FC2ブログ

たわいのない話・光るセンス『パルプ・フィクション』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1994年に公開されたアメリカの犯罪活劇映画パルプ・フィクションPulp Fiction)の当時の劇場鑑賞、および配信先動画視聴からの感想(懐想記)の投稿です。
pulpfictionmv.jpg

【パルプ・フィクション:作品の概要】
パルプ・フィクションPulp Fictionは、1994年のアメリカ合衆国のクエンティン・タランティーノ監督による映画作品です。この作品はオムニバス形式で犯罪エピソードが展開されますが、エピソードごとの時系列はシャッフルされ、最後のエピソードまで見て時間的な順序がわかる、という当時としては珍しい手法が使われています。この映画によりサミュエル・L・ジャクソンやユマ・サーマンがトップ俳優の仲間入りをしたとともに、当時キャリアが停滞気味であったジョン・トラボルタが再評価されるキッカケとなりました

1994年のアカデミー賞では7部門にノミネートされ、そのうち脚本賞を受賞しましたカンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞。その他にも多くの賞を獲得しています。
pulpfictionst002.jpg

【パルプ・フィクション:ストーリー】
プロローグ
あるレストラン。不良カップルのパンプキンとハニー・バニーが話をしています。2人はしばらく話した後、レストランでの強盗を企み拳銃を抜き店内で怒声をあげます。
ギャングの殺し屋、ヴィンセントとジュールスはくだらない話をしながら、ギャングのボスの顔に泥を塗り裏切った青年グループらの部屋を訪ねます。
Vincent Vega & Marcellus Wallace's Wife(ヴィンセント・ベガとマーセルス・ウォレスの妻)
ギャングのボスであるマーセルスから彼の愛妻ミアの世話を頼まれたヴィンセントは、彼女の望むまま食事や一緒にダンスをして過ごします。ミアがヘロインをコカインと間違えて鼻から吸引してオーバードースを起こし、ヴィンセントは知り合いの売人を頼るのです。
The Gold Watch(金時計)
ブッチは落ち目のボクサー。ギャングのボスのマーセルスから、大金と引き換えに八百長試合を持ちかけられ承諾するものの、ブッチはこれを裏切ります。マーセルスからの報復を怖れたブッチは、恋人のファビアンと逃走します。ところが、ファビアンが形見の金時計を置き忘れ、ブッチは金時計を回収しにファビアンが住んでいたアパートにもどります。
The Bonnie Situation(ボニーの一件)
マーセルスの顔に泥を塗ったグループからアタッシュケースを取り戻したヴィンセントとジュールス。ヴィンセントが誤射して殺したマーヴィンの死体の処理に困って組織の掃除屋のウルフを頼ります。
エピローグ
プロローグのシーンに戻り、「ボニーの一件」を終えたヴィンセントとジュールスが、レストランで朝食を摂っていると、パンプキンとハニー・バニーのカップルが店内で強盗を始める。強盗はジュールスに銃を向けるのです。
pulpfictionst003.jpg

【パルプ・フィクション:主なキャスト】

ヴィンセント・ベガ(Vincent Vega):ジョン・トラボルタ
Vincent Vega & Marcellus Wallace's Wifeでの主人公。ギャングのボスであるマーセルスの部下の殺し屋。3年間いたアムステルダムから戻ってきた。短気で命令されるのを嫌います。マーセルスの命令で一晩だけミアの世話役をします。裏設定では、ヴィンセント・ベガは『レザボア・ドッグス』のミスター・ブロンド(ヴィック・ベガ)の弟にあたります。
ジュールス・ウィンフィールド(Jules Winnfield):サミュエル・L・ジャクソン
マーセルスの部下。殺し屋。The Bonnie Situationとエピローグでの主人公。人を殺す前に旧約聖書の一節(実際は千葉真一主演の映画「ボディーガード牙」のアメリカ版の冒頭のナレーション)を暗唱する。相棒のヴィンセントと共に体験した出来事を奇跡とし、神の存在を感じ、引退を考えます。「BAD MOTHER FUCKER」と刺繍が入った財布を使っています。
ミア・ウォレス(Mia Wallace):ユマ・サーマン
マーセルスの妻。元女優。ヴィンセントと一緒に夜を過ごした時に、コカインと間違えてヘロインを吸いオーバードースを起こし一時心停止状態に。
ブッチ・クーリッジ(Butch Coolidge):ブルース・ウィリス
The Gold Watchでの主人公。プロボクサー。マーセルスに八百長試合を依頼されます。
ファビアン(Fabianne):マリア・デ・メディロス
ブッチの恋人。
マーセルス・ウォレス(Marsellus Wallace):ヴィング・レイムス
ヴィンセントらを擁するギャングのボス。愛妻家で、妻のミアにマッサージをしたとされる男を部下を使いマンションから突き落としたという噂が。大物ですが、ファストフード店に1人で出掛けたりもします。
マーヴィン(Marvin):フィル・ラマール
ジュールスの知人の情報屋。ヴィンセントの誤射によって車内で頭を撃ち抜かれます。
ブレット(Brett):フランク・ホエーリー
マーセルスのギャングの青年メンバー。マーセルスのアタッシュケースを盗み、自宅アパートに篭もります。
ロジャー(Roger):バー・スティアーズ
マーセルスのギャングのメンバー。ブレットと共にマーセルスを裏切ります。
4番目の男(Fourth Man):アレクシス・アークエット
ブレットの仲間。
パンプキン(Pumpkin):ティム・ロス
カップル強盗。食事をしているファミレスで強盗をしようと言い出す。イギリス訛りの英語を話します。
ハニー・バニー(Honey Bunny):アマンダ・プラマー
パンプキンのガール・フレンド。本名はヨランダ。
ランス(Lance):エリック・ストルツ
麻薬の売人。ビンセントにオーバードースで危篤状態になったミアを家に連れ込まれ救命を強要されます。
ジョディ(Jody):ロザンナ・アークエット
ランスの妻。体中にピアスを通しています。
ジミー(Jimmie):クエンティン・タランティーノ
ジュールスの友人でジュールスにやっかい事を持ち込まれます。黒人の看護師・ボニーを妻に持つ恐妻家。裏設定ではフルネームはジミー・ディミックで、『レザボア・ドッグス』の主人公であるミスター・ホワイト(ラリー・ディミック)と血縁関係。妻のボニーは同じく『レザボア・ドッグス』にて会話の中で出ているのが未公開シーンで確認できます。
ザ・ウルフ(The Wolf):ハーヴェイ・カイテル
冷静沈着で紳士的な掃除屋。仕事においては完璧な指示をします。本名はウィンストン。
クーンツ大尉(Captain Koontz):クリストファー・ウォーケン
7年間ハノイに捕虜として抑留されていた軍人。ブッチの幼少時、ブッチの父の形見で先祖代々受け継がれている金時計を手渡します。
バディ・ホリー(Buddy Holly):スティーヴ・ブシェミ
無愛想なウエイター。
エド・サリバン(Ed Sullivan):ジェローム・パトリック・ホバン
ツイストコンテストの司会。軽妙でコミカルな語り口で喋ります。
エスメラルダ(Esmarelda Villalobos):アンジェラ・ジョーンズ
ブッチを逃がすタクシーの運転手。


👆Pulp Fiction - Dance Scene (HQ)

パルプ・フィクション』・懐想記
本作はカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた、クエンティン・タランティーノ監督の犯罪活劇です監督2作目にして、タランティーノの名を世界に知らしめた怪作といえます。複数のエピソードが絡みあっていて、ユニークな会話、絶妙な選曲など、脚本・構成に独特な鋭いセンスが光ります。

時系列の異なるストーリーを上手く絡めて見事としかいいようがありません。本作ではヴィンセントとジュールスのギャング、落ち目のボクサーであるブッチ、強盗カップルのパンプキンとハニー・バニーという、大きく分けて3つのストーリーに分かれています。それぞれの短編ストーリーもそして全体的な構成も面白くて短編として、長編としても楽しめます。

クエンティン・タランティーノの独特な脚本ばかりでなく、音楽のチョイスとユニークなセリフも見どころと思います。

オープニングの『ミザルー』から始まり、センスの光る選曲の数々。前半に楽曲が多い感じがします。特にヴィンセントとミアが陽気な音楽に合わせてダンスするシーンは印象的で、音楽のチョイスが光った名シーンなのではないかと思います。このダンスシーン。1977年ののジョン・トラヴォルタ主演の『サタデーナイトフィーバー』を彷彿させるものがあり、ジョン・トラヴォルタは本作を機に再ブレイクを果たしました。このシーン、個人的に『サタデーナイトフィーバー』のパロディか?と思ったくらいです。
タランティーノ監督のジョン・トラヴォルタへのサービスかと個人的には思ったのですが、タランティーノ監督の優しさというか懐の深さのようなものもスクリーンを通して感じました。

また、ユニークなセリフの応酬も魅力的ですけど、基本的にギャング映画で、口は悪いのですが、独特なセリフには惹きこまれます。作品のタイトル名「パルプ・フィクション」というのはアメリカの三文雑誌(パルプ・マガジン)から転じて「くだらない話」「意味のない話」というような意味があるようです。タランティーノ映画の特徴は、どうでもいい話をダラダラするので(笑)、その特長がタイトルに表われているのかなと思います。

また、映画にはメッセージ性が込められたりするものですが、「この映画にそんなものない、ただのくだらない話だ」という意味を込められているのかもしれません。本作では楽曲とセリフにも注目してください!
タランティーノ監督のセンスの良さには感服です
👍👍👍👍👍�
pulpfictionst005.jpg


【パルプ・フィクション:配信先(U-NEXT)視聴】
パルプ・フィクション
(1994年、アメリカ、154分、字幕、見放題)


画像クリックで配信サイトへリンクしています
U-NEXT会員登録済みであればそのまま視聴できます。会員登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです

★他配信サイト



※配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください。

【パルプ・フィクション:製作スタッフ、公開データ】

  • 監督:クエンティン・タランティーノ
  • 脚本:クエンティン・タランティーノ
  • 原案:クエンティン・タランティーノ、ロジャー・エイヴァリー
  • 製作:ローレンス・ベンダー
  • 製作総指揮:ダニー・デヴィート、マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シェア
  • 出演者:ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン、ティム・ロス、アマンダ・プラマー、エリック・ストルツ、ロザンナ・アークエット、ブルース・ウィリス、ヴィング・レイムス、マリア・デ・メディロス、ハーヴェイ・カイテル、クリストファー・ウォーケン
  • 音楽:カリン・ラクトマン
  • 撮影:アンジェイ・セクラ
  • 編集:サリー・メンケ
  • 配給:アメリカ合衆国 ミラマックス、日本 松竹富士
  • 公開:フランス 1994年5月(CIFF)、アメリカ合衆国 1994年10月14日、日本 1994年10月8日
  • 上映時間:154分
  • 製作国:アメリカ合衆国
  • 言語:英語
  • 製作費:$8,000,000※1
  • 興行収入:アメリカ合衆国 カナダ:$107,928,762※1、世界 $214,179,088※1

※1“Pulp Fiction” (英語). Box Office Mojo. 2023年12月2日閲覧。

pulpfictionst004.jpg

👇ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

👇ランキングに参加しています。



PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

★配信本数の多さが魅力的。幅広いジャンルを楽しみたい方におすすめです

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR