FC2ブログ

異例のワンキャラ、アニメーター作品 映画『シリウスの伝説』

日本のテレビアニメ昭和徒然史
02 /17 2022
◆◆1981年は、7月18日に映画『シリウスの伝説』が公開されています。今回は『シリウスの伝説』の紹介です。
本作は、製作当時としてもすでに珍しくなっていた、24コマ/秒のフルアニメーション、ハンドトレスで撮影されています。また、これも当時の国産アニメーションとしては大変異例の、ワンキャラクター=ワンアニメーター制を採用するなど、前作『星のオルフェウス』の製作によって得たアメリカのアニメーション製作のノウハウを生かしています。さらに、サンリオでは、アニメーションとしては当時初めてのフル編成のNHK交響楽団の演奏と映像の競演を特に『シンフォニメ』と呼ばれました。
興行的に大きな成功には至りませんでしたが、作品の内容は、ロミオとジュリエットを、火と水の世界に置き換え、さらに多くの謎を持つシリウスという神話的な天文の世界の中に構築した物語となっています。
🧐個人的にフルアニメの画は好きです。しかも本作は、ワンキャラクター=ワンアニメーター制、フル編成のNHK交響楽団の演奏と映像の競演といい、大変手間のかかる作品でありますが、丁寧に表現され、素敵な作品に仕上がっています。

『シリウスの伝説』

『シリウスの伝説』制作データ
原作・企画・製作:辻信太郎
プロデューサー:波多野恒正
監督:波多正美
脚本:桂千穂、波多正美
設定協力:鏑木昌弥、高橋良輔
キャラクターアニメーション:山本繁
エフェクトアニメーション:赤堀幹治
美術:阿部行夫
仕上設定:福永雅子
撮影監督:八巻磐
編集:古川雅士
音響監督:林昌平
音楽:すぎやまこういち
演奏:NHK交響楽団
主題歌:サーカス 「愛のカンタータ」 「時よゆるやかに」 作詞:山上路夫 作編曲:すぎやまこういち 
〔キャスト〕
シリウス:古谷徹
マルタ:小山茉美
チーク:榊原郁恵
モワル:宇野重吉
グラウコス:内海賢二
テミス:武藤礼子
ピアレ:潘恵子
マブゼ:鈴木ヒロミツ
リー:松島みのり
ルー:野村道子
タツノコ:間嶋里美、川島千代子、山本圭子
マブゼの子分:はせさん治、大竹宏、矢田耕司
砂っぺ:田の中勇、八奈見乗児
火の子達:中野聖子、杉原未樹、鈴木富子、高木ゆう子
その他:佐藤正治、寺田誠
【『シリウスの伝説』ストーリー】
火の女王テミス
太古の昔、かつてこの地上には、真っ赤に燃える火と、もうもうと立ち込める水煙が一かたまりとなって渦巻いていました。火の女王テミスと水の王グラウコスは、とても仲がよい姉弟でした。それを嫉んだ風の神アルゴンが、二人を妬み、互いの陰口を吹き込みました。
今まで互いに信じていただけに、裏切られた思いの二人は、激しく怒り憎しみ合うようになり、テミスは陸に炎の宮殿を、グラウコスは海に水の城を築き、一族同士も決してまじわることがなくなってしまいました。宇宙を支配する大神は、このいさかいの原因となったアルゴンに腹を立て、その力の源である目玉を抜き取り、アルゴン自身も海の底に閉じ込めてしまいます。
水の王

はるかな時が過ぎ、グラウコスよりアルゴンの目玉を授かった水の精シリウスとテミスの娘マルタは、ひょんなきっかけから出会い、愛し合うようになってしまいます。しかし、それぞれの一族の掟により、それぞれの王に見つかり捕らえられてしまいます。ふたりはそれぞれ一族の王となったものの想いは募るばかり。なんとか幽閉から逃れ、二人はオオガメのモワルから「火と水がともに仲良く暮らせる星」の伝説を聞き、その星に旅立つため、二人は90年に一度だけその星へと胞子が飛び立つクライン草の咲くメビウスの丘へと向かうのですが…


Legend of Sirius (シリウスの伝説)- The Sea Prince and the Fire Child [ JP - English CC! ]


🎧 歌:サーカス / シリウス伝説【プロローグ~愛のカンタータ】


サーカス 「シリウスの伝説」より 愛のカンタータ ~ 時よゆるやかに (1981)

★フルアニメ(フルアニメーション)とは何ぞや?
フルアニメというのは、アニメーションの表現方法の一つで、全体の滑らかな演技を自然に描写したものをさしています。止め絵や部分的な演技を多用したリミテッド・アニメと対立的に扱われることが多いのですが、その定義やリミテッド・アニメとの境界線は実際は明確なものではありません。

アニメーション映像は、秒間24コマの記録形式が一般的なのですが、伝統的なフルアニメーションでは1コマ毎に絵が変化する「1コマ打ち」(秒間24枚)または2コマ毎に絵が変化する「2コマ打ち」(秒間12枚)が多用されています。日本のリミテッド・アニメでは3コマ毎に絵が変化する「3コマ打ち」(秒間8枚)が多用されています。ただし3コマ打ちであれば必ずしもリミテッド・アニメである訳ではなく、相応な演技が実現されていればフルアニメーションに位置付けられる場合もあるようです。実際、観る側からの視点にたてば、大きな違いはわかりにくいものです。
この記録形式の違いは、むしろ制作側が、作品を表現するための技術と理解していたほうがよいのかもしれません。観る側としては、その違いの差はわかりにくいかもしれません。フルアニメをちょっとわかりやすい比較をした動画がありますので参考にしてください。👇一言でいうならフルアニメはヌメッとした滑らかな動きになります。

代表的なフルアニメーションの作品としてはウォルト・ディズニー製作の『白雪姫』(1937)があります。




▲24fps歩きの違いを比較【フルアニメ、2コマ打ち 3コマ打ち】
実際に動画で観るとわかりやすいです。ありがとうございます。


にほんブログ村 アニメブログへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ

にほんブログ村

👆励みになります。ポチっとな



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

のぶさん

55歳から短い脚で、二輪にまたがり、還暦峠も越えて、人生下り坂のアニメ好きジジイでございます。人生、特に極めることもなく、カラータイマーが点滅中(o|o)