FC2ブログ

ネコタイヤ交換

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

◇本ページはプロモーションが含まれています。

<(_ _)>拙い当サイトにお立ち寄りいただき誠にありがとうございます。
我が家の庭作業をする前にネコ車のタイヤがパンクしているので、新しくすることにいたしました。我が家では、庭作業で使うことがほとんどでございます。
👇ネコ車といえば、建築現場や農作業場や色々なところで見かけます。
nekokuruma1.jpg

👇これが新しいネコ車のタイヤ。これは、シンセイ ノーパンクタイヤ。このタイヤの良いところは泡ウレタンフォーム一体成型を使っているので、パンクの心配がないこと、空気が抜けることがないので空気入れも必要がないこと、通常の一輪車タイヤと同サイズなのでほとんどの一輪車に装着可能です。
nekokuruma2.jpg

👇新しいタイヤを装着するために古いタイヤを取り外しましょう。これが、錆びついていてなかなか取れないんだなあ~
nekokuruma3.jpg
👇古いタイヤを取り外したあと。
nekokuruma4.jpg
👇新タイヤを取り付けして、ボルトを締め付けしておしまい。
nekuruma5.jpg
新しいタイヤを装着したネコ車
nekuruma6.jpg
??そういえば、何故この一輪車をネコ車と呼ぶのでしょうか??
これを手押し車、一輪車、と呼ぶのは理解できます。なぜネコ車と呼ぶのか?ふと疑問がわいた。私の記憶だと亡くなった父は建設業界で長年働いていたが、これは一輪車とよんでいました。
母方の実家は、農業をしていてこれをネコ車とよんでいました。従事している仕事などによって、呼び方が違うようになったのでしょうか?

自分なりに調べてみると、一輪車は二輪車や三輪車と違い、狭い現場の足場の上を自由自在に動けるところから「猫」とついたとする説。
この一輪車を収納する際、逆さにしたところ、その様子がネコの背中に似ているからついたとする説。

また昔は川の河口やや海岸で砂鉄をねこと呼んでいて、昔(奈良時代)から山からとれる鉄鉱石(ねこ)を運ぶ車をねこ車と呼ばれるようになったとも言われています。

いったい、いつごろからネコ車と呼ぶようになったのだ?

誰かおせーて!!

「還暦前のおっさんがボーっと生きてんじゃあねえよ!!」


ランキングに参加しています。応援クリックよろしく(^_-)-☆。
ランキングに参加しています。応援クリックよろしく(^_-)-☆。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ

AD

●≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。

植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます。

AD
意外と楽しい♬お買い物マラソン

AD

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?


AD

コメント

michiru

No title
タイヤ+ホイールが新しくなったら、見栄えがよくなりましたね(^^)

のぶさん

Re: No title
ネコ車とはいえ、タイヤを替えると庭仕事へのヤル気が起きてきました。

みやbee

にゃんでかな?
「ネコ車」という単語を初めて聞きました。うちにも一台ありますが「一輪車」以外の呼び名を使ったことがありません。
農作業ついでにネコを乗せて運んだ?
おっと、チコちゃんご勘弁を〜(^^;;

のぶさん

Re: にゃんでかな?
いろんな人にも聞いてみたけど、「一輪車」と呼ぶ人が多かった気がします。でも「ネコ車」の呼び名で理解してる人もけっこういました。いつの時代にか「ネコ車」の呼称も消えていくのかな???

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR