FC2ブログ

人生には笑いと涙しかないのよ~!!『プリシラ』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1994年に公開されたオーストラリアのロードムービープリシラThe Adventures of Priscilla, Queen of the Desertの配信先動画視聴(UーNEXT)からの感想(懐想記)の投稿です。
priscillamv.jpg

【プリシラ:作品の概要】
プリシラThe Adventures of Priscilla, Queen of the Desert)は、1994年製作のオーストラリア映画です。ステファン・エリオット監督・脚本。日本では1995年に公開されています。

海辺の街シドニーに住む3人のドラァグ・クイーンが、オーストラリア大陸の中心・砂漠の真中の街アリススプリングのホテルで開かれるショーに出演するため、手に入れたバス「プリシラ号」に乗って旅をするという、いわゆるロードムービーです。トラブルやアボリジニらとの出会いを経ながら、一見陽気に見えるけれど様々な過去や思いがあることが明らかにされる彼女たち。荒れた殺伐とした砂漠の荒涼とした風景に、彼女たちの出で立ちの対比が何とも素晴らしいです。

特筆すべきなのは、例えばビーチサンダルを繋げたドレス(費用は7ドル)など奇抜な衣装の彩りやデザインが素晴らしく、アカデミー衣裳デザイン賞を受賞していますまた本作のデザイナーのリジー・ガーディナーは、授賞式にアメリカン・エキスプレスのゴールド・カードを300枚近く繋げたドレスを来て登場しました~。驚くべきことにすべてのカードに彼女の名前が刻印されていたそうです。このドレスは授賞式ののちオークションにかけられ、収益は米国内のエイズ研究の財団に寄付されました。
英国アカデミー賞においても衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアー賞を受賞しています
キャストが決まるまでに二転三転し、特にバーナデット役のテレンス・スタンプは、過去に自身が演じたことのない役柄について難色を示していたそうです。逆に、ボブ役のビル・ハンターは、脚本を読みもしないで出演を承諾したといわれています。ヒューゴ・ウィーヴィングは、監督のステファン・エリオットの以前の作品に出演しているご縁で出演しています。
priscillast001.jpg

【プリシラ:ストーリー】
世代も生き方も違う3人のドラァグクイーンが、オーストラリアの砂漠の真ん中にあるリゾートで公演をするために、中古のスクールバス『プリシラを手に入れ、旅立ちます。だが3人ともどうしようもないくらい、それぞれが問題を抱えていて、大喧嘩したり、遭難もあったりと道中は問題が勃発していくのです。さらに到着した小さな町で、ゲイということで偏見の目にさらされたりしながらアリススプリングまで砂漠の中を3千キロの旅に出るのです…
彼女たちは、無事、ショーに出演することができるのでしょうか!?

priscillast002.jpg

【プリシラ:主なキャスト】
  • テレンス・スタンプ:バーナデット
  • ヒューゴ・ウィーヴィング:ミッチ
  • ガイ・ピアース:フェリシア
  • ビル・ハンター(英語版):ボブ
  • サラ・チャドウィック:マリオン
  • マーク・ホルムズ:ベンジ
  • ジュリア・コルテス:シンシア
  • ケン・ラドレイ:フランク
  • アラン・ダージン:原住民

👆The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert (1994) - I Will Survive Scene (4/8) | Movieclips

プリシラ』・懐想記
29年前の本作『プリシラ』3人のドラァグクイーンたちの笑いと涙に満ちた珍道中を描いた、名作ロードムービーです。私個人的には傑作の作品と思っています。実はこの映画録を書き始めようと思った時、最初の作品を本作で書いてみたいなと感じたくらいの作品ですから…

本作ではさまざまな出会いや別れ、挫折も通し、女装のゲイたちが抱える悲しさや心弱き人間の優しさ強さなども描かれています。同時に、華やかな歌や踊りが生み出す娯楽性の高さにも注目してください。当時、初見の頃、私事ではありましたが色々辛いことが多かった時期でもあって、私は観終わった時、思わず涙ながら拍手してしまいました~。初めて映画というもの映像作品が、これほど力のあるものかと感じた時でもありました。

本作では華麗で派手な衣装が目立ちますが、1995年のアカデミー賞で衣装デザイン賞を見事、受賞しています

観る人によっては個人的な好みや趣向で本作には色々な感想や意見もあるとは思いますが、女性の扮装をしている事も併せ「本当は女性の声を出せない切なさ」を表現していたり、とにかく気の抜けない凝った脚本になっています。同性愛者を過度に美化せず、等身大の「ズルい」人間として描いている辺りも印象深い作品です。
終盤「キングスキャニオンにハイヒール姿で立つ」という長年の夢を叶えた後に、真っ先に思う事が「うちへ帰りたい」というのも、何だか切なくて、思わず泣いちゃいました・・・
「夢を叶えた達成感」と同時に「夢を叶えてしまった喪失感」そんな雰囲気を感じて、実に味わい深いものがありました。

最初の内は、登場人物達への戸惑いが大きいかもしれません。でもエンドが流れる頃には愛着のような感情がわいてきて、男だとか女だとかいうより人として彼らの人間臭さに離れ難い気持ちになる方が多いのではないでしょうか?
そんな人生の切なさを秘めた、味わい深い不思議な映画だと個人的にとっても超大好きな作品です。
お勧め度ですって?そりゃもう👍👍👍👍👍×2超満点だわ~
priscillast003.jpg


【プリシラ:配信先(U-NEXT)視聴】
プリシラ
(1994年、オーストラリア、103分、字幕・吹替、見放題)


画像クリックで配信サイトへリンクしています
U-NEXT会員登録済みであればそのまま視聴できます。会員登録後視聴できるようになります31日間無料トライアルサービス付きです

【プリシラ:製作スタッフ、公開データ】

  • 監督:ステファン・エリオット
  • 脚本:ステファン・エリオット
  • 製作:アル・クラーク、マイケル・ハムリン
  • 出演者:テレンス・スタンプ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ガイ・ピアース
  • 音楽:ガイ・グロス
  • 撮影:ブライアン・J・ブレーニー
  • 編集:スー・ブライニー
  • 配給:日本 ヘラルド・エース/日本ヘラルド
  • 公開:オーストラリア 1994年9月8日、日本 1995年8月19日
  • 上映時間:108分
  • 製作国:オーストラリア
  • 言語:英語
  • 製作費:200万ドル
priscillast004.jpg
👇ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 その他生活ブログ おうち時間へ
👇ランキングに参加しています。



PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

★配信本数の多さが魅力。月額プランは高く感じるかもしれませんが、幅広いジャンルを楽しむならコスパ良しです

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR