FC2ブログ

死神でも恋をする!?『ジョー・ブラックをよろしく』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

拙いブログにお立ち寄りいただきまことにありがとうございます。
今日は、二本目の記事投稿となります。

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1998年に公開されたラブファンタジー映画ジョー・ブラックをよろしく』(Meet Joe Black)の当時の劇場鑑賞録回顧や、配信先動画視聴(UーNEXT)からの感想・考察記の投稿です
meetjoeblackmv.jpeg

【ジョー・ブラックをよろしく:作品の概要】
本作ジョー・ブラックをよろしくMeet Joe Black)は、1998年のアメリカのラヴファンタジー映画です。監督・製作は「セント・オブ・ウーマン夢の香り」のマーティン・ブレスト。脚本は「フリントストーン」のロン・オズボーンとジェフ・レノが務めています。
出演は「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のブラッド・ピット、「バスキア」のクレア・フォラーニ、「マスク・オブ・ゾロ」のアンソニー・ホプキンス他。

meetjoeblackst001.jpg

【ジョー・ブラックをよろしく:ストーリー】
ある熟年の男性ビル・パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)に、不思議な声が聞こえ始めます。
彼は独身娘の医師スーザン(クレア・フォーラニ)に、「一度くらい恋に落ちてみろ」「心を開いていれば、稲妻にうたれる」と彼女に、人生は愛無しでは生きられないことを説いてしまいます。
そんな時、スーザンは、街の喫茶店である名も知らぬまま青年(ブラッド・ピット)に声を掛けられ、ときめいてしまいます。しかし、二人が分かれた直後、青年は車にはねられてしまいます…

ビル・パリッシュは、一代で大企業を築き上げた人物でした。彼は謎の声を聞かされ始めてから、名も知らぬまま青年(ブラッド・ピット)がはねられた夜に、ビルの家族たちの食事の時に姿をみせます(死神)。
寿命が尽きたが、ガイドをすれば数日間は生きられると聞き、冷静に受け入れるビル。死神をジョー・ブラックと名付けたビルは、家族に「友人だ」と紹介し、会議も見物させたりするのです。青年の中身が死神だと知らないスーザンは、おかしいと感じながらも、ジョーへの想いを募らせていくのです…。
スーザンとの仲が深まり、初めて愛を知る死神のジョー。孤独な死神に戻りたくないジョーは、スーザンを連れて行くと言い始めるのです。しかし、それは愛ではないとビルに諭され、ジョーはスーザンを諦めようとします。
そんな死神のジョーが、置き土産としてあることを考え始めます…
meetjoeblackst002.jpg

【ジョー・ブラックをよろしく:主なキャスト】
  • ジョー・ブラック/コーヒーショップにいた青年:ブラッド・ピット(宮本充)
  • ウィリアム(ビル)・パリッシュ:アンソニー・ホプキンス(山内雅人)
  • スーザン・パリッシュ:クレア・フォーラニ(山崎美貴)
  • ドリュー:ジェイク・ウェバー(松本保典)
  • アリソン・パリッシュ:マーシャ・ゲイ・ハーデン(弘中くみ子)
  • クインス: ジェフリー・タンバー(有本欽隆)

Meet Joe Black Official Trailer #1 - Brad Pitt, Anthony Hopkins Movie (1998) HD

Rotten Tomatoes Classic Trailers
ジョー・ブラックをよろしく』・懐想記
当時、人気絶頂のころだったブラッド・ピットがストレートな美男子ぶりを見せた数少ない恋愛映画です
死神と令嬢の切ない恋を描いたラブファンタジー映画です。当時、ブラピが死神に!?ということで話題になりました。
人間界の営みを知らない死神をブラッド・ピットの好演に魅せられる作品だと思います。初めてピーナッツバターを食べるシーンのブラッド・ピットのリアクションは必見ものだと思います
それにしても、この作品でのアンソニー・ホプキンスの存在感は凄いなと思います。彼の存在感あればこその死神の存在が引き立って描写され、作品としては彼の演技に頼りすぎてるのかなとも感じるほどです。
でも、ブラピが良くないのではなく若く美しすぎるのですよ…

ファンタジーを混ぜながらも人生観や今をいかに生きるのかを考えさせられる作品。姉アリソンやその夫クインスの存在感もあって、それぞれの人生を感じさせてくれます。その上で彼らの人生観がパリッシュやジョーに披露されるシーンは結構胸にきます。26年前の作品なのに当時初見の時と、今観ると自然と作品への視点が、視点というより歳を経て同じ作品を観ると味わい方もまたひときわ違うと思います。

余談ですが、当時、初見の時、私だけかもしれませんが、物語初めで主人公のブラピが車にはねられるシーン…
思わず、私の心臓がとまるかと思いました。
みなさん、道路を渡る時にはくれぐれもよそ見しないようにね。燃え上がる恋も一瞬で終わっちゃいますよ…

meetjoeblackst003.jpg

お勧め度👍👍👍👍👉
お勧め度は作品の面白さ、仕上がり度、充実度などを👍1個2点✖5個で満点ですよ~
👉は1点
個人的な好みや主観もありますけどご参考までに
懐かし度💀 💀
懐かし度はアイコン1個が10年周期。古いほど懐かしアイコン個数が増えていきます

AD 私のお気に入り植物液

【ジョー・ブラックをよろしく:配信先(U-NEXT)視聴】
ジョー・ブラックをよろしく
(1998年、アメリカ、180分、字幕・吹替、見放題)


👆画像クリックで配信サイトへリンクしています
U-NEXT会員登録済みであればそのまま視聴できます。
会員登録ご希望の方は、【のぶちゃんからのおすすめ。U-NEXTのよいところ】もご参考に

他配信サイト 

配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください。
meetjoeblackst004.jpg

【ジョー・ブラックをよろしく:製作スタッフ、公開データ】
監督:マーティン・ブレスト(アラン・スミシー)
脚本:ボー・ゴールドマン、ケヴィン・ウェイド、ロン・オズボーン、ジェフ・レノ
製作:マーティン・ブレスト
製作総指揮:ロナルド・L・シュワリー
音楽:トーマス・ニューマン
撮影:エマニュエル・ルベツキ
編集:ジョー・ハッシング、マイケル・トロニック
製作会社:シティ・ライト・フィルムズ、ユニバーサル・ピクチャーズ
配給:アメリカ合衆国 ユニバーサル・ピクチャーズ、日本 UIP
公開:アメリカ合衆国の旗 1998年11月13日、日本 1998年12月19日
上映時間:181分(オリジナル)、129分(アラン・スミシー版)
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語
製作費:$90,000,000[1]
興行収入:$142,940,100[1]
配給収入:14億円[2] 日本
meetjoeblackst005.jpg
[1]“Meet Joe Black (1998)”. Box Office Mojo. 2024年3月17日閲覧。
[2] 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)586頁
👇ランキングに参加しています。
押していただけるとうれしい~💛
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ 

👇ランキングに参加しています。
押していただけるとうれしい~💛


PR
【のぶちゃんからのおすすめ。U-NEXTの良いところ】

なんと言っても配信本数・見放題作品の多さは素敵です!

  • 目の悪くなってきた私にはU‐NEXTのメニューがなぜか見やすい(フォント大き目)。ありがたいです~。
  • 映画やアニメを観た後に、原作マンガや原作ドラマも簡単にチェック可能です。
  • 深堀派のあなたなら、別のアプリやサービスを使い分けることなく、好きな作品をチェック。

🖕月額プランは少々お高く感じるかもしれませんが、アニメ・映画・漫画などなどコスパに納得して楽しんでます

最新の配信状況やサービス内容、お問い合わせなどはU‐NEXTサイトにてご確認してくさいね。


【無料トライアル】

  • お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーン。
  • 特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼント
  • 1円=1ポイントで新作のレンタル視聴も手軽にできます。上手にポイントを使いましょう(*^_^*)

詳しくは、本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


PR 楽天  楽天ラッキーくじも毎日楽しい


PR オーディオブック配信サービス
【audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)】


👆オーディオブックって、プロのナレーターや声優さんが読み上げてくれるんですよ。
本は好きなんだけど目が疲れるからうれしいデス。オフライン再生もできるんですよ。

PR オルビス株式会社


(のぶちゃんのお手入れ実感)
👆肌にスッと入っていく感じが良いです。
肌のベースの手入れに注意してないと、歳をとってからシワが深くなっちゃう~。
クレンジング、化粧水、保湿クリームのベース3点でも1万円いかないから、助かります~

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR