FC2ブログ

下品な言葉は罰金刑違反よ!『デモリションマン』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます



🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1993年に公開されたSFアクション映画デモリションマン原題:Demolition Man)の当時の劇場鑑賞、および配信先動画視聴(UーNEXT)からの感想(懐想記)の投稿です。
demolitionmanmv.jpg

【デモリションマン:作品の概要】
デモリションマン原題:Demolition Man)は、1993年10月8日に公開されたシルヴェスター・スタローン主演のアメリカのSFアクション映画です。日本では1994年2月11日に公開されました。

犯罪のなくなった21世紀の社会を舞台に、2人の男の対決を描くSFアクション作です。監督はリドリー・スコット門下で本作が初の劇場用映画となるマルコ・ブランビヤ氏です

製作はリーサル・ウェポン」「ダイ・ハードシリーズのジョエル・シルヴァーと「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」のハワード・カザンジャン、マイケル・レヴィ。脚本はピーター・M・レンコヴ、ロバート・レノウ、ダニエル・ウォーターズの共同。撮影は「クリフハンガー」のアレックス・トムソン、音楽はエリオット・ゴールデンサルで、主題歌はスティング。美術は「ブレードランナー」のデイヴィッド・L・スナイダー、衣装デザインは「太陽の帝国」のボブ・リングウッドが担当。劇中の未来車のデザインは大手自動車メーカー、ゼネラル・モーター社(GM)が協力しています。

主演は、「クリフハンガー」のシルヴェスター・スタローンと「ライジング・サン」のウェズリー・スナイプスです。共演は、舞台・TVで活躍し、本作が映画デビューのサンドラ・ブロック、「ファイヤーフォックス」のナイジェル・ホーソーン、「ジャッジメント・ナイト」のデニス・レアリー、「バートン・フィンク」のグレン・シャディックスらが出演。
demolitionmanst001.jpg

【デモリションマン:ストーリー】
始まりは1996年、ロサンゼルス市警の刑事スパルタンは、バスジャックして複数の人質をとり、立て篭もった凶悪犯フェニックスを逮捕します。しかし、フェニックスの罠にはまり、人質は全員死亡していました。スパルタンは作戦失敗の責任と罪を問われて被告となり、フェニックスと同じく冷凍刑に処され、冷凍睡眠で永い眠りに付くのです。

それから時は経ち、36年後の2032年。
暴力や犯罪も存在しない、無菌社会でコンピュータによる徹底管理された「クリーンな社会」となった近未来都市サン・アンゼルス。
仮釈放審査のために解凍されたフェニックスが脱獄します。20世紀最大の凶悪犯フェニックスになす術が無い警察は、当時の所業からデモリションマン”(壊し屋の異名がついたスパルタンを解凍して、フェニックス逮捕を命じるのです。

一方、フェニックスは、サン・アンゼルスを支配する市長コクトーと接触し、彼の推進する「クリーンな社会」に従わないレジスタンス運動の指導者フレンドリーの抹殺を命令されます。フェニックスの脱獄は、実はコクトー市長が仕組んだものだったのです。武器と仲間を手に入れたフェニックスは、フレンドリー抹殺に向かうのです。
一方、スパルタンはフレンドリーたちレジスタンスにも襲撃されるのですが、彼らが殺害行為を避けていることや、自身が抱く管理社会に対する不信から、次第にレジスタンス側に理解を示すようになります。

そして黒幕がコクトー市長である事に気付くのですが、逆に逮捕命令が出されて追われる身となってしまいます。
時を超え、フェニックスと追跡するスパルタンの対決が近付いていくのです・・・
demolitionmanst002.jpg
(右)サンドラ・ブロックは、本作が映画作品デビューとなります。

【デモリションマン:主なキャスト】
  • ジョン・スパルタン:シルヴェスター・スタローン 
  • サイモン・フェニックス:ウェズリー・スナイプス
  • レニーナー・ハックスリー:サンドラ・ブロック 
  • レイモンド・コクトー:ナイジェル・ホーソーン 
  • アルフレド・ガルシア:ベンジャミン・ブラット 
  • エドガー・フレンドリー:デニス・リアリー 
  • アーウィ: ロブ・シュナイダー 
  • ジョージ・アール ボブ・ガントン 
  • 秘書のボブ:グレン・シャディックス 
  • タフな警官:トロイ・エヴァンズ 
  • ザッカリー・ラム(1996年時): グランド・L・ブッシュ 
  • ザッカリー・ラム(2032年時): ビル・コッブス 
  • ウィリアム・スミサーズ刑務所副所長(1996年時) :マーク・コルソン
  • ウィリアム・スミサーズ刑務所長(2032年時) :アンドレ・グレゴリー
  • ヒーリー警部 :スティーヴ・ケイハン 
  • 隊長:ポール・ペリー 
  • 警備員:クリス・デュランド 
  • ファイバー・オプの女性:ブランディ・レッドフォード
  • 地下の店員:ローズマリー・ラグナス 
  • 地下住民の一員:カールトン・ウィルボーン 


👆Demolition Man -Trailer

デモリションマン』・懐想記
シルベスター・スタローンとウェズリー・スナイプス共演による30年前のSFアクション作品です。二人が繰り広げる肉弾戦の数々に加えて、未来世界でのカルチャー・ギャップをめぐるギャグが、観る私達を楽しませてくれます。

冷凍刑に処せられていた1990年代の凶悪犯と鬼刑事の二人が、2030年代に解凍されて蘇り、大暴れするということになるのです。本作の笑える😆未来社会像が本作の魅力に一つになっていると思いますので、ちょっと記してみました。
2032年のアメリカでは日本の着物をモチーフにした服装が主流になっています。
警察官や冷凍刑務所の職員の制服は西洋的かつ未来的なデザイン。
一方地下社会では現在に近い服装と、古タイヤ等ありあわせの素材で作ったプロテクターつきの服が主流です。

面白いのはサン・アンジェルス(ロスのパロディだね)は、街の至る所にモラルボックスと呼ばれるコンピュータ端末があり、汚い下品な言葉(「たとえばくそったれ」など)を使うと言語条例に違反するとして違反切符が発券、罰金を通告される。支払いはクレジット請求されます。そのため悪口は相手を下品な言葉ではないが、悪いイメージのある物に例えるといった形になっている(相手を原始人や野獣に例えたりする)。
demolitionmanst005.jpg
トイレに入りたかったスパルタンは、貝殻を使用する事に納得いかず、わざと汚い言葉を連発して数枚の違反切符(=トイレットペーパー)を入手した(笑)
身体同士が触れる行為(ハイタッチなど)は、基本的に全て禁止!!(キスやSEXは「不潔な体液交換」とされ、代わりにバーチャル・セックスが流行である😆)。ハックスリーによると、社会の堕落を招きエイズを含む感染症を防ぐためにコクトーが最優先に提案したのです

妊娠は許可制となっており、専門の施設で様々な手順を経て人工授精する仕組みで、中絶も禁止です
銃などの武器類は民間に流通しておらず、博物館に展示されているだけである。ある種の食品類(高コレステロール食品、塩類、カフェインなど)、タバコやアルコールは身体に悪影響と言う理由で禁止されている。ガソリンも禁止されているのでガソリン車やバイクは地下の住人しか使わず、地上では電気自動車が主流になっています。
demolitionmanst006.jpg
2032年に存在する飲食店は全て「タコベル」。タコベルが進出していない国の吹き替え版では「ピザハット」(テレビ朝日版では「ピザレストラン」)になっていました。

2032年の警察では、なんと戦闘訓練は必要なくて、「警察は暴力が苦手」と認知されています。そのため、フェニックスに警官が6人がかりで掛かっても手も足も出るはずがありません。また、凶悪事件の類が起きなくなって久しいため、警官が携帯端末で対処マニュアルを見ながら対応する場面があります
殺人事件はフェニックスが脱走するまで20年以上発生がなく、事件性がない死に関しても16年間発生していなかった。

冒頭のシーンでどれだけ予算を使ったのかなあって思える未来社会の設定。まじ楽しめそうなスタート展開です。
ただ、当時の1993年頃は、インターネットに関しては、コンピューターの処理能力など及びもつかないはず。そう考えるとなかなかの映画です。社会環境は犯罪ゼロのあり得ない社会設定だから、アクションシーンは破壊力抜群で。見応え十分です。私が初見したとき、意外に笑ったのがサンドラ・ブロックのカンフーシーンよ。非力な警察官の集まりと思っていたら、彼女素晴らしい動きで意外に強いんですよ。
「どこで習ったのか?」聞かれ、「ジャーキー・チェンの映画!!」。モー、最高。これには笑っちゃいました。
demolitionmanst007.jpg
冷凍・解凍されて活躍して…。この作品電子レンジの解凍、温めがヒントで生まれたのでしょうか?😄
お勧め度は、拍手喝采の(笑)満点アクション映画です。
👍👍👍👍👍
この『デモリションマン』って続編2があるとかないとか、どうなってしまったのでしょうか?

デモリションマン:配信先(U-NEXT)視聴】
デモリションマン
1993年、アメリカ、115分、字幕・吹替、見放題)


画像クリックで配信サイトへリンクしています
U-NEXT会員登録済みであればそのまま視聴できます。会員登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです

その他の配信先

DMM TV レンタル 初回30日間無料 550円(税込)

※配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください


【デモリションマン:製作スタッフ、公開データ】

  • 監督:マルコ・ブランビヤ
  • 脚本:ピーター・M・レンコブ、ロバート・レノウ、ダニエル・ウォータース
  • 製作:ジョエル・シルバー、マイケル・レビー、ハワード・カザンジャン
  • 製作総指揮:スティーブン・ブラッター、フェイ・シュワップ
  • 出演者 シルヴェスター・スタローン、ウェズリー・スナイプス、サンドラ・ブロック
  • 音楽:エリオット・ゴールデンサール
  • 主題歌:「Demolition Man」スティング
  • 撮影:アレックス・トムソン
  • 編集:スチュワート・ベアード
  • 製作会社:シルバー・ピクチャーズ
  • 配給:ワーナー・ブラザース
  • 公開:アメリカ合衆国 1993年10月8日、日本 1994年2月11日
  • 上映時間:115分
  • 製作国:アメリカ合衆国
  • 言語:英語
  • 製作費:$57,000,000
  • 興行収入:アメリカ合衆国 カナダ $58,055,768※1、世界 $159,055,768※1
demolitionmanst004.jpg
※1“Demolition Man (1993)” (英語). Box Office Mojo. 2023年11月23日閲覧
👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆


PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR