FC2ブログ

メリークリスマス🎄またあの男か!『ダイ・ハード2』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1990年に公開されたアメリカのアクション映画ダイ・ハード2(原題:Die Hard 2: Die Harder)の当時の劇場鑑賞、および配信先動画視聴からの感想(懐想記)の投稿です。
diehard2mv.png

【ダイ・ハード2:作品の概要】
ダイ・ハード2(原題:Die Hard 2: Die Harder)は、1990年のアメリカのアクション映画です。『ダイ・ハード』(1988年)の続編です超高層ビルでの活躍を描いた前作から舞台を空港に移し、再び刑事ジョン・マクレーンの活躍を描いたアクション映画となります
1作目に続いてジョン・マクティアナンが監督する予定でしたが、マクティアナン監督が『レッド・オクトーバーを追え!』の撮影の最中のため、スケジュールの調整がつかなかったために、レニー・ハーリン氏が監督を務めています。

ウォルター・ウェイジャーによる小説『ケネディ空港着陸不能』(58 Minutes)が脚本の原作となっています。映画では、主人公をジョン・マクレーンに変更したり、舞台がケネディ空港(ニューヨーク)をダレス空港(ワシントンD.C.)に変更するなど大きく変更しています。

映画第1作の原作となったのはロデリック・ソープの小説『ダイ・ハード』(原題 Nothing Lasts Foreverですが、この2つの小説に関連性はありません。また、1987年刊行の『58 Minutes』は、翌1988年に邦題『ケネディ空港着陸不能』(二見書房)として日本国内でも出版、1990年には映画の公開に併せて『ダイハード2』に改題、新装版が出版されました。
diehard2dmmtv.jpg


【ダイ・ハード2:ストーリー】
前作、ナカトミビルのテロ事件からちょうど1年後のクリスマス。ジョン・マクレーンは妻のホリーを出迎えるため、雪の降るワシントン・ダレス国際空港にやってきました。

マクレーンは、空港警察から駐車違反切符を切られるハプニングの後、マクレーンは怪しい男2人組を見つけ、刑事の習慣で追跡し、空港内の荷物室へ侵入した2人に職務質問、いきなり銃撃戦に発展します。なんとか1人を倒すがもう1人には逃げられてしまいます。犯人達の装備からただ事ではないと考え、直ちに現場を封鎖して捜査を開始すべきと進言したマクレーンですが、空港を管轄する空港警察のロレンゾ署長は、ただの物盗りの犯行として相手にしません。それどころか一年で一番忙しい日に泥棒相手に銃撃戦をやったマクレーンを罵倒します。
しかし、納得がいかないマクレーンは男達の正体を探ろうと、ロスにいる親友の警官パウエルに死んだ男の指紋情報を送って照会してもらう。その結果、先ほど目の前で死んだ男は、2年前にホンジュラスで航空機事故により死んだとされていた元アメリカ陸軍軍曹と判明します。マクレーンは話にならないロレンゾ署長を無視、管制塔に乗り込み、知り得た情報を基に管制部長のトルドーに事の次第を話します。
しかしその時突然、滑走路の着陸誘導灯が消え、計器着陸誘導装置(ILS)も作動不能に陥り、上空の旅客機が着陸できない状態が発生してしまいます。

事件を起こしたグループは、元アメリカ陸軍特殊部隊群のスチュアート大佐と、同じく軍人だった彼の部下達で、その目的は間もなく護送されてくる南アメリカ、バル・ベルデの麻薬王エスペランザ将軍の奪還だったのです。空港の管制システムを乗っ取ったスチュアートは、目的を明かすと共に逃走用の飛行機を要求、トルドーに余計なことをしないよう警告する。

トルドーはコード・レッド(緊急事態)を政府に連絡すると共に管制機能を復旧させるべく、主任エンジニアのバーンズとSWATを建設中の新管制塔へ向かわせ、管制機能の回復を試みる。しかし、新管制塔へ通じる通路には作業員に変装したテロリストらが待ち受けていた。

一方、空港用務員から新管制塔への経路を聞き出したマクレーンだったが、時すでに遅く、テロリストらに待ち伏せされたSWAT部隊は全滅、バーンズも負傷。ようやく合流したマクレーンの活躍でその場の敵も全滅するものの、結局新管制塔は爆破され機能回復も失敗します。

スチュアート大佐は警告に従わなかった上に部下が死んだ報復として、残り燃料がわずかであった英国旅客機ウィンザー114便(ダグラスDC-8-63)に偽の管制指示と誤ったILS情報を与えて地表に激突させ、200人余りの乗客乗員全員死亡という大惨事を引き起こす。その上、まだ多数の航空機が上空を旋回しており、なんとその中にはマクレーンの妻ホリーが乗るノースイースト140便もあったのです。

クリスマスで大混雑の空港の中で発生した大事件のなかに、またも巻き込まれた刑事ジョン・マクレーン、愛する妻ホリーと再会できるのでしょうか・・・
diehard2st003.png

【ダイ・ハード2:主なキャスト(吹き替え)
  • ジョン・マクレーン:ブルース・ウィリス (樋浦勉) 
  • ホリー・マクレーン:ボニー・ベデリア (駒塚由衣)  
  • スチュアート大佐 ウィリアム・サドラー (大塚芳忠) 
  • ラモン・エスペランザ:フランコ・ネロ (吉水慶 ) 
  • グラント少佐:ジョン・エイモス (大塚明夫) 
  • カーマイン・ロレンゾ署長:デニス・フランツ (池田勝)  
  • レスリー・バーンズ:アート・エヴァンス (石森達幸)  
  • トルドー:フレッド・トンプソン (有本欽隆)  
  • マーヴィン:トム・バウアー (沢木郁也)  
  • リチャード・ソーンバーグ:ウィリアム・アザートン (江原正士)  
  • アル・パウエル:レジナルド・ヴェルジョンソン (麦人)  
  • サマンサ・コールマン:シーラ・マッカーシー (さとうあい) 
  • ビトー・ロレンゾ刑事:ロバート・コスタンゾ (島香裕)  
  • ガーバー:ドン・ハーヴェイ (曽我部和恭)  
  • ベーカー:トニー・ガニオス (津田英三 ) 
  • トンプソン:ピーター・ネルソン (島田敏 ) 
  • オライリー:ロバート・パトリック (梅津秀行)  
  • シェルドン:マイケル・カニンガム (島香裕)  
  • バーク:ジョン・レグイザモ (梅津秀行)  
  • カーン:トム・ベリカ (小野健一) 
  • オズボーン・コクラン:ジョン・コステロー (中村秀利 ) 
  • ミラー:ヴォンディ・カーティス=ホール (郷里大輔)  
  • ショックリー:マーク・ブーン・Jr (秋元羊介) 
  • マルキー:ケン・ボールドウィン( 島田敏) 
  • テルフォード:パット・オニール (大滝進矢)  
  • 二等軍曹:ジェイソン・ロス=アジキウェ (千田光男)  
  • ノースイースト機コーパイ:スティーヴ・パーシング (麦人 ) 
  • スチュワーデス1:シェリー・ビルシング (林原めぐみ)  
  • スチュワーデス2:カーラ・タンバレリ (山田栄子) 
  • 老女:ジーン・ベイツ (有馬瑞香 ) 
  • ウィンザー114便の機長:コルム・ミーニイ (千田光男 ) 
  • 軍用機機長:ヴァンス・ヴァレンシア (島香裕)  
  • 軍用機コーパイ:ギルバート・ガルシア (沢木郁也 ) 
  • レンタカーガール:ローレン・リザラー (林原めぐみ) 
  • 案内係:コニー・ライロ・シーマン (さとうあい)  
  • ロリンズ:チャールズ・ラニアー (郷里大輔)  
  • 管理人:ビル・スマイリー (石森達幸 ) 
  • 荷物係:ドウェイン・ハーグレイ (大塚明夫)  

Die Hard 2 (1990) - Bon Voyage Scene (5/5) | Movieclips

ダイ・ハード2』・懐想記
世界一ツイていないあの男刑事ジョン・マクレ―ンは、空港でテロリストの事件にまたもや巻き込まれてしまいます
1988年『ダイ・ハード』の続編が本作ダイ・ハード2です。

主人公のジョン・マクレーンを演じるブルース・ウィリスを一躍有名にしたシリーズですが、クリスマスの時期になると観たくなる作品でもある。偶然遭遇したテロリストは、ジョン・マクレーンにとって必然ともいえるしでもちょっと2度目ともなるとこころなしかどこか笑える雰囲気もあります。

私個人的に、当時の劇場本作初見で嬉しかったのは、適役バル・ベルデの麻薬王エスペランザ将軍を演じていたフランコ・ネロ氏のご尊顔を拝せたことですね。1960年代から活躍されていたイタリアの俳優さんで、60年代はマカロニ・ウェスタンで、クリント・イーストウッド、ジュリアーノ・ジェンマに劣らぬ人気で楽しませてくれた俳優さんの一人です。

昔の話はさておき、今回の『ダイ・ハード2』。前作は限られた空間でのアクションでしたが、今回は広い空港が舞台が中心となるだけじゃなく、その周辺も戦場と化してしまうのです

またもや、たった一人で奮闘するジョン・マクレーンは相変わらず傷だらけになるが、妻を救いたいという強い想いが彼を駆り立てる根底はラストで納得させられるし、かっこいいです~
マクレーン刑事にはクリスマスの日の外出禁止令を出したいくらいに何かが起きるのです。
最高に運が悪いというか、奥さんも巻き込まれるのもお約束なので夫婦揃って厄払いに行くことをお勧めしたくなります。
1作目から引き続き登場しているキャラクターもいて、警察官のパウエルとマクレーンはいまだに連絡を取り合っていることが分かり、ファンとしては思わず拍手を送りたくなります。
奥さんはしつこいニュースキャスター、ソーン・バーグを殴ったり、冒頭に登場する『スタンガン』もきちんと伏線になっているのもほんとに面白いです。

1988年の1作目は、神映画的な作品として公開登場となりましたが、2作目はアクション映画として前作を超えた魅力が詰め込まれている作品だと思います。

漏れた飛行機燃料に引火させ、着陸機の誘導灯にするアイデアも当時もうビックラぽんぽんでした。今観ても生き残るためには勇気だけではなく、知恵も必要だと思い知らされるカッコいいアクションシーンです。
今回も血みどろになりながら、闘うマクレーンの姿はもちろんの事、愛すべき「ぼやき」も健在、空港を舞台に前作以上の規模で展開されるストーリーは次々と起こるトラブルに息をつく暇がない選択を迫られるマクレーンの焦燥が見事に表現されています。

本作『ダイ・ハード2』、前作『ダイ・ハード』観たことがなければ、是非、この2作、クリスマスで観ましょう~
👍👍👍👍👍
diehard2st006a.jpg


 
【ダイ・ハード2:配信先(DMM TV)視聴】
(1990年、アメリカ、124分、字幕・吹替、¥330~)

diehard2dmmtv2.jpg
👈今すぐ観るで配信サイトへリンクしています
DMM TV会員登録後視聴できるようになります。初月無料サービス付きです(一部有料)

他配信サイト





配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください。


【ダイ・ハード2:製作スタッフ、公開データ】
diehard2st005.jpg
  • 監督:レニー・ハーリン
  • 製作:ローレンス・ゴードン、ジョエル・シルバー、チャールズ・ゴードン
  • 製作総指揮 :マイケル・レヴィ
  • 原作:ウォルター・ウェイジャー
  • 脚本:ダグ・リチャードソン、スティーヴン・E・デ・スーザ
  • 撮影:オリヴァー・ウッド
  • SFX/VFX:ILM
  • 音楽:マイケル・ケイメン
  • 撮影:オリヴァー・ウッド
  • 編集:スチュワート・ベアード
  • 製作会社:ゴールデン・カンパニー、シルバー・ピクチャーズ
  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 公開:アメリカ合衆国 1990年7月4日、日本 1990年9月21日
  • 上映時間:124分
  • 製作国:アメリカ合衆国
  • 言語:英語
  • 製作費 $70,000,000※1
  • 興行収入:アメリカ合衆国 カナダ $117,540,947※1、世界 $240,031,094※1
  • 配給収入:日本 32億5000万円※2
  • 前作:ダイ・ハード
  • 次作:ダイ・ハード3
diehard2st007.jpg
※1“Die Hard 2: Die Harder (1990)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2023年12月20日閲覧。
※2『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)494頁

👇ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ 

👇ランキングに参加しています。


PR
【DMM TV会員登録について】

新の配信状況はDMM TVサイトにてご確認ください。

意外な作品が見つかる配信サイト。アニメ系はお強い!

アニメ・エンタメ見放題!初月無料!【DMMプレミアム(DMM TV)】

詳しくは、本記事バナー広告クリックからDMM TVサイトへ。


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR