱい~❗」
「汐湯は、傷に良かとばい。」

 ↑皆生海岸

「だから、おじいちゃん、牛や馬を海に連れて行くの?」
「そうたい❗今日は、最高の夜ばい❗父ちゃんも疲れとるばい❗」
「背中流してやらんか❗ハハハ(笑)」
そして、次の日は伯耆大山へ向かった。

 ↑伯耆大山


 ↑初夏の伯耆大山
幼い頃の一つの思い出です。

大隅半島、瀬戸内の次に、メビウスで追いかける。

その懐かしい風景を❗

なんで、こうも駆り立てられるのかな?
されど、今日も私はベッドの上、心は紅の翼にある❗

画像は観光協会からお借りしています。

昨日の1日

闘病記(バイク事故・終了)
03 /03 2017


午前6時に病棟の灯りがついて起床❗
今朝、何故か私は4時前に起きてしまう❗(笑)

まもなくすると、看護師さんが巡回(彼女たちはラウンドともよぶ)して、昨日の尿、排泄状況をチェックする。

午前7時半ぐらいから看護助手さんが朝食の配膳準備、配膳をはじめる。
片付けも彼女達の仕事。

合間をみて、家に電話。お袋にも高齢なので一応❗

午前9時過ぎてから、病室で、約40分ほど理学療法士と足のストレッチなどリハビリする。

掃除のオバチャンが私と喋りながら、病室を清掃。

看護師さんが検温などのため、ラウンドしてくる。

午前11時頃、看護助手さん二人が、私の全身を拭くために、病室にやってきて、あっという間に全裸にされる。(笑)

昼前くらいから、看護助手が、朝食の準備、および配膳をはじめる。

午後1時過ぎたくらいから、体重測定。


今日は、家族がきて、ドアの隙から、ぶら下げられた私をみて笑っている。

夕方、先生がちょっと巡回。

お見舞い客も来る。

一人で足のストレッチ。40分ほど。

疲れて、ちょっと😵💤⤵

午後6時くらいから、看護助手さんが晩御飯の準備、配膳を始める。



今日は、麻婆豆腐でした。美味しい!
ここの病院食は上手いね❗

夜勤の看護師さんたちがラウンドで挨拶にきたりする。

午後10時までは、テキトーな時間。

看護師さんたちが、消灯ですよ~、
と叫んでる。

真っ暗❗一日のおしまいである。

妄想のツーリングその2

闘病記(バイク事故・終了)
03 /02 2017
一昨日シャワーを浴びているせいと週末からリハビリが予定されているからか、幾分か機嫌がいいです。
先日の妄想のツーリングの続きではないが、退院したら行きたいところの一つ。

鹿児島県大隅半島。

実は、先月14日と15日で行く予定にしていたが、今回の事故で入院となり、あえなく撃沈❗予約しておいたユースホステルもキャンセルした次第です。

   ↑佐多岬


大隅半島の最南端の佐多岬に行くことも楽しみにしてはいたのですが、それよりも背景が辺塚海岸と思われる1枚の写真を頼りに、海岸へ行くことを楽しみにしている。







そして内之浦宇宙空間観測所にも、叔父が知覧からたつ前にいたという鹿屋にも行きたい。








私がメビウス思い出記で記した、友人のユミ、カズ、そして特攻隊で出撃し、奇跡の生還を遂げた叔父との共通の想い出の場所がおそらく
間違いなくこの海岸なのだ。




どうしてこの場所が私にとって大切な思い出になるのか、それは無事退院して、このツーリングを終えたとき、思い出記で綴りたい。

まずは、早く退院したいです。

退院して改めて仕切り直して出発したい。

画像は志布志出身の友人にお世話になりました。ありがとうございます。

のぶさん

何を血迷うたか、55歳からバイク乗りはじめた、爺でございます。人生楽しめればそれでよろしゅうございます♪