FC2ブログ

全世界が震撼!!『羊たちの沈黙』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

◇本ページはプロモーションが含まれています

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1991年に公開されたアメリカのサイコホラー映画『羊たちの沈黙』(ひつじたちのちんもく、The Silence of the Lambs)の当時の劇場鑑賞、および配信先動画視聴からの感想(懐想記)の投稿です。
thesilecemv.jpeg


【羊たちの沈黙:作品の概要】

『羊たちの沈黙』(ひつじたちのちんもく、The Silence of the Lambs)は、1991年のアメリカ合衆国のサイコホラー映画です。監督はジョナサン・デミ、出演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレンなど。原作はトマス・ハリスの同名小説によるもので、 連続殺人事件を追う女性FBI訓練生と、彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流が描かれています。

本作は、第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞しています。これは同賞史上『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次ぐ3作目であり、2022年時点で主要5部門受賞を達成した最後の作品です。また、作品賞を受賞した唯一のホラー映画でもあります。2011年にはアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録されました。

物語の主役である精神科医で殺人鬼のレクター博士はアンソニー・ホプキンスが演じ、アカデミー主演男優賞を受賞しています。続編である2001年の『ハンニバル』でもホプキンスがレクターを演じている。もう一方の主役のFBI訓練生、クラリス・スターリングを演じたジョディ・フォスターもアカデミー主演女優賞を受賞していますが、こちらはホプキンスと異なり、続編には出演していません※1。
※1『ハンニバル』ではジュリアン・ムーアが同役を演じました。
thesilenceogp.jpg


【羊たちの沈黙:ストーリー】
FBIの訓練生・クラリスは、女性を誘拐して皮を剥ぐ連続殺人鬼の捜査に加わることに。彼女の任務は獄中の天才精神科医・レクター博士の協力を得ることだった。クラリスは自分の過去を語ることと引き換えに、レクターから事件の手掛かりを聞き出していくのですが・・・

  • 【羊たちの沈黙:主なキャスト(声優)】
  • クラリス・スターリング:ジョディ・フォスター  戸田恵子
  • ハンニバル・レクター:アンソニー・ホプキンス  石田太郎 
  • ジャック・クロフォード主任捜査官:スコット・グレン  家弓家正 
  • バッファロー・ビル テッド・レヴィン: 曽我部和恭 
  • フレデリック・チルトン医師:アンソニー・ヒールド  堀勝之祐
  • アーディリア・マップ:ケイシー・レモンズ  高山みなみ 
  • キャサリン・マーティン:ブルック・スミス  中沢みどり 
  • ルース・マーティン議員:ダイアン・ベイカー  谷育子 
  • バーニー・マシューズ:フランキー・R・フェイソン   中村秀利 
  • ラマー:トレイシー・ウォルター  藤城裕士
  • ボイル警部補:チャールズ・ネイピア  峰恵研 手塚秀彰
  • テイト巡査部長:ダニー・ダースト  池田勝 田中正彦
  • ジム・ペンブリー巡査部長:アレックス・コールマン 
  • ロデン:ダン・バトラー  中田和宏
  • ピルチャー:ポール・ラザール  茶風林 田中正彦
  • ポール・クレンドラー:ロン・ヴォーター 仲木隆司
  • ビンメル氏:ハリー・ノーサップ 仲野裕
  • SWAT司令官:クリス・アイザック
  • マレー捜査官:ブレント・ヒンクリー
  • ジェイコブス捜査官:シンシア・エッティンガー
  • ステイシー・ハブカ:ローレン・ロゼリ
  • エーキン:ケネス・ウット 吉水慶
  • バロウズ捜査官: 水野龍司
  • 若きクラリス:マーシャ・スコロボガトフ
  • クラリスの父:ジェフリー・レーン 
  • メンフィスのFBI捜査官:ジョージ・A・ロメロ
thesilencest003.jpg


『羊たちの沈黙』懐想記
アカデミー賞主要5部門を独占。映画史に残るサイコスリラーの金字塔!といわれている作品です。見どころとしてはアンソニー・ホプキンスが演じたレクター博士は、わずか十数分の登場ですが、強烈なインパクトがあります。クローズアップを多用したジョナサン・デミ監督の演出も特筆に値する出来です。
ちなみに、レクター博士が初めて登場する作品は、1986年のマイケル・マン監督作「レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙」となります。

サイコホラー映画のせいでしょうか?何度か観ていますが、そのたび静かに持続する緊張感があります。

憧れのクロフォード主任捜査官に呼び出され、認めてもらえるチャンスに対する期待を抱くクラリス(ジョディ・フォスター)。しかし、目に飛び込んできたのは猟奇殺人の記録。観ながらどんどん物語に引き込まれていきます。
 ”恐ろしい”殺人者の、、いつの間にか虜になってしまう狂気があります。
 知的で、優しげない笑顔、それなのに、にじみ出てくる狂気、下卑た表情もちらつかせ、距離をとろとしてもこちらの手の内は等に読んでいて、小出しにしてくる餌。その餌をつまもうとすると、さっと引き上げられてしまう。なのに、心の奥底に忍び寄ってきます。間合いをとる難しさもそこにあります。レクター博士に振り回され、緊張感は続いていきます。

犯人を追いつめる緊張。プロファイリング。わずかな情報をだけで、次々に犯人の実像にせまるその面白さ。知的好奇心を掻き立てられ、途切れぬ緊張感。クラリスが訓練中に失敗するのをあえて見せておくことで、追跡劇の緊張が高まる。
 
そして”蛾”が引き出す緊張感。

クラリス訓練生と、レクター博士の関係性がどうなっていくのかという緊張感。そしてクロフォード主任捜査官とクラリス訓練生の関係がベースになっている。何やら明確ではない、まったく違う次元の関係性に見えるのに、ひそかな三角関係。

そして、レクター博士がこれからどうするのかという緊張感。

レクター博士の演技も見事としかいいようがない。ただの凶悪犯ではありません。
 ”羊=助けを求めるもの”を助けようとあがくものを助け、己の欲望だけを満たそうとする。
 それでいて、使えるものは何でも使い、己の要望は満たす。
 様々な緊張感が入り乱れているのに、お互いのエピソードがお互いの緊張感をさらに高める作り。凄い映画です。

後世へも影響を与え、レクターもどきがたくさん生まれることになったといえる作品です。👍👍👍


👆The Silence of the Lambs (1/12) Movie CLIP - Closer! (1991) HD

【羊たちの沈黙:配信先(U-NEXT)視聴】
『羊たちの沈黙』
(1991年、アメリカ、118分、字幕・吹替、見放題)2023年10月14日 23:59まで配信 (PG12)
👇下記バナー画像クリックで配信サイトへリンクしています。U-NEXT会員登録済みの方であればそのまま視聴できます。会員登録がまだの方であれば、登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです。


【羊たちの沈黙:製作スタッフ、公開データ】

  • 監督:ジョナサン・デミ
  • 脚本:テッド・タリー
  • 原作:トマス・ハリス『羊たちの沈黙』
  • 製作:エドワード・サクソン、ケネス・ウット、ロン・ボズマン
  • 製作総指揮:ゲイリー・ゴーツマン
  • 音楽:ハワード・ショア
  • 撮影:タク・フジモト
  • 編集:クレイグ・マッケイ
  • 製作会社:Strong Heart Productions
  • 配給:アメリカ合衆国 オライオン・ピクチャーズ、日本 ワーナー・ブラザース
  • 公開:アメリカ合衆国 1991年2月14日、日本1991年6月14日
  • 上映時間:118分
  • 製作国:アメリカ合衆国
  • 言語:英語
  • 製作費:$19,000,000※2
  • 興行収入:世界 $272,742,922、アメリカ合衆国 カナダの $130,742,922※2
  • 配給収入:日本 日本7.7億円※3

※2 “The Silence of the Lambs (1991)” (英語). Box Office Mojo. 2023年7月9日閲覧。
※3 キネマ旬報1992年2月下旬号

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆



PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR