FC2ブログ

真夜中の名曲⑨『オネスティ』ビリージョエル

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

2月1日午前零時を越えました。今日は私の大好きなアメリカのビリージョエルの曲の中から、懐かしい名曲から2曲をYouTube動画からリンクにてご紹介します。
いつもは、アニメや映画の感想記事ばかり書いていますけど、時折、大好きな音楽の聴いたり、当時の思い出なども綴っていますと時に心地よく感じるときがあります。

自分にとっての懐かしい音楽や映像を探ることは、当時の事を思い出すだけでなく、昔のもう一人の自分自身に向き合えたりして、昔の自分から励ましを受けているように感じて自分にとって大切な時間の過ごし方になっています。

161768.jpg

オネスティHonesty)は、ビリー・ジョエルが、1978年のアルバム『ニューヨーク52番街』で発表した楽曲です。1979年、同アルバムからの第3弾シングルとしてリリースされました。オネスティは「誠実」という意味です。

詩から伝わってくるものとしては、世の中が不誠実なことがなんて多いんだ。誠実さを得ることは難しいけど、それでも誠実さを忘れずに生きていこうという内容の歌です。
レコーディングには、ビリーのレギュラー・バンドの他、デヴィッド・スピノザ(アコースティック・ギター)が参加しています。

この曲は、日本では人気の高い楽曲で、ベスト・アルバム『ビリー・ザ・ベスト』(1985年)のアメリカ盤には収録されていないかったのですが、日本盤では追加収録されました。
また、当時様々なCM(ネスレ・ホットチョコ、ソニーの企業CM等)で起用されていました。20年前の2004年には三井住友銀行のCMで使用されていました。



[和訳] Honesty - Billiy Joel

そしてもう一曲は、1977年に発表したThe Strangerストレンジャー)(Billy Joel)です。オネスティ Honestyと同じく日本での人気が高く、日本で行われるライブでは必ず演奏されてきました。

ピアノによるどこかもの哀しい旋律にあわせた口笛が、私達シニア世代にとって大変印象に残っている方も大いのではないかと思います。

プロデューサーのフィル・ラモーンの前で、ビリー・ジョエルがメロディを口笛でデモンストレーションして見せたところ、フィル・ラモーン氏は、インストゥルメンタルの案をやめ、代わりにイントロで口笛を吹くようビリーを説得したとされています。


Billy Joel - The Stranger (Audio)

PVアクセスランキング にほんブログ村 

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村


日記・雑談ランキング👈ランキングに参加しています。

PR


PR

ホームページを作るなら ロリポップレンタルサーバー

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR