FC2ブログ

スタイリッシュな不気味な家族!?『アダムス・ファミリー』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

◇本ページはプロモーションが含まれています。

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1991年に公開されたアメリカ映画『アダムス・ファミリー』(The Addams Family)の当時の劇場鑑賞、および配信先動画視聴からの感想(懐想記)の投稿です。
addamsfamilymv.jpg

【アダムスファミリー:作品の概要】
本作映画『アダムス・ファミリー』(The Addams Family)は、チャールズ・アダムスが創作したアニメ版、ドラマ版で人気を呼んだ同名のカートゥーン『アダムス・ファミリー』を原作とし、1991年に映画化されたものです。ジャンルカテゴリー的にはホラー、コメディ映画ということになるでしょう。本作続編映画として『アダムス・ファミリー2』も製作されました。
主人公のアダムス夫妻をアンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリアが演じ、クリスティーナ・リッチ、クリストファー・ロイドなどが出演しました。監督には本作がデビュー作であるバリー・ソネンフェルド氏が抜擢されています。
巨額の制作費が投じられ、当時では、最新のCG技術や早回しが使われたりして、動き回るハンドや、一家のアクロバットシーンなども描かれています。
当時はアメコミ界も「リアルな世界観の描写」への過渡期にあたっていて、本作もその影響を受けています。全編がゴシック様式で描かれ、アダムス家の内部をはじめ地下の大空間、墓地、舞踏会場等、現実とフィクションの狭間のような画面作りが大きな特徴といえます。

またキャスティングに難行したが最終的に、ゴメズ役に『蜘蛛女のキス』でゴールデングローブ賞のノミネートを受けたラウル・ジュリアがキャスティングされ、本作のファンであると公言していたクリストファー・ロイドがフェスター役に、『ハード・ウェイ』で注目を集めたクリスティーナ・リッチがウェンズデー役にキャスティングされました。また本編にはドラマ版で登場したゲストキャラクター達がパーティシーンで大勢登場してきます。
addamsfamilyst001.jpg

【アダムス・ファミリー:ストーリー】
とある街の、一軒の不気味な巨大な屋敷がありました。
その屋敷に住んでいるのは、当主のゴメス、妻で魔女のモーティシア以下、ウェンズデーとパグズリーの姉弟、夫人の実母・グラニー、使用人のラーチそして手だけしかないハンドの7人家族で、不気味な洋館に暮らすアダムス一家です。
不気味で暗く陰鬱な雰囲気漂う一家だが、これが日常であり常識。しかも膨大な資産を持つ彼らは何不自由なく幸せに暮らしていたのです。そこへ、長年行方不明だったゴメスの兄フェスターが現れます。再会を喜ぶ一家だったが、実はそのフェスターは、一家の財産横取りを狙う顧問弁護士が送り込んだニセモノだったのです…。


👆The Addams Family (3/10) Movie CLIP - Dinner Conversation (1991) HD

【アダムスファミリー:主なキャスト】

  • モーティシア・アダムス:アンジェリカ・ヒューストン (高島雅羅 )
  • ゴメズ・アダムス:ラウル・ジュリア (玄田哲章 ) 
  • ウェンズデー・アダムス:クリスティーナ・リッチ (近藤玲子  )
  • パグズリー・アダムス:ジミー・ワークマン (大谷育江 ) 
  • グラニー・アダムス:ジュディス・マリナ (京田尚子 )
  • フェスター・アダムス:クリストファー・ロイド (麦人  )
  • マーガレット:ダナ・アイヴィ (沢田敏子 ) 
  • ピンダーシュロス:エリザベス・ウィルソン (谷育子 ) 
  • タリー・アルフォード:ダン・ヘダヤ (青野武  )
  • ウォーマック(検事): ポール・ベネディクト (水野龍司  )
  • フローラ・アモール:モーリーン・スー・レヴィン (さとうあい  )
  • ファウナ・アモール:ダーリーン・レヴィン
  • サリー・ジェシー・ラファエル
  • ガールスカウト:メルセデス・マクナブ (矢島晶子 ) 
  • ファーキンス:レラ・アイヴィー (叶木翔子  )
  • 役人:ケイト・マクレガー=スチュワート (野沢由香里  )


『アダムスファミリー』懐想記

不気味な一家に巻き起こる騒動を、ブラックユーモアたっぷりに描いた32年前の作品です。当時11歳のクリスティーナ・リッチがキュートで、テレビドラマも製作された人気コミックの映画化。

手首だけのキャラクター「ハンドくん」ほか、個性的なキャラクターは日本でも人気を集め、自動車のテレビCMにも起用された。テーマ曲も印象的です。最初のハンド君もクセの強い登場です!アダムスの家族全員がクセが強すぎだったのでホラーよりコメディに近い映画ともいえます。
ただ、この作品、一族の歴史を重んじ、家族の絆を何よりも大切にする…という共感できる普遍的な要素を感じます。このあたりに本作に人気がある理由かもしれません。
家族揃って観られるホラーコメディー映画も意外と少ないのです。👍👍



【アダムスファミリー:配信先(U-NEXT)視聴】
『アダムスファミリー』
(1991年、アメリカ、99分、字幕・吹替、見放題)
👇下記バナー画像クリックで配信サイトへリンクしています。U-NEXT会員登録済みの方であればそのまま視聴できます。会員登録がまだの方であれば、登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです。


【アダムス・ファミリー:製作スタッフ、公開データ】
監督:バリー・ソネンフェルド
製作:スコット・ルーディン
製作総指揮:グレアム・プレイス
キャラクター創造:チャールズ・アダムス
脚本:キャロライン・トンプソン、ラリー・ウィルソン
撮影:オーウェン・ロイズマン
音楽:マーク・シャイマン
主題歌:M.C.ハマー『Addams Groove』

配給 - コロンビア ピクチャーズ

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆



PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR