FC2ブログ

シリアスなサイコ・サスペンス『セブン』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1995年に公開されたアメリカのサスペンス映画セブンSeven、劇中の表記は"SE7EN")の当時の劇場鑑賞、および配信先動画視聴(UーNEXT)からの感想(懐想記)の投稿です。
sevenmv.jpeg

【セブン:作品の概要】
セブンSeven劇中の表記は"SE7EN"は、猟奇殺人を描いた1995年のアメリカ合衆国のサスペンス映画です。監督はデヴィッド・フィンチャー。日本では1996年に公開されています。
キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンスです※1。先鋭的な映像センスと、音響面でノイズが活用されていて、シリアスでダークな独特の世界観が漂っています。4週連続で全米興行成績1位に輝いた大ヒット映画としても有名で、IMDbでは『第三の男』『シャイニング』を上回る高い評価を受けています。
sevenst001ogp.jpg
※1監督のデヴィッド・フィンチャーは、「この映画はホラー映画だ」と語っています。

【セブン:ストーリー】
定年間近の刑事・サマセットと新人のミルズ。ふたりが殺人事件の現場に急行すると、そこには汚物と食物にまみれた肥満男性の死体と「GLUTTONY(大食)」の文字が残されていました。ほどなくして、今度は「GREED(強欲)」の文字と共に弁護士の死体が発見されます。
sevenst002.jpeg

【セブン:主なキャスト】
  • デビッド・ミルズ刑事:ブラッド・ピット 
  • ウィリアム・サマセット刑事:モーガン・フリーマン 
  • トレイシー・ミルズ:グウィネス・パルトロー 
  • 警部:R・リー・アーメイ 
  • マーティン・タルボット検事:リチャード・ラウンドトゥリー 
  • マーク・スワー弁護士:リチャード・シフ 
  • ジョン・ドゥ[8] :ケヴィン・スペイシー
  • テイラー刑事:ダニエル・ザカパ 
  • カリフォルニア:ジョン・C・マッギンリー 
  • マッサージ店にいた被害者の男:リーランド・オーサー 
  • マッサージ店の受付係:マイケル・マッシー 
  • ワイルド・ビル:マーティン・セレン
  • ベアーズリー医師:リチャード・ポートナウ
  • オニール医師:ピーター・クロンビー 
  • デイヴィス巡査:ジョン・カッシーニ 
  • ジョージ:ホーソーン・ジェームズ
  • 脂ぎったFBI捜査官:マーク・ブーン・Jr.
  • 図書館の警備員:ロスコー・デヴィッドソン 
  • グールド夫人:ジュリー・アラスコグ 
  • ミルズに詰め寄る女記者:ドミニク・ジェニングス 
  • ニュースキャスター:ビヴァリー・バーク 
  • 案内する警官:デヴィッド・コレイア 
  • 配達員:リッチモンド・アークエット 

Se7en (1995) Official Trailer - Brad Pitt, Morgan Freeman Movie HD

セブン』・懐想記
本作セブンは、「ソーシャル・ネットワーク」デヴィッド・フィンチャー監督が贈る上質なサスペンス映画作品です
見どころとしてはブラッド・ピットとモーガン・フリーマンが「七つの大罪」になぞらえた連続猟奇殺人事件に挑む刑事を熱演しています。全編スクリーンから漂う不穏な空気と練り上げられたストーリーには驚かされます

デヴィッド・フィンチャーは本作で銀残し(注1)というフィルム現像手法で、独特の世界観を表現しています。

注1)1960年の日本映画『おとうと』(市川崑監督作品)で、初めて実用化された現像手法の一つで、映像の暗部が非常に暗くなることで、画面のコントラストを強くし、引き締まった映像効果をだします。また、彩度の低い渋い色にもなります。
具体的には撮影の段階で白黒映画のように若干コントラストを強めにし、色温度を測って発色を予測計算した上で、その色を出来るだけ抑えるようします。その際のライティングも、色味の部分を飛ばすか陰にするなどの処理をしてメリハリをつけます。次に現像段階で現像液をフィルムから全部洗い落とさずに、銀を残したままポジを焼き、ネガを通常カラーで、ポジを一本ずつシルバー・カラーで焼くというものです。
この銀残しの手法は本作『セブン』のあと、『1984』『プライベート・ライアン』『デリカテッセン』などでも用いられました。
sevenst006.jpg
29年前の古い作品ですが、デビットフィンチャー監督の初期の衝撃作です。当時は本作には斬新な部分が多く、まず殺人事件モノなのに殺人シーンが一切無く、代わりに死体の描写が異常にリアルな雰囲気で話題になりました。
本作中ですごく印象に残っているのが、本編でずっと雨が降り続けていたのに、ラストの大罪を告白する時だけ晴れているのです。逆にその印象が不気味でラストへの衝撃の展開へ拍車をかけていた気がします。
バッドエンディングな作品で相当ショックを受けましたが、その後のデビットフィンチャー監督作品に釘付けになりました。ホラーやサスペンス映画がお好きな方にはおすすめです。
👍👍👍👍👍

【セブン:配信先(U-NEXT)視聴】
セブン
(1995年、アメリカ、127分、字幕、見放題)


画像クリックで配信サイトへリンクしています
U-NEXT会員登録済みであればそのまま視聴できます。会員登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです

他配信サイト
DMMプレミアム レンタル 初回30日間無料 550円(税込)

Amazon Prime 見放題 初回30日間無料 500円(税込)

Hulu 見放題 なし 1,026円(税込) 

クランクインビデオ レンタル 初回14日間無料 990円(税込)

配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください。


【セブン:製作スタッフ、公開データ】
sevenst003.jpg
  • 監督:デヴィッド・フィンチャー
  • 脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
  • 製作:アーノルド・コペルソン、フィリス・カーライル
  • 製作総指揮:ジャンニ・ヌナリ、ダン・コルスルッド、アン・コペルソン
  • 出演者:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー他
  • 音楽:ハワード・ショア
  • 主題歌:「ハーツ・フィルシー・レッスン」デヴィッド・ボウイ
  • 撮影:ダリウス・コンジ
  • 編集:リチャード・フランシス=ブルース
  • 配給:アメリカ合衆国 ニュー・ライン・シネマ、日本 ギャガ
  • 公開:アメリカ合衆国の旗 1995年9月22日、日本 1996年1月27日
  • 上映時間:127分
  • 製作国:アメリカ合衆国
  • 言語:英語
  • 製作費:$33,000,000※2
  • 興行収入:$327,311,859※2
  • 配給収入:日本 26億5000万円※3
sevenst003.jpeg
※2“Seven (1995)” (英語). Box Office Mojo. 2024年1月10日閲覧。
※3『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)554頁
👇ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

👇ランキングに参加しています。


PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

配信本数の多さが魅力。月額プランは高く感じるかもしれませんが、幅広いジャンルを楽しむならコスパに納得


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。

詳しくは、本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ。


PR


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR