FC2ブログ

8月30日は冒険家の日🏔

日記
08 /30 2021
今朝、エモパー📱から今日は「今日、8月30日冒険家の日デス~」とお知らせ。
なんで、今日、8月30日冒険家の日なのか?調べてみると~

1965年(昭和40年)に同志社大学南米アンデス・アマゾン遠征隊がアマゾン川の源流から130kmを世界で初めてボートで下った日なのだそうです。

また、1989年(平成元年)に海洋冒険家の堀江謙一が世界最小(全長2.8m)のヨット「ミニマーメイド号」での太平洋の単独往復(サンフランシスコ~西宮間)を達成した日でもあります。
8月12日は1962年(昭和37年)に堀江謙一さんが小型ヨット「マーメイド号」日本人初の太平洋単独横断に成功した日であり、「太平洋横断記念日」となっている。8月30日に冒険家が偉業達成を成し遂げたことが多いことから8月30日は冒険家の日となっています。

冒険家といえば、どうしても忘れられない人は・・・
植村直己さんですよね。植村さんは1970(昭和45)年の同日、マッキンリー単独登頂に成功し、世界初となる五大陸最高峰制覇を成し遂げたかたです。1978年に犬ぞり単独行としては世界で初めて北極点に到達しています。1984年、冬期のマッキンリー(現・デナリ)に世界で初めて単独登頂 しましたが、下山中に消息不明となってしまい、未だに何も発見されていません。植村直己さんは1984年、国民栄誉賞を受賞しています。


Naomi_Uemura.jpg

冒険家植村直己さん

デナリ国立公園

▲デナリ国立公園

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ


スポンサーサイト



庭のリフォーム(伐採と整地と土壌調査)

庭いじり
08 /29 2021
🌳今日は猛暑日が予測されるなか、庭のリフォームの一環でで一か所、伐採作業と整地作業、土壌調査をしてみます。

駐車場サイド


整地前

👆枯れ切っていた五葉松は、かなり以前に伐採作業していましたが、カナメモチがかなりのツル系は道路にまで伸びていた状態。また雨水枡がの部分がかなりの落ち葉がたまり、土地がたまっている状態です(👇の赤←のところ)

このエリアは、整地からきちんとして対応しておかないと、大雨の時にも困りますので、まずは伐採(根の部分も)にあわせて、土壌の調査と改良の仕方を検討しておきたいと思います。

Inked整地前雨水枡_LI


根

👆今日は鉄バールを使って根っこの部分まで掘り起こします。根の部分は状況によってはスコップでも、難儀する時があります。こうした鉄のバールなど強度に頑丈なもののほうが作業しやすい時があります。

土壌のチェック方法

①土を軽く湿らせて、一握り分だけとって、握りしめる。⇩

土壌調査A


②土が固まらずに崩れるのは、粒子の大きい砂が多い土です。土が固まっているようなら③に進んでみましょう。⇩

土壌調査B

③軽く揺らしてみてください。形が崩れなかったら、粒子の細かい粘土の多い土。形が崩れたら、有機質が多く、団粒が出来ている比較的良い土。比較的良い土の状態のようです。⇩

ここは以前、福岡水害(H15.7.19)で梅雨末期の集中豪雨により、7月19日御笠川上流の太宰府市で時間雨量99mm、累加雨量361mmを記録し、太宰府市原川で土砂災害が発生し1名が亡くなったところで我が家も床下浸水の被害を受けています。土壌の性質が変わったりしていないだろうか?と気にしてはいたのですが、大丈夫そうです。

土壌調査C


土壌改良する場合は、砂質土壌であれば、腐葉土やたい肥など繊維質の多い有機質を多めに加えてよく耕したりします。

また粘土質土壌のところでは、腐葉土やたい肥など繊維質の多い有機質を多めに加えてよく耕したりする際、少し粗目の砂質土壌を加えたり、パーライトを加えたりします。

TOOL.jpg

▲今日の作業に使った道具です。

チェーンソーに、鍬(三本鍬、三角鍬)、スコップ。三角鍬は溝を掘ったり、除草したり細かい作業ができます。三本鍬は土寄せ、除草や畝上げなどいろいろな作業に使います。

この先、このゾーンをどんな風に作り上げていくか。少しづつ楽しみながら~



柿とお茶の話

日記
08 /23 2021
🍵昨日、日本園芸協会から出版されている、『プランツガーデン』(No.189)を読んでいると「花と緑の勉強室」という読者から寄せられたQ&Aのコーナーがあるのですが、コロナ禍であることの現代を受けてでしょうか、その中の質問に植物ウィルスの関係について教えてくださいとの問いとその答えが興味を引いたので、そのままご紹介してみます。

H1.jpg
▲これは『プランツガーデン』No.190です。日本園芸協会のから出ている専門誌。

 その質問は「植物ウィルスの関係について教えてください」というもの。この問いかけの背景として「ウィルス植物には影響しないのか?」という疑問を持たれているようです。植物にもウィルスと戦ってきた長い歴史があります。今回は植物ウィルスの最古と最近の話題について紹介します。
 
 植物ウィルスに感染していた最も古い記録が17世紀のオランダで起こった「チューリップバブル」にまで遡ります。この時、チューリップの球根が投機の対象商品となって値上がりし、バブル現象となったのです。「1個の球根が、ビール工場や馬車付きの大邸宅と交換された」と言われています。
 
 人々が大金をはたいて手に入れようとした球根は赤地の花びらに白いレースのようなモザイク状の模様が斑入りの花を咲かせるものでした。当時、このような花を咲かせる球根の作り方として「斑入りの花を咲かせる球根の一部を切り取って、1色の花を咲かせる球根に切れ目を入れ、その中に挟み込む方法が使われていたといわれています。でも、このような方法では斑入りの花を咲かせる球根を作ることはできないはずです。

 この謎は、20世紀になって科学的に解かれました。これらの斑入りの花は、ウィルスによるモザイク病という感染症にかかったものであることがわかったのです。「球根に切れ目を入れ、その中に挟み込む」のはウィルスを感染させる方法だったのです。

 これが、植物がウィルスに感染した最古の記録と思われてきたのですが、近年、万葉集にウィルスにかかった植物が詠まれていることがわかり、話題になりました。

 1979年に日本のウィルス研究者が、万葉集の孝謙天皇の歌である「この里は 継ぎて霜や置く夏の野に我が見し草はもみちたりけり」がウィルスに感染した植物を詠んだものであることを指摘したのです。この和歌では、現在のヒヨドリバナがウィルスに感染して夏なのに黄葉になったことが詠われていると考えられ、現在では植物のウィルスに関する世界最古の記録とされています。

最近の話題では、新型コロナウィルスに対する植物の力について、奈良県立医科大学から発表されたものが2つあります。1つ目は2020年9月に、「柿渋」に新型コロナウィルスの感染力をなくす効果があると発表されたものです。

柿渋のもとはタンニンという物質であり、この効果であると考えられるというものです。

2つ目は、2020年11月に市販のお茶によって新型コロナウィルスが無害化される効果が見いだされたというものです。お茶にはインフルエンザウィルスの感染力をなくすカテキンという物質が含まれるので、この物質による効果と推測されています。

ただ、これらの結果は、ウィルスが人間に感染した状態で調べられたものではありません。試験管の中でウィルスを増殖させて調べられたものです。ですから今後は、人間に感染した状態のウィルスについて、これらの物質の効果が調べられることになります。

回答者:田中 修
甲南大学特別客員教授。農学博士。専門は植物生理学

昨年秋ごろからかな、ネットで柿渋の効果とか何か見たこと気があるのですが。いずれにせよ、少しでも何らかの効果があるとよいなと思いますが…

ひょっとして、お茶と柿の値が上がるう~(笑)


ウーム、柿とお茶をいただいて、免疫力でもあげるか!?

photo-1604177594821-0e03aeedbd8b.jpg

▲イメージ画像▼

photo-1575487426366-079595af2247.jpg



 

庭のリフォーム(^_^;)

庭いじり
08 /22 2021
🏡前線停滞以降天気がかんばしくありません。世の中、コロナ禍も状況はひどくなるばかりで、一体これからどうなるのか?還暦越えた私でも不安にかられたり、やるせない日々が続きます。

最近、我が家の庭も誰がみても心が癒される空間へと変化させられないものかと考えます。草取りや庭掃除していてもそれは自己満足のレベル(-_-)。

誰が来ても、思わずほっとさせられる空間へと変えてみたいのであります。もちろん一朝一夕でできることではありません。
けっこう予算もかかってくると思います。

でも、色々手を尽くしてがんばってやってみましょう。

今のお庭の現状と不満の感じる部分の数々。

駐車場サイド

駐車場横
ここには、五葉松が植えてあったのたが、かんぜんに枯れてしまい、枯れた松の葉が散在するばかりで何にもならないため、思い切って伐採しました。このスペースも完全にきれいにして植栽それとも小さなガーデニングゾーンに変えてみようか?試案のスペースです。

玄関アプローチ

玄関アプローチ
門から玄関へのアプローチ。ごらんの通りの石材と砂利石を使って、並べているだけのアプローチ石材もだいぶ汚れています。石材との段差も気になりますね。

デッキ廻り

ウッド周り
ウッドデッキは物干し場用として使っているが、デッキにポイントをあてると周りが植栽が多いので何の
変哲もない風景。何か明るいポイントもほしいところですね。

外塀

外塀
これは家を含めた全体的なことですが、我が家はコンクリート系の住宅で、外塀もご覧のとおり瓦がのせてあります。庭には松とか梅とか・・・つまり和風なので家との景観バランスが悪いですね。ここも試案のしどころか?

青年の樹


青年の樹
バックヤードの片隅にある青年の樹。昔、母が鉢から植え替えしたところ、ジャックと豆の木ではありませんが、しらずしらずのうちにこんな大木と化してしまった~(Σ(・□・;)

裏庭


▲意外と広いのだが、裏庭は草取りが大変。南側の片隅でちょっと菜園まがい(キュウリ、トマトくらい)のことをしている。
真ん中のゾーンは菜園づくりにはあまり適していないと思われます。(朝から昼までの日当たりが悪い)それと、家の近辺昔から猪🐗がよく出るため。菜園づくりは要注意である。

それと、バイク🏍の保管スペースが欲しいですねえ💛うちには車が2台あるので(-_-メ)

まずは、庭のリフォームも住宅設計と同じようにゾーニングから初めてみましょうか。どうなっていくのか、自分にも皆目見当がつきません(笑)








母と暮らせば・・・福岡市民劇場8月例会

福岡市民劇場例会
08 /19 2021
🏍昨夜、18日久しぶりにバイクで福岡市民劇場へ舞台公演を観劇してきました。


2108母と暮せば-main

監修=山田洋次
脚本=畑澤聖悟
演出=栗山民也
出演=富田靖子、松下洸平

母と暮らせばのストーリーは、原爆から三年後の1948年8月9日の長崎。あの日行方不明になった息子・浩二が帰ってくることを諦めつつも祈る伸子は、ふと誰かの気配に気づく。「誰か、おると?」「僕だよ」。井上ひさし氏が生前みずから掲げたライフワーク三部作(ヒロシマ、オキナワ、ナガサキ)が遂に完結。

まず、公演見終わっての第一印象として素晴らしい二人芝居でした。舞台終わっても、スタンディングオベーションといい、拍手鳴りやまず。見事というしかないと思いました。
こまつ座としては、やはり山田洋次監督の映画もあり、かなりチャレンジした舞台ではなかったかなと思いました。作に、畑沢聖悟氏を起用したのがすべてだったのではないかと。またその作風を支えるべく栗山民也氏の細やかな演出が味がありました。そして、テーマが終戦時の長崎の原爆による被爆がテーマであるだけに終始重くなりがちな雰囲気を、女優富田靖子さんの持ち前の明るいオーラでしょうか、随所ににじみでていて約1時間半の舞台があっという間に過ぎてしまった感があります。

舞台中盤からだろうか、母子の言葉のやり取りが胸に降り注ぐように刺さってきます。これは畑沢氏のなせる芸術と思います。また、その高いレベルの要求を見事、クリアした富田靖子はすばらしい。松下洸平さんも、事前の予想を覆す素晴らしい演技を見せてくれました。


ご参考までに。『母と暮らせば』の動画レポをどうぞ。








今日は8月19日~🏍バイクの日

バイク便ライダーのひとり言
08 /19 2021
🏍え~今日は、📱エモパーからアナウンス受けなくてもわかります~(^^♪

今日はバイクの日19日)です。

このバイクの日は、1989年、政府総務庁(現在、内閣府)交通安全対策本部が、交通事故撲滅を目的に、8月19日をバイクの日に制定したのがはじまりだそうです。

全国自治体の交通安全対策室や地元警察などでは、この8月19日を中心に、二輪車の安全運転講習会等も展開しています。
日本二輪車普及安全協会では、さらに、二輪車の楽しさ、利便性、有用性などバイクライフの素晴らしさを、より多くの皆様にご理解していただくために、毎年7~9月の3ヶ月間をバイク月間として、 2000年7月にスタートしています。



今日もバイクで配送仕事であります。プテラ(バーグマン200)に乗ってどこへ行く~。

まずは安全運転ですよ~

バーグマン200

今日は高校野球記念日(*^^*)

日記
08 /18 2021
☁今朝、📱エモパーから「ノブさん、今日は高校野球記念日の日デスヨ~」

今日は8月18日、どういう語呂合わせか?と思い、調べてみると・・・1915年(大正4年)8月18日に、高校野球の前身である第1回全国中等学校優勝野球大会の開会式が大阪の豊中球場で行われたことに由来して「高校野球記念日」とされています。語呂合わせじゃなかったのね~(^^♪

第10回(1924年・大正13年)から会場が甲子園球場となって、太平洋戦争の終わった3年後の1948年(昭和23年)から全国高校野球選手権大会となりました。

みなさんもご存じのとおり、昨年度の第102回全国高等学校野球選手権大会は、2020年8月10日から14日間(休養日を除く)にわたって阪神甲子園球場で開催を予定していた選手権大会でありましたが、日本国内で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大している影響のため、代表校を決める地方大会と合わせて、同年5月20日に中止となりました。

そして今年2021年の第103回全国高等学校野球選手権大会は8月10日から開催されていますが、折しも前線停滞にともなう影響を受け、18日の試合予定も、天候不良のため順延。今大会で過去最多となる6度目です。
そして、コロナ影響に伴い、宮崎商業、東北学院が辞退と大会開始後の辞退は初めてとなっています。

高校野球の試合には、どんな試合状況下であろうと1球1球に全身全霊をこめた姿に、いつも感動させられます。

これからの未来の時代を担うあの子達の姿をみると、コロナ禍を早く終わらせねばと感じるのは還暦越えたじじいの私だけであろうか?たわいのない記事ですみません。

負けるな~、がんばれ~~⚾

photo-1578432014316-48b448d79d57.jpg

▲イメージ画像はUnsplashからお借りしてます





忍の心境

日記
08 /16 2021
☂昨日はつかの間の晴れ間に、ほっとしましたが~

どうも今夜から、また、雨模様。

今回の前線停滞に伴い大雨による被害に遭われた方々へ、心からお見舞い申し上げます。


― 前回の記事を受けて ―

今日は、さっそく、お世話になってる業者さんが雨漏り個所を確認しにきてくれました。久しぶりにあうとお互いマスクをしているので、じっと見つめあって、お互いを確認しあいます(笑)

「ご無沙汰しております。もうワクチン接種、済まれましたか~?」

「月初めにもう2回目も済みましたけど、おたくは?」

「まだ、1回なんですよ。今月末に2回目です。」

みなさまの最近も、久しぶりの方とはこんな会話から始まることが多くありませんか?

「うちは家内も2回済んだけど、2回目、熱がでたね~」「色々、最近は大変でしょう?~」

「もう大変ですね~。コロナ禍で耐えるばっかりですよ。」


いろいろバルコニーやら、部屋の漏れの個所を見てくれて

「ご主人と同じ見解なんですけど、バルコニーの防水が切れているんだと思います」とのことだそうだ。

ふつうなら、コンクリート系住宅のルーフバルコニー防水シート切れを築30年も経過していない物件でみることはまれだそうだ。それが最近は割とよくみかけたり問い合わせがあるそうです。

原因は、気象変動の影響か高温、大雨などによる急激な温度変化が激しいために劣化が早くなってきているのではないかとのこと。私も仕事で不動産物件をみる機会が多いのですが、その意見には納得いくものがあります。

いずれにしてもこの大雨が続く状況を抜け出さないと、修理工事など手がつけられるはずがありません。
お金のことも考えんといかんし~。コロナ禍といい、耐えることが多すぎるとですよ。文句言い出したら、きりがないのが今のこのご時世。

でも、大変なのは全人類一緒のはずです。みんなどこかで必死にこらえているんですよ~

最低限、体調こわすことのないよう、目配り、気配り、心配りするしか方法がないような気がするのは、還暦越えた爺のひとり言でしょうか?今日はぼやいてすみません(-_-)

tearai.jpgsyoudoku.jpgcovid19.jpg





晴れ間が~(^^♪ 部屋に雨が??

日記
08 /15 2021
🌤今朝、起きれば、前線停滞にともなう大雨もあがっていて、晴れ間がみえる~(^^♪

体、なまってるから久しぶりにウォーキング。

溢れんばかりだった、川もだいぶ治まっています。

久しぶりの青空

川の水面も橋のところまできてたのに~。ひとまずは…

三条橋


でも、今回の大雨、長雨で我が家のこんなところに影響が~(+_+)

雨漏り?1

雨漏り2

😧室内の柱の部分から雨水からのものであろう、水滴がずっとつたってきています。その影響でスライドドアもすべりにくくなっています。こんなことは初めてである。

しかし、これは大雨が原因からのものではなく、ルーフバルコニー防水シートの劣化からによる防水切れをおこしているのではないかな?と考えています。我が家も建ててからもう20年以上たちますが、5年おきに自分で防水してきましたが、もうそろそろ根本的な対策を考えておかないといけないでしょうね。

あ~あ~、何かまたお金のかかりそうな話かいな~!?

このブログにもリフォームのカテゴリがあってもよさそうな気がしてきました。


私の避難用具の中から

日記
08 /14 2021

☂いつまで降り続くのか?ここ福岡でも降ったり止んだりの毎日です。来週も半ばぐらいまでこんな天候が続きそうです。

雨と言えば、去年の7月に仕事中に豪雨に遭遇し、避難所で一泊したことを思い出します。


昨年の台風10号通過時も避難しました。

参照記事 → 避難所で好いとっと♬ 


前線停滞に伴う、豪雨警戒というのは、いつ降り止むのかわからないのが実に厭らしいです。

それ以来、どこでどんな緊急事態にも遭遇するかわからないので、今日は避難用具の中からご紹介。


非常用バッテリー

▲まず、重宝するのが、LEDライト付き モバイルバッテリー ソーラー 24000mAh ソーラーチャージャー 大容量 ソーラー充電器 急速充電 QuickCharge 2USB出力ポート 太陽光でも充電可能 です。防水、 耐衝撃、 災害・旅行・アウトドア用として使用できます。( iPhone/iPad/Android対応 )

何といっても、災害、緊急避難時などの場合は、細かい情報が必要になります。30年前雲仙普賢岳火砕流災害時の時は医療機関で災害避難の補助にあたっていましたが、現在ではあの頃に比べて、ネットからの情報がスマホから容易に入手できる時代です。避難所に充電器があってもいっぱいで使えないと思っていたほうが無難です。

私は、去年、避難所で難儀しました~。

ブランケット・ペットボトル

▲600㎖ペットボトル、ブランケット

ペットボトルは平常時は空でよいのですが、いざ、避難時は必ず水を入れていったほうがよいです。というのも、避難所でも避難時の物資も最初から、準備されているわけではありません。最低、最初の飲み水だけは確保しておいてください。

ブランケットは地震災害時などは、避難所も安全な状況とは限りません。万が一、屋外で退避することになったら?
そんな時に自分の身を保護するのがブランケットです。

屋内でも毛布代わりに使えます。

それとバスタオルとタオル4~5枚くらいは、準備しておきましょう。横になったとき、枕がわりにはなります。

避難用具も考え出すと、きりがありません。できるだけ、軽めに準備しておくことです。動きづらくなりますからね。

とにかく早く、大雨治まってくれ~




 

のぶさん

55歳から短い脚で、二輪にまたがり、還暦峠も越えて、人生下り坂のアニメ好きジジイでございます。人生、特に極めることもなく、カラータイマーが点滅中(o|o)