FC2ブログ

闇で輝く!昭和のダークヒーローたち⑤『デビルマン』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます


🔶今日のアニメの徒然小道では、闇で輝く!昭和のダークヒーローたち第5回として1972年にテレビ放送されていたテレビアニメデビルマンの当時の放送、漫画および配信先動画視聴(DMM TV)からの感想・考察(懐想記)の投稿です。
debilmanmv.jpg

【デビルマン:原作漫画の概要】
デビルマンは、1972年から1973年にかけて発表された永井豪原作の日本のメディアミックス作品です。
本作は漫画連載とテレビアニメの放送が同時期に行われていました。基本設定は変身ヒーローものの企画として、永井豪が自作品『魔王ダンテ』(「ぼくらマガジン」連載)をベースにして「悪魔をヒーローとした作品」として基本設定を行い、漫画版は永井豪が執筆、『週刊少年マガジン』の1972年25号(6月11日号)から1973年27号(6月24日号)にかけて全53話で連載されていました。
同時期に、NETテレビではテレビアニメ版で脚本担当の辻真先さんがオリジナルストーリーを担当、構成しました
両作には従来からあった「漫画作品のアニメ化」もしくは「アニメ作品の漫画化」といった関係はなく、永井先生が自身が指摘しているような「同一の基本設定を使用して描かれた2つの作品」という作品位置づけになっています
漫画版のテーマはホラーであり、古典的、あるいはモダン的なホラーまで、様々な要素が見られます。また連載当時、購読者層が意外と幅広い層で、テレビよりも高く大学生までだったこと、永井先生の描きたいテーマを深めたいという希望が編集部と同意したことなどから、連載を経るごとに黙示録的な大河要素のある構成へと展開しています
これに対し、テレビアニメ版はテレビ視聴者を対象に漫画より幅広い年齢層の視聴者に向けて、原則一話完結のヒーローもののスタイルを取っています
【漫画版ストーリー】
197X年。不動明は居候先の牧村家の娘・美樹と仲良く学校に通う大人しい少年です。ある日、親友の飛鳥了から、他の生物との合体能力を持った地球の先住人類「デーモン(悪魔)」が200万年の眠りから目覚めて復活し、地球を人類から奪い返そうとしていることと、デーモンの研究をしていた了の父が、デーモンと合体して心を支配される前に自殺したことを知らされ、デーモンと合体し、その超能力を取り入れてデーモンと戦う話を持ちかけられます。しかし、これを得るには、理性を捨て本能のみで動いている時に憑依させ、かつ、デーモンの意思を正義の心で抑え込まなければならなかった。デーモンに襲われた恐怖で理性を失った明は、デーモンの一人であるアモンに憑依され、悪魔の体と人間の心を併せ持つデビルマンとなることに成功するのです
 
デーモン族たちは、デビルマンとなった明を倒すために次々と現れてきますが、明はそれらを倒していきます。やがてデーモン族は人類すべてに宣戦布告、総攻撃をデーモンによる無差別合体という自爆攻撃をしていきます。
前人類がパニック状態となる中、明は了の制止を振り払い、単身でデーモンとの戦いに赴くものの、力尽き倒れる。とどめを刺されようとした時、デーモンの神である大魔神サタンの「デビルマンを殺すな」という意思がデーモンたちに伝えられ、明は解放されるのです。
 
一人の力では戦えないと悟った明は、無差別合体で死なずにデビルマン化した者たちを集めて、デビルマン軍団を組織しようと考えます。しかし「悪魔の正体は現代生活に不満を持つ人間である」と高名な科学者が発表したため、悪魔狩りの名の下、罪のない人々が政府により殺戮されていく事態となってしまいます。
 
一方、自分の恐れた通りに事が進みすぎることに違和感を持った了は、事の発端を再確認するために自宅に戻るが、そこで了の父がデーモンの研究などしていなかったこと、飛鳥了なる少年はすでに交通事故で死んでいたことを知るのです。衝撃の事実に混乱している中、家に侵入してきたデーモンの一人のサイコジェニーに「お迎えに参りました」と告げられます。
 
数日後、デーモンがもう襲ってこないことに気づきかけていた人間の恐怖心を煽るため、了はテレビで、明がデーモンと合体した瞬間の映像を公開して「無数の悪魔が人間になりすましているので、殺せ」と人々を扇動します。正体がばれて牧村の家を出ざるを得なくなった明は、裏切った了を問い詰めるが、了は「明とデーモンを合体させたのは、人類を守らせるためでなく、次のデーモンの時代で共に生きたかったためだ」と答え、明は了が大魔神サタンであることを知るのでした。
 
悪魔狩りで牧村夫妻は惨殺され、美樹も暴徒と化した町の住人たちに惨殺されます。最後の希望だった美樹も奪われて人間に失望した明は、デビルマン軍団を率い、地上の覇権を賭け、サタン率いるデーモン軍団との決戦を決意します。サタンもまた、明との決戦は避けられないことを分かっていた。サタンは自らの記憶を消し、人間になりきることによって人間の弱点をつかみ、デーモンたちに作戦立案の材料を与えていたのでした。ただ一つの誤算は両性具有のサタンが明を愛した結果、デーモンの敵となるデビルマンが誕生してしまったことだったのです。
 
人類は滅亡し黙示録の世界、デビルマン軍団とデーモン軍団との最終決戦・アーマゲドンが始まるのです。
 
戦いは終わり、横たわる明の傍でサタンは語りはじめます。かつて地球を支配していたデーモン族は創造主たる神に滅ぼされようとしたが、それに反発したサタンがデーモン側について戦って勝ち、次の神との戦いのために永い眠りについていたこと。目覚めたときに人類が地球を荒廃させてしまったことが許せず、「それを滅ぼそう」と決めたこと。
しかしそれは、神が行おうとした愚行と同じことだと。話を終えたサタンは明に謝罪するが、半身を失った明はすでに息絶えていました。明を喪ったサタンが静かに涙を流していたそのとき、「天使の軍団」がそこに迫っていたのです。
dwbilmancomic.jpg

【デビルマン:作品の概要】
漫画版は人間・不動明がデーモン族を吸収する形でデビルマン(デーモンの力を持った人間)となったのに対し、テレビアニメ版は「デーモン族の裏切り者であるデビルマンが人間を守るために人類滅亡をもくろむデーモン族の妖獣と戦う」という設定で、不動明(人間の姿をしたデーモン)は体も意識もデーモンに乗っ取られています
 
終末テーマの大作SFへと発展していった漫画版に対し、テレビアニメ版はデビルマンが妖獣と戦う一話完結のストーリーというスタイルで、ヒーローものとしてのスタンダードな展開でした。ただし、ほとんどのエピソードの脚本を手掛けた辻真先さんが永井豪作品のファンで、そのテイストを意識してかストーリーを展開したため、「勧善懲悪に終わらない毒のあるストーリー」「ギャグやブラックユーモアも交えた展開」など、永井作品の特色は生かされていました。「戦中族」を自認する辻さんによると、本作品は「中国大陸で脱走した日本兵が、娘を守って日本軍をやっつける話」とのこと。脱走した日本兵はいずれ処刑される運命で、漫画版に劣らない悲惨な最期を迎えるであろうことが示唆されています※1。
 
物語はデーモン族との決着がつかぬまま終了しています。
 
debilmanchange.jpg
※1^ 赤星政尚・たるかす・早川優・山本元樹・原口正宏「第1章 あの名作は実はこうして始まった。『デビルマン』に漂う三つの毒気とは?」『懐かしのTVアニメベストエピソード99〈東映動画編〉』二見書房、1995年10月25日、ISBN 4-576-95158-0、27-29頁より。

【デビルマン:ストーリー】
はるか太古の昔から眠り続けていたデーモン族が復活し、地球を征服しようとしていました。
デーモン族の勇者と呼ばれるデビルマンは、魔王ゼノンの人間抹殺の名を受け、人間界を滅ぼすために不動博士と息子の明を殺害し、明の体を乗っ取ったのです。
 
しかし日本で明の従姉妹・美樹と出会い、デーモン族にはない愛という人間の心に気づいたデビルマンは、デーモン族に反裏切り者の烙印を押され、孤独な戦いに臨んでいくのです。
 
debilmanst001.jpg

【デビルマン:主なキャスト】
声の出演
デビルマン:田中亮一
牧村美樹:坂井すみ江
牧村健作:山本圭子
牧村耕作:鈴木泰明
ゼノン:柴田秀勝
アルフォンヌ:永井一郎
ポチ:八奈見乗児
debilmanst002.jpg

デビルマン』・懐想記
本作は、昭和を代表する孤高のダークヒーローの一人、愛に目覚めた正義の悪魔・デビルマンの孤独な戦いを描く、不朽の傑作ヒーローアニメとして名高いところ映像作品としては古いことはいがめませんけど、このデビルマンのカッコ良さは、十田敬三、ボーカル・ショップのOPに乗せて語り継がれ、現在の時代でも人気の高い作品です。
永井豪さんが生んだ同名漫画版とは異なる設定、異なる展開でヒーローとしてのデビルマンを描くのが本作最大の特徴です当時、漫画を読んだ友達の間では原作と違う!と意見が多かったのですが、アニメ、漫画版をしっかり読み解くとなるほどそもそも設定が違うのか!?というアニメ作品なのです。
不動明は漫画版で学生服を着用していますが、原作者の「不良っぽいヒーロー」像が児童番組では差し支えもあったでしょうし、高校生ということを曖昧にするために私服を着用しています。
毎回登場するデーモン族の妖獣と戦うため、不動明はディヴィール(シナリオ表記より)の掛け声とともにデビルマンに「変身」して戦う。当初、妖獣たちは裏切者であるデビルマンの抹殺を目的としていますが、物語中盤以降は、妖獣の行う無差別攻撃に牧村美樹らも巻き込まれ、明がそれに介入・阻止するのが展開となっています。
エピソードが進むにつれ、デビルマンこと不動明に「人間というものが理解できないとの発言も見られます。あくまでも主人公はデビルマンという名前のデーモン族であり、漫画版と異なりデビルマンは個人名です。不動明の意思は、デビルマンに吸収されて消えていますが、永井豪さんは「美樹への恋愛感情など、明の意思も生きてデビルマンの人格に影響している」と語っています。明=デビルマンの目的は人類全体の守りではなく、あくまで美樹個人とその関係者を守ることであり、人類への帰属意識は極めて薄いのです美樹に影響がない限り、他の者への被害を積極的に食い止めようとは考えていないが、辻真先さん以外の方が脚本を担当したエピソードには若干の混乱はあります。
漫画版では明がデーモン族との過酷な闘いを経るうちに守るべき人類に失望して行ったのとは逆に、デビルマンが美樹個人を守るうちにその関係者も、ひいては人類愛と社会的意識に次第に目覚めてゆく姿がシリーズ中で描かれ、主題歌の歌詞にもあるようなテレビアニメのヒーロー像に本来ふさわしいものへと変化していきました。
結果的に人間界に明の正体を知る者はなく、基本的に協力者はいません。ただ、後半部でデーモン族を裏切った妖獣ララのみが、明の正体を知りつつコメディリリーフ的に協力していましたね
当時、クラスメートの女の子の間では、このテレビアニメのデビルマンこと不動明に絶大な人気がありました。というのも不動明の体を乗っ取ったが、美樹を知り自分の体を流れる不思議な感覚から愛というものをはじめてしります。(2話エピソードより)裏切りのデーモンとして追われることになるが、彼にすれば人間やデーモンもどうでもよい存在になっていくのです。ただ愛する美樹を守る悪魔のデーモン族。この孤高の愛の姿に当時のクラスメートの女の子の間で不動明の姿がたまらない存在だったのでしょう。(OPの2番の歌詞がすごい人気でした)
ラストエピソードで妖獣ゴッドが明と美樹の絆を絶とうと、彼がデビルマンであることを暴露し目の前で変身させますしかし美樹は、ゴッドが変身させたのだと言い返し、闘いが終わった後も怖くないのかと問われて「明君は明君だもん」とシンプルな会話だけど見事な愛情表現までも描写されています。
このテレビアニメシリーズが完結まで描き切ってたらどうなっていたのでしょうかね!?
個人的な事なれど、デビルマンファンの私としては密かな最大の関心事なのです。
debilmanst005.jpg

【デビルマン:配信先(DMM TV)視聴】
(1972年、全39話、見放題)
debilmandmm.jpg
今すぐ観るで配信サイトへリンクしています。DMM TV会員登録後、視聴できます。
初回登録30日間無料トライアルサービス付きです
他配信サイト
※配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください。

【デビルマン:製作スタッフ、公開データ】
debilmanst003.jpg
 
  • 製作担当:江藤昌治、菅原吉郎
  • 企画:有賀健、籏野義文
  • 原作:永井豪・「原作漫画の作者」ではなく、基本設定およびキャラクターの原案を担当
  • 音楽:三沢郷
  • プロデューサー:宮崎慎一
  • 作画:清山滋崇、友永和秀、荒木伸吾、兼森義則、丹内司、白土武、小松原一男、伊東誠 他
  • 撮影:菅谷正昭、高橋宏固、持田四郎、清水政夫、酒井寿一
  • 編集:本山収、鳥羽亮一、花房三郎、花井正明、井関保雄
  • 録音:波多野勲、高橋拓夫、荒川文雄、神原広己、山田一郎
  • 記録:池田紀代子、中嶋晴代、的場節代、暁ふじ子
  • 効果:E&Mプランニングセンター
  • 選曲:宮下滋
  • 演出助手:奥西武、浦上昭人、小湊洋市、山口秀憲、大網郁夫、横田和喜、若宮清、山吉康夫、火巴明、伊賀秀美、佐野禎史、笠原静雄、堺和章、広川和之、佐々木正広
  • 製作進行:久保田弘男、豊島勝義、菅原吉郎、館浩二、堤四四三、石崎由子、三沢徹夫、大辻平八郎、筒井芳三、伊賀章二、信弘、枡谷正彦、間野起也、岡吉広、坂井和章、川田武範、佐伯雅久、吉沢孝男
  • 現像:東映化学
  • キャラクターデザイン:小松原一男
  • オープニング・エンディングアニメーション
  • 演出:及部保雄 / 作画監督 - 小松原一男 / 美術 - 福本智雄
  • 制作:NET、東映
debilmanst004.jpg

【デビルマン:主題歌】
オープニングテーマ
デビルマンの歌
作詞 - 阿久悠 / 作曲・編曲 - 三沢郷 / 歌 - 十田敬三、ボーカル・ショップ
エンディングテーマ
デビルマン DEVILMAN ED 「今日もどこかでデビルマン」 歌:十田敬三 (フルコーラス・フル動画)
今日も何処かでデビルマン
作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 都倉俊一 / 編曲 - 青木望 / 歌 - 十田敬三
 
👇ランキングに参加しています。
👇ランキングに参加しています。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ 

PR
【DMM TV会員登録について】

新の配信状況はDMM TVサイトにてご確認ください。

★特にアニメ話題作に強く、新作アニメの見放題作品数と先行配信数はNo.1(2023年4月時点)となっております

本記事バナー広告クリックからDMM TVサイトへ

【DMM TVの特長】

DMM TVはアニメ・エンタメ作品が充実した動画配信サービス!

初回登録なら30日間無料!

月額550円の「DMMプレミアム」に登録すると

★話題の新作アニメ

★DMM TVオリジナルのバラエティ・ドラマや独占配信作品

★充実の実写ドラマ、映画ラインナップ

などが見放題となります。


PR

約19,400通の声から誕生した大人のニキビケア


PR

最大10%還元される「ポイント機能」によって、利用すればするほどよりオトクにご購入!「colleize(コレイズ)」


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR