FC2ブログ

魔法のプリンセスロード🈡魔法界と心の扉が今、紡ぎ逢う『魔法少女まどか☆マギカ』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

🧹前回は2004年のふたりはプリキュア。平成の時代になってもアニメとにらめっこ。お休みの日曜日は、TV番組がアラーム代わりでアニメで目覚めるという珍なる私。昭和時代と違いアニメの進歩ににんまりする毎日でした~(笑)。平成時代、キッズアニメから大人気もの女の子二人が登場してきました
🔶今日のアニメの徒然小道では、2011年にテレビ放送された深夜テレビアニメで初放映された魔法少女まどか☆マギカまほうしょうじょまどかマギカ)の当時のTV放送、および配信先動画(DMM TV)視聴からの感想・考察(懐想記)の投稿です
madokamagicamv.jpg

【魔法少女まどか☆マギカ:作品の概要】
魔法少女まどか☆マギカまほうしょうじょまどかマギカ)は、シャフト制作による日本のテレビアニメ作品です。2011年1月から4月まで毎日放送(MBS)ほかで放送された。略称はまどかまどマギとも呼ばれます。

願いを叶えた代償として魔法少女となり、人類の敵と戦うことになった少女たちに降りかかる過酷な運命を、優れた魔法少女となれる可能性を持ちながらも傍観者として関わることになった中学生・鹿目まどかを中心に描いています。
madokamagicaogp.jpg

【魔法少女まどか☆マギカ:ストーリー】
大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。普通の中学2年生、鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす1人。ある日、彼女に不思議な出会いが訪れます。この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない…。

【魔法少女まどか☆マギカ:エピソード全12話】
madokamagicakyube.jpg
👆パッと見た目は可愛いキュゥべえ。「魔法の使者」を名乗っています。外見は四足歩行動物。その正体はインキュベーターと呼ばれる、地球外生命体の端末なのです。少女の願いを1つ叶える代わりに魂をソウルジェム化し、魔法少女へと変化させる「契約」を交わす役目を持っています。
キュゥべえの目的はいったい何なのだろう?
エピソード
第1話 夢の中で逢った、ような…
中学2年生、鹿目まどかの通うクラスにやってきた転校生・暁美ほむら。まどかが夢で見た少女と瓜ふたつの容姿の少女。偶然の一致に戸惑うまどかに、ほむらは意味深な言葉を投げかけます。

第2話 それはとっても嬉しいなって
ほむらに襲われたキュゥべえを助ける途中、迷い込んだ不思議な空間。ピンチに陥ったまどかとさやかを救ったのは魔法少女の巴マミ。マミは2人に「自分の魔女退治に付き合わないか」と…

第3話 もう何も怖くない
恭介の見舞いに行ったとさやかとまどかは、その帰り道、偶然にも病院の駐輪場で孵化しかけたグリーフシードを発見。さやかはキュゥべえと共に見張りを、まどかはマミを助けに呼びに行きます。

第4話 奇跡も、魔法も、あるんだよ
マミと魔女との戦いの翌日、訪れたのはいつもの日常。魔法少女の敗北の結果を目の当たりにしたまどかとさやかは、魔法の世界に関わることの重さを実感し、魔法少女になることをあきらめます。

第5話 後悔なんて、あるわけない
魔法少女として、魔女の手からまどかと仁美を救ったさやか。キュゥべえとの契約により願いを叶えた今、魔法少女となったことに後悔はない様子。反対にまどかは、あきらめてしまった自分に悩んでしまいます。

第6話 こんなの絶対おかしいよ
さやかと杏子の戦闘現場に、突如現れたほむら。戦闘の仲裁に入った彼女はさやかを一撃で気絶させ、それを見た杏子はほむらを警戒し、その場を離脱したことにより、戦闘は終息します。

第7話 本当の気持ちと向き合えますか?
さやかの自宅に敵対していたはずの佐倉杏子が現れた。彼女はさやかを外へ連れ出し、とある廃墟の教会へと誘う。そこで杏子の口から語られたのは、自身が魔法少女となった理由。彼女の真意とは…!?

第8話 あたしって、ほんとバカ
魔女に勝利するも憔悴しきったさやかの様子を見かねたまどかは、さやかの戦い方について口を出してしまいます。きれいごとばかりに感じるまどかの言葉に、さやかは感情を爆発させ、その場を立ち去ってしまいます。

第9話 そんなの、あたしが許さない
漆黒のグリーフシードと化したさやかのソウルジェム。そのグリーフシードは孵化し、新たな魔女が現れます。魔女の結界に割って入ってきたほむらは、防戦一方の杏子を先導し結界から脱出します。

第10話 もう誰にも頼らない
全生徒の前で慣れない自己紹介をする転校生。長らくの入院生活により、学力も体力も他の生徒に劣る彼女は、劣等感に肩を落として帰宅する途中、ふとしたことで魔女の結界に迷いこんでしまう。

第11話 最後に残った道しるべ
雨の中、しめやかに行われたさやかの葬儀。うつろな目をして家に戻ったまどかは、詢子への挨拶もそこらに自分の部屋に入ってしまう。ひとり悲しみに暮れるまどかのもとにキュゥべえが現れます…

第12話 わたしの、最高のともだち
ワルプルギスの夜に挑み、深手を負ったほむら。何度挑戦しても勝てない悔しさ、自分の行為がかえってまどかを苦しめることになっていたことへの絶望で、自らのソウルジェムを黒く染め上げていく。
1080x608.png
鹿目まどか。本作品の主人公。一人称は「わたし」。中学2年生の平凡な少女だけど、魔法少女として優れた素質を持っていて、執拗にキュゥべえから契約を迫られます
当初は魔法少女に憧れはしますが、マミの死やソウルジェムの真実など、魔法少女の実態に直面するたび、魔法少女としての契約に踏み出せなくなっていくのですが…

【魔法少女まどか☆マギカ:主なキャスト】
声の出演
鹿目まどか:悠木碧
暁美ほむら:斎藤千和
巴マミ:水橋かおり
美樹さやか:喜多村英梨
キュゥべえ:加藤英美里
志筑仁美:新谷良子
鹿目詢子:後藤邑子
鹿目知久:岩永哲哉
早乙女和子:岩男潤子
佐倉杏子:野中藍
madokamagicast002.jpg
本作に出てくる魔女の容姿はアーティスティックなデザインのキャラクターが多いです。
今までの魔女からくるイメージを完全に覆しています

魔法少女まどか☆マギカ』・懐想記
平成生まれの魔法アニメ作品の中で、かつ昭和の時代にテレビアニメが誕生し、多くのアニメ作品のジャンルが生まれてきました。その中で魔法ファンタジーアニメ作品ジャンルにダーク的作風要素を吹き込んだと言われている作品としてあまりにも有名です。

わずか全12話のエピソードで表現されるその作風は新たなる魔法少女物語の始まりともいえます。監督・新房昭之さん、脚本・虚淵玄、キャラクター原案・蒼樹うめ、アニメーション制作・シャフト。当代きってのクリエイターたちが新たな魔法少女物語は奥の深い彩りあるアニメです。
madokamagicast004.jpg
個人的な感想と考察で大変僭越ではありますが、私がこの作品を初見で観た時、卒のない論理的なシナリオに納得。そして本作中の魔法界で表現されている芸術的な趣があふれる魔法の世界のイメージは、昭和からアニメに触れてきた私にとっては、どこか懐かしい感覚を思い出しました。
1960年代にみられた虫プロが実験アニメーション群の作品の雰囲気とか劇場用のアニメラマ(けっこうエロい表現の作品もありました)、あと商用の短編アニメーションなどでもちらほら見受けたことがあります。

そして本作にはメルヘン調であったり芸術的要素を含んだ多彩な背景美術が、可愛らしいキャラクターデザインと違和感なくマッチングしてるから、見ていて思わず何度も唸ってしまいました。私は個人的にドラマ展開よりも毎回魅せる多彩なアートを楽しみに視聴していました。昔から魔女や魔法使いのイメージって、どこかハードで堅いイメージがありましたから、それと比較するとすごく斬新にみえました。
そして、魔法使いの少女たちの喜怒哀楽とは違う、どこか陰鬱を秘めた時のちょっとした表情の変化。それと私の個人的な主観かもしれませんが、ちょっと今までのアニメ作にはあまり見られなかったものだとは感じます。
作中よく見られる舞台としてガラス張りの教室に観られるように、舞台、人物、魔法界など入念に設定なベースをもとに仕上げられたことによるものだと思います。そして、登場人物である少女たちが織りなしていく先が読めないドラマ展開にグイグイと引き寄せられる感があります。演出の一環としてのBGMを含めた音楽性も高いと思います。どこかオリエンタルな雰囲気を感じさせる曲調が、全体の雰囲気を創り上げていると思います。

当時、2013年の日経新聞にて、本作の記事が掲載されてたことをアニメファンの一人としてよく覚えています。
本作魔法少女まどか☆マギカはオリジナル作品ゆえに先の読めない視聴者の興味を引きつけるストーリーが注目を集め、結果的に日本市場におけるテレビアニメのBD売り上げでは本作品の1 - 3巻が当時歴代3位までを占める記録を残したこと。そして2013年には、グッズの売り上げ総額が約400億円に達し国内外をつなぐ経済圏を作り上げつつあると日本経済新聞が報じていました。

本作の受賞について
SUGOI JAPAN Award」グランプリ受賞。
第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞受賞
11回東京アニメアワードテレビ部門優秀作品賞受賞。「発表!あなたが選ぶアニメベスト100」男性票1位、総合ランキング3位獲得。

もちろん、アニメファンでありながら魔法ものは苦手だという方、アニメファンでなくても一度は是非視聴してみてはいかがでしょうと声を掛けたくなる魔法ファンタジーアニメ作品だと思います。

13年経っていても新鮮な雰囲気のアニメに👍
お勧め度👍👍👍👍👍✖☆☆☆☆☆
そして今年の冬に劇場版 魔法少女まどか☆マギカ〈ワルプルギスの廻天〉が公開予定になっています。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ〈ワルプルギスの廻天〉』特報第1弾
アニプレックス チャンネル

〖魔法のプリンセスロードの最後に・魔法アニメとバイクと私のアニソン〗
このアニメの徒然小道も本記事で、213記事になります。作品紹介・感想にあわせて時折、お気に入りのアニソンをちょい告知したりすることがありますが、本作中にBGMとして使われている「 Credens justitiam」、この曲が私の一番好きな曲です。
音楽には個人的な好みや主観があるとは思いますが、音楽がそしてアニメ好きな私にとって、梶浦由記さんによる新規書き下ろし楽曲を収録した魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTIONはバイクに乗っているときによく聞いています。バイクと旅する時に必ず聞いている曲が、魔法少女まどか☆マギカで使用されている Credens justitiamです。私のプレイリストの中で一番のお気に入り、最多再生回数です(笑)。独断と偏見に満ち満ちた堂々の1位です(笑)

Credens Justitiam Madoka magica
Nana-Chan
asodaikanhou.jpg
九州阿蘇大観峰より(阿蘇ソロツーリングにて)
400x.jpeg
私にとって、大好きなバイクで大好きな風と共に走れることは、魔法の世界の中を走っているようなものなのです🏍

魔法っていう言葉いつ頃から誕生したのでしょうか?
今の世の中目を覆うような惨状が世界中至る所にあります
こんな時、魔法が使えたらいいなって思ったこと私もしょっちゅうありますし、きっとみなさんもあると思います。
人は皆、色んな縁と出会い、心の中はざわめいたり、色づいたり、時には傷ついたり、1日の時間の中でも色々な気持ちが交錯し、様々に変化します。
なぜ魔法アニメ作品が日本のアニメ作品のジャンルの中で定着し、愛されているのかに関する記事を6回に分けて記しながら改めて感じるのは、作品の中で魅せる魔法が、夢や希望、時には可能性だけでなく人間を挫折に陥れたりする世界が私たちの心の中の変化や私たちの心の中の世界と密接に反応してきたからだと感じています。
幼い頃から、絵や漫画やアニメ、音楽が大好きだった影響でしょうか?魔法アニメというジャンルは、私の大好きな世界であり、とても6作品だけで語り尽くせるものではありません。また、いつの日か記していきたいと思っています。

いつもわがままで拙いブログですが、温かく見守っていただき誠に有難うございます。
by のぶちゃん


【魔法少女まどか☆マギカ:配信先(DMM TV)視聴】
(2011年、全12話、プレミアム)
madokamagicadmm.jpg
👈今すぐ観るクリックで配信サイトへリンクしています。DMM TV会員登録後、視聴できます。
初回登録30日間無料サービス付きです

他配信サイト

アニメ見るなら〈UーNEXT〉 見放題・初回31日間無料 2,189円(税込)

Amazon Prime レンタル・初回30日間無料 600円(税込)

ⅾアニメストア 見放題・初回31日間無料 550円(税込)

NETFLIX 見放題・無料サービス期間なし 790円(税込)〜 1,980円(税込)

RakutenTV レンタル・無料サービス期間なし 登録無料
配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください。

【魔法少女まどか☆マギカ:製作スタッフ、公開データ】
  • 原作:Magica Quartet(新房昭之、虚淵玄、蒼樹うめ、シャフトの共有筆名)
  • 監督:新房昭之
  • 企画:夏目公一朗、孝壽尚志、峯岸卓生、でじたろう、太布尚弘、久保田光俊、竹田靑滋
  • シリーズディレクター:宮本幸裕
  • 脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
  • キャラクター原案:蒼樹うめ
  • キャラクターデザイン:岸田隆宏
  • アクションディレクター:阿部望、神谷智大
  • 総作画監督:谷口淳一郎、高橋美香
  • レイアウト設計:牧孝雄
  • プロダクションデザイン/異空間設計:劇団イヌカレー
  • 美術プロデューサー:増山修
  • 美術監督:稲葉邦彦、金子雄司(第1話 - 第6話)、内藤健(第7話 - 最終話)
  • 美術設定:大原盛仁
  • 色彩設計:日比野仁、滝沢いづみ
  • ビジュアルエフェクト:酒井基
  • 撮影監督:江藤慎一郎
  • 編集:松原理恵
  • 音響監督:鶴岡陽太
  • 音響効果:田中秀実
  • 音響制作:楽音舎
  • 音楽:梶浦由記
  • 音楽プロデューサー:森康哲
  • 音楽制作:アニプレックス
  • プロデューサー:岩上敦宏、加藤昱夫、細川修
  • 土居由直、金庭こず恵、丸山博雄
  • アニメーション
  • プロデューサー:岩城忠雄
  • アニメーション制作:シャフト
  • 製作:Madoka Partners、毎日放送
madokamagicast001.jpg
これ

【魔法少女まどか☆マギカ:主題歌】
オープニング

まどマギOP
えび 
エンディング

Kalafina 『Magia』
Kalafina Official YouTube Channe
👇ランキングに参加しています。
👇ランキングに参加しています。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ 

PR
【DMM TV会員登録について】

新の配信状況はDMM TVサイトにてご確認ください。

★特にアニメ話題作に強く、新作アニメの見放題作品数と先行配信数はNo.1(2023年4月時点)となっております

本記事バナー広告クリックからDMM TVサイトへ

【DMM TVの特長】

DMM TVはアニメ・エンタメ作品が充実した動画配信サービス!

初回登録なら30日間無料!

月額550円の「DMMプレミアム」に登録すると

★話題の新作アニメ

★DMM TVオリジナルのバラエティ・ドラマや独占配信作品

★充実の実写ドラマ、映画ラインナップ

などが見放題となります。


PR
 

オルビス アンバー


PR

PR


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR