FC2ブログ

魔法のプリンセスロード・特別ルーツ編🈡魔法は気づかれないように♬『奥さまは魔女』テレビドラマ版

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1964年から全米や日本(1966年~)で放送されていたテレビドラマ奥さまは魔女おくさまはまじょ、原題:Bewitched)の当時のTV放送や再放送からの回顧録、および配信先動画視聴(amazon prime video)からの感想・考察(懐想記)の投稿です。
Bewitchedmv (1)

【奥さまは魔女:作品の概要】
奥さまは魔女おくさまはまじょ、原題:Bewitched)は、1964年から1972年までアメリカのABCでシチュエーション・コメディのテレビドラマ作として全254話が放送され、当時大変な人気を得ました
日本でも1966年から日本語吹替版が、TBSと毎日放送で放映され、大人気を受けました
第74話(第2シーズン)まではモノクロ放送でしたが、第75話(第3シーズン)からはカラー放送となりました。
現在では第1・第2シーズンもデジタルリマスタリングに加え、カラライゼーションが施され、再放送日本版DVDはこのカラー版が採用されています。
bewitchedst001.jpg
本作の大人気によって、アメリカでは1965年に本作と同じスクリーン・ジェムスの制作でシドニィ・シェルダンによる類似企画かわいい魔女ジニー(NBC)が登場し、日・米ともに人気を二分していました。
日本では魔法使いサリー以下「魔法少女もの」と呼ばれるジャンルが誕生して成長していきました。

8シーズンに及ぶ人気作となり、アメリカでは1977年から1978年にかけスピンオフ作品として、成人となったタバサ(サマンサとダーリンの娘)を主人公に、その新婚生活などを描いた『タバサ』(主演:リサ・ハートマン)が制作されましたがこちらは本作ほどの人気はでませんでした。
英語版と日本語版では構成が若干異なっています。英語版オープニングアニメではプロローグシーンのあとにタイトルが放送され、本編に入りますが、日本語版では最初に奥さまは魔女』のタイトルが放送されその後プロローグシーンに該当する部分が放送されています

2004年にはアメリカでニコールキッドマンが主演で、本作を単なるリメイク作品ではなく原作自体をパロディ風にアレンジした映画が製作されています。次回、のぶちゃんの映画録で紹介します。
また日本では2004年に米倉涼子さん主演によるリメイクドラマが放送されました。

【奥さまは魔女:ストーリー】
―オープニングナレーションよりー
奥さまの名前はサマンサ。そして旦那様の名前はダーリン。ごく普通の二人はごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも、ただ一つ違っていたのは奥様は魔女だったのです…
広告代理店に勤めるダーリン・スティーブンスが結婚した相手、サマンサは魔女だったのです。彼女の結婚に反対する母親のエンドラを初めとする彼女の親戚たちも現われ、スティーブンス家では、次々と珍騒動が巻き起こっていきます~

奥様は魔女(日本語& 英語OP)
furoseru
🧹上記のオープニングのナレーションは声優の中村正さんです。この中村正さんのナレーションが、吹き替え史上、群を抜く名ナレーションとして大変有名です。
奥様の名前はサマンサ旦那様の名前はダーリン……というたった2行の台詞の収録を完成させるために丸一日を費やしたと言われています。

【奥さまは魔女:主なキャスト】
☆彡このキャスト紹介では、当時の日本語吹替版より紹介しています。
🏡スティーブンス家
bewitchedst002.jpg
サマンサ・スティーブンス(Samantha Stephens)演:エリザベス・モンゴメリー、吹替:北浜晴子
金髪のかわいい若奥様。相思相愛でダーリンと結婚しましたが、実は魔女なのです。ダーリンと魔法は使わないこと!!とダーリンと約束します…。鼻を動かして魔法をかけることが多いですが、時に大きなボディーアクションで魔法をかけることがあります。
自宅にお客様を招待したり、友人を招いている時などは、ダーリンのことを「あなた」と呼ぶことが多いです。なお、ダーリン(Darrin)は、「最愛の人」を意味する「darling」ではありません。
魔法をかける上で大切なことがありますそれはかけられた魔法は魔法をかけた者でなければ、魔法を解くことができませんそのために、本作では信じられない珍事が起きていくのです


bewitchedst003.jpg
ダーリン・スティーブンス(Darrin Stephens)演:第5シーズンまでディック・ヨーク・第6シーズン以降ディック・サージェント、吹替:柳澤愼一
サマンサの夫。広告代理店「マクマーン&テイト社」の若き重役でもあり優秀な宣伝マンです。真面目な超堅物です。そのため魔法で楽をしようと言う考え方は全くありません。魔法自体を嫌っています
大変な愛妻家ですが、魔女であるサマンサと結婚したことで日々悩まされていきます。そのせいで、舅のモーリスや姑のエンドラからまともに名前を呼ばれた事は一度もありません
第5シーズンでダーリン役を降板したデイック・ヨークは1959年に映画撮影中の落馬事故が原因で、痛みを訴えるようになっていましたが、第5シーズンの撮影開始の頃に更に痛みが悪化。楽な姿勢でのシーンを増やして対応したりしていましたが。しかし、第5シーズン「Daddy Does His Thing (猛烈パパ登場)」の撮影リハーサル中に突然倒れ、一時意識を失う事態が発生。治療とリハビリのため降板となってしまいました。
なおダーリンからは、妻サマンサを愛称としてサムと呼ばれることが圧倒的に多いです。

OIP.jpg
左から娘のタバサ、祖母のエンドラ、右が息子のアダム。エンドラにとっては目に入れても痛くない可愛い孫。なぜなら二人は魔法が使えるからです。
タバサ・スティーブンス(Tabitha Stephens)
演技
  • シンシア・ブラック(第2シーズン-18話)、
  • ハイディ・ジェントリーとローラ・ジェントリーとのスイング(第2シーズン-19話)
  • ジュリア・ヤング、タマー・ヤングとのスイング(第2シーズン-20~36話)
  • エリン・マーフィー(英語版)とダイアン・マーフィー(英語版)とのスイング(第3シーズン-第5シーズン)
  • エリン・マーフィー(第6シーズン-第8シーズン)
  • 吹替:桂玲子(第3シーズン-第8シーズン)、追加吹替:斉藤梨絵
サマンサとダーリンの娘。第1子です。母親のサマンサの血を引いて魔法を使うことができます。小さい頃は無意識のうちに魔法をかけてしまうことがありますが、次第に成長していくにつれ意識的に魔法をかけることができるようになります。子どもなのに意外と大きな魔力を持っています。鼻を指で動かしてよく魔法をかけます
アダム・スティーブンス(Adam Stephens)演:デヴィッド・ローレンス又はグレッグ・ローレンス
第6シーズンから登場するサマンサとダーリンの第2子で息子です
エリザベス・モンゴメリーは本作出演中、当時の夫で映画監督・本作プロデューサーのウィリアム・アッシャーとの間に3人の子を儲けているが、第1子の妊娠は本作放送開始直前だったので、お腹が目立つ頃にはバスト・ショットや代役を使って乗り切ってました。
1965年、第2シーズンが開始する頃、2人目の妊娠が発覚します。この時にはそれを前面に出してドラマ上の設定でも「サマンサの妊娠」とし(笑)、次男ロバートの出産にあわせて「長女タバサ誕生」(笑)としていたようです。この時の反響が大きく、1969年初頭の3人目の妊娠の際にも「サマンサの第2子妊娠」と設定しました~。長女レベッカ・エリザベスの出産にあわせて「長男アダム誕生」としている。

🧹サマンサの親・親戚
bewitchedst004z.jpg
エンドラ(Endora)演:アグネス・ムーアヘッド、吹替:北原文枝、林洋子、津田延代、追加吹替:谷育子
サマンサの母です。とにかく気が強い派手好きの魔女です。各国のパーティーに参加したり旅行や買い物をするのが趣味です。自慢の娘が人間と結婚した事がどことん気に入りません!!。スティーブンス宅にやってきては娘の家庭を引っかきまわしていきます。ダーリンは婿にもかかわらず、平気で下等動物!!と呼んだりしています。
本作でのエンドラの存在感は圧倒的だと思います。
基本的に魔女仲間以外を見下しています。娘想いで行う行為が、騒動の元になる事は度々。よって、ダーリンの1番の天敵であり、彼の事を「ダーウッド」あるいは「ドナルド」など「D」が頭文字の名前で適当に呼んで馬鹿にしています。
しかし、大嫌いなダーリンでも長いシーズンの進行していくと長く付き合っていくうちに、「腐れ縁」と言いながらダーリンの窮地を救うことがあります。
夫・モリースとの仲は冷え切っていて、口論が絶えません。魔法の実力では夫にかなわないので、夫が登場すると姿を消す事もしばしば。名前は旧約聖書「サムエル記上」28章に出てくる「エンドルの魔女」にちなんだもの

エンドラは本作の設定上、セイラム魔女裁判で知られるセイラム出身の魔女の家系とされています
第7シーズンの第1話「ヒキ蛙の悩み (To Go or Not To Go, That is the Question)」でサマンサがエンドラの策略によって100年に一度のセイラムでの魔女会議に出席しなければならなくなるよう仕向けられるのを発端に、3話「ついてきちゃイヤーン! (Salem Saga)」から8話「魔力を失った魔女 (Samantha's Old Salem Trip)」において実際にセイラムでロケ撮影が行われたりもしています。
前回の映画録で1942年の『奥様は魔女(1942年)』の冒頭でセイラム魔女裁判に関するシーンがあります。こうした共通のセイラム魔女裁判の描写があるので、奥様は魔女(1942年)は本作奥さまは魔女』の原点的作品とされています


bewitchedst0045.jpg
モリース(モーリス)(Maurice)演:モーリス・エヴァンス、吹替:川久保潔、島宇志夫
サマンサの父です厳格で尊大な態度の魔法使いです。娘であるサマンサを溺愛する半面、エンドラと同じくダーリンのことは見下している為に、ダーリンを「ダニエル」や「デヴィッド」と呼んで蔑んでいます。妻・エンドラとの仲は冷え切っており、顔を合わせると口論が絶えません。ただ娘サマンサのことは溺愛しているので、娘から頼まれるとダーリンを助けることがあります。

paul.jpg
アーサーおじさん(Uncle Arthur)演:ポール・リンド、吹替:浦野光→山内雅人
エンドラの弟で大変ないたずら者。姉であるエンドラとは仲が悪いです。サマンサ達を巻き込んで姉弟喧嘩を始めます。結婚まで考えた魔女のためにいたずら心を捨てた事があるが、スティーブンス家に捨てた事により大騒動に発展させている。

セリーナ(Serena)演:パンドラ・スポックス(Pandora's Box=パンドラの箱をもじったもの)=実際にはエリザベス・モンゴメリーの変名でダブルキャスト、吹替:北浜晴子
サマンサとそっくりないとこ。黒髪である点がサマンサと違います。惚れっぽい性格のためか恋愛遍歴がめちゃめちゃ多いです。見た目はサマンサと瓜二つですが、性格はわがままでエンドラも手を焼きます。
エンドラ同様基本的に人間の事は見下しているが、相手がイイ男なら人間でもお構いなく受け入れます。その自由奔放さは過去にタイムトラベルした際、ダーリンの祖先にも手を出しています(笑)。

クララおばさん(Aunt Clara)演:マリオン・ローン、吹替:関弘子
サマンサの伯母です。趣味はなぜかわかりませんが、ドアノブ収集の魔女。年のせいか魔力が衰えており、自信喪失気味になっています。空から落ちてくることもけっこうあります。魔法もよく間違えたりでサマンサとダーリンを窮地に陥れる事もしばしばあります。しかし温和な人柄のせいか夫婦からは親しまれています。
衰えに関してはエンドラを含む他の叔母たちには魔女の威厳にかかわると問題視されており、魔女の能力をはく奪したうえ残りの人生を人間以外で過ごす裁判にかけられた事がある。
演じたローンは本作の制作中、第5シーズン開始早々、1968年5月9日に心臓発作のため急死。満79歳没。没後にエミー賞 コメディ部門助演女優賞が贈られています

👔ダーリンの関係者
フィリス・スティーブンス(Phyllis Stephens)演:マーベル・アルバートソン、吹替:高村章子、麻生美代子
ダーリンの母。ダーリン同様エンドラからは会えば皮肉を言われるため、顔を合わせると一触即発な状態となる。
シリーズ途中からは頻繁に魔法を目撃するようになるが、グラディスと違い自分の頭がどうにかなったと気にするようになる。
フランク・スティーブンス(Frank Stephens)演:ロバート・F・サイモン、ロイ・ロバーツ、吹替:巌金四郎、辻村真人、館敬介、井上弦太郎
ダーリンの父。ダーリン、フィリスの扱いとは打って変わってエンドラからは、ダーリンの血縁者でありながら何故かそれなりに好意を持たれています

dabidwhite.jpg
ラリー・テイト(Larry Tate)演:デヴィッド・ホワイト、吹替:早野寿郎、追加吹替:小島敏彦
ダーリンの上司であり社長ですプライベートではダーリンと親友というほど仲がめちゃくちゃ良いです。結果に対して良くも悪くもやってくれたな。」というニュアンスでのこの野郎 !!が口癖です
ダーリンの友人としてスティーブンス家への訪問回数登場回数は圧倒的な多さです
堅物なダーリンと異なり、利益(こと大口契約)のためならあっさり意見を百八十度変えます(笑)ダーリンにクビをちらつかせるなどきわめてお調子者です。基本的に契約が全てという姿勢ではあるが、第7シーズン第13話で相手が人種差別主義者だとわかった後は、自分から契約を破棄するなど一人の人間として優しい面があります。そんな彼の人柄にダーリンはラリーに絶大なる信頼を寄せているのです。そのため、ダーリンは友人や取引相手から好待遇での引き抜きや独立を持ち掛けられた際、裏切れないと誘いを一蹴しています。
ルイーズ・テイト(Louise Tate)演:第2シーズンまでアイリーン・ヴァーノン→第3シーズンからケイシー・ロジャース、吹替:赤木靖恵→水城蘭子
ラリーの妻。
ベティ・ウィルソン(Betty Wilson)演:ジル・フォスター、吹替:増山江威子
ダーリンの秘書

🏡スティーブンス家 のお向かいさん
alicebewitched.jpg
アブナー(左)とグラディス(右)
魔法を目撃した時のグラディスの目を超まん丸にして、「あ・な・た~~~!!」と駆け込むシーンが、最高にめちゃくちゃ面白いです。
グラディス・クラビッツ(旧姓グルーバー)(Gladys Kravitz)演:第2シーズンまでアリス・ピアス→第3シーズンからサンドラ・ゴールド、吹替:川路夏子、追加吹替:京田尚子
お向かいの奥さんです。サマンサの魔法を目撃してしまってからというもの、嫌らしいくらいにスティーヴンス宅を見張っています何度もサマンサ達の魔法を目撃しますが、おっちょこちょいな性格で、夫のアブナーに訴えても全然信じてもらえません。ようやくアブナー自身が確認した時には魔法が解けてたりしてタイミングがいつも悪く、証明できないのがお約束になっています。基本的に事態を悪化させるトラブルメーカーですが、個人的な主観ですが、本作シリーズを通して最高に面白いキャラです~。

しかし、初代グラディスを演じたアリス・ピアスさんは、番組開始の時点から末期癌との診断を受けていたにも関わらず、周囲にその事実を隠して出演していたそうです。しかし第2シーズンの開始時点で病状悪化が顕著となり、結局シーズン終了を待たずして48歳で亡くなられています。第2シーズン最終話(第38話)『ズボンが落ちて』が最後の出演となり、回想シーンで登場する演出にして追悼されました。
没後にエミー賞 コメディ部門助演女優賞を贈られています
アブナー・クラビッツ(Abner Kravitz)演:ジョージ・トビアス、吹替:塩見竜介、追加吹替:麦人
お向かいのダンナさん。グラディスのご主人です。のん気性格だけど、皮肉たっぷりです。趣味は色々あるけど、あまり長続きしません。現在の基準では問題がある扱いだけど、妻の言動は基本的に精神疾患として扱っています(笑)。。
ハリエット・クラビッツ演:メアリー・グレース・キャンフィールド、吹替:麻生みつ子
アブナーの妹です。第2シーズン第30話『クサイとにらんだ』から、初代グラディス役のアリス・ピアス死去に伴い、グラディスの代役として登場。
YouTubeでちら覗き

奥様は魔女Fan#26 初代と二代目#3:グラディスさん編 First and second generation#2:Gladys edition.


奥様は魔女Fan#72 エンドラVSアーサーおじ様#1
奥様は魔女Fan


奥さまは魔女』(1964年~)・懐想記
今日紹介しているのが、今では伝説的となっているシチュエーション・コメディのテレビドラマ作奥さまは魔女(全米では1964年から~、日本では1966年から~)初登場後も何度か再放送されるたび、本作のファンを楽しまさせてくれています。
本作は日本でも大人気を得て、1980年代まで再放送が繰り返されてきました。昔からリアルタイムで観ておられた方ならもう懐かしい~の一言に尽きる作品と言えると思います。
当時、本作のどんなところが、幅広い層から人気が得られたのか、自分なりに考察してみました。
まずは魔法もののファミリーコメディー作として、魔法使いと人間の珍騒動もそれまでのファミリードラマには全くありませんでした。当時私も子供の頃、TVの前でよく家族一緒に面白く観ていましたが、子供と大人で観ている視点が若干、違っていると思いました。
子どもたちは、サマンサやエンドラやタバサちゃんなど魔法を使うシーンが面白く映っていましたが、大人の人は外国って、みんな靴履いたまま上がるのかしら?とか、家でホームパーティー開くの?アメリカの家って、敷地がみんな広そうね~。ひっつきあってないわお風呂が風変わりだ~など、どうもアメリカと日本でのでの普通の家庭における生活様式や習慣などの違いにも興味津々で視点がいっていたようですね。(笑)

そして、笑顔を交えながらの大人皮肉たっぷりの会話に大人の人たちは大笑い
つっこみが混じったり、方言が混じったりと、時には漫才コンビか?と思えるほどの当時の声優さんたちの演技ぶりもほんとに凄いと思います。
当時、奥さまは魔女より少し遅れてかわいい魔女ジニーというアメリカのシチュエーション・コメディ番組がありました。同じく魔法使いの魔女が登場してのドラマで面白かったのですが、やはり普通の家庭の中に魔法要素の入ったコメディードラマ奥さまは魔女のほうが人気があったようです。魔法をかける時の可愛らしい効果音シンプルなオープニングアニメ中村正さんのナレーションが相混ざり、多くの人に魔法をかけたのが・・・奥さまは魔女だったのです。

そして本作の大人気が、まず魔法少女ものとして、ドラマコメットさんアニメ魔法使いサリーの企画の元となり、またシチュエーションコメディとしては当時おくさまは18歳に始まる岡崎友紀シリーズにも影響を与えました日本の少女向けの多くの映像メディアに多くの影響を与えました。

聞いたことあるけど・・、懐かしすぎて・・もう一度魔法にかかってみたいあなた・・・
お勧め度👍👍👍👍👍
懐かし度🧹🧹🧹🧹🧹


【奥さまは魔女:配信先(amazon prime video)視聴】
(2013年、第1シリーズ36話、字幕版、レンタル・購入可)
bewitchedst011.jpg

👈いますぐチェックしてみるで配信サイトへリンクしています

本作『奥さまは魔女テレビドラマ版吹き替え版)が、現在配信されているサイトはありません。
配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください。

【奥さまは魔女:製作スタッフ、放送データ】
  • 製作総指揮:ハリー・アッカーマン
  • プロデューサー:ダニー・アーノルド、ジェリー・デイヴィス、ウィリアム・フロウグ、ウィリアム・アッシャー
  • 撮影体制:シングル・カメラ
  • 製作:スクリーン ジェムズ、アシュモント・プロダクションズ[1] (1971–72)
  • 配給 ソニー・ピクチャーズ テレビジョン (2002年-現在)
  • 放送チャンネル ABC
  • 映像形式:白黒 (1964–66)、カラー (1966–72)
  • 音声形式:モノラル
  • 放送期間 1964年9月17日~1972年7月1日
👇ランキングに参加しています。
押していただけるとうれしい~💛
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ 

👇ランキングに参加しています。
押していただけるとうれしい~💛


PR
【のぶちゃんからのおすすめ。U-NEXTの良いところ】

なんと言っても配信本数・見放題作品の多さは素敵です!

  • 目の悪くなってきた私にはU‐NEXTのメニューがなぜか見やすい(フォント大き目)。ありがたいです~。
  • 映画やアニメを観た後に、原作マンガや原作ドラマも簡単にチェック可能です。
  • 深堀派のあなたなら、別のアプリやサービスを使い分けることなく、好きな作品をチェック。

🖕月額プランは少々お高く感じるかもしれませんが、アニメ・映画・漫画などなどコスパに納得して楽しんでます

最新の配信状況やサービス内容、お問い合わせなどはU‐NEXTサイトにてご確認してくさいね。


【無料トライアル】

  • お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーン。
  • 特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼント
  • 1円=1ポイントで新作のレンタル視聴も手軽にできます。上手にポイントを使いましょう(*^_^*)

詳しくは、本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


PR 楽天  楽天ラッキーくじも毎日楽しい


PR オーディオブック配信サービス
【audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)】


👆オーディオブックって、プロのナレーターや声優さんが読み上げてくれるんですよ。
本は好きなんだけど目が疲れるからうれしいデス。オフライン再生もできるんですよ。

PR オルビス株式会社


(のぶちゃんのお手入れ実感)
👆肌にスッと入っていく感じが良いです。
肌のベースの手入れに注意してないと、歳をとってからシワが深くなっちゃう~。
クレンジング、化粧水、保湿クリームのベース3点でも1万円いかないから、助かります~

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR