FC2ブログ

一瞬に消された街・アニメ映画『はだしのゲン』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

いつも拙い当ブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。_(._.)_

🔶今日のアニメの徒然小道では、1983年7月21日に公開された劇場アニメ映画はだしのゲンが公開されました。当時の劇場鑑賞、および配信先動画視聴からの感想(懐想記)の投稿ですが、今回は本作の紹介とともに私の記憶をお話したいと思います。
はだしのゲン

【はだしのゲン:作品の概要】
はだしのゲンは、中沢啓治氏による、自身の原爆の被爆体験を元にした自伝的漫画作品です。同漫画を原作とし、実写映画やアニメ映画・テレビドラマも製作されています。戦中戦後の激動の時代を必死に生き抜こうとする主人公中岡ゲンの姿が描かれています。

本作を原作としたアニメ作品は1983年7月に『はだしのゲン』、そして1986年6月に『はだしのゲン2』が公開されています。1995年8月5日・6日に、原爆投下50年にRCCテレビの昼間のローカル枠で広島県向けの原爆特別番組として『はだしのゲン』・『はだしのゲン2』が放送されていました(朝日新聞広島全県1995年8月5日および8月6日朝刊テレビ欄)。製作はゲンプロダクション、アニメーション制作はマッドハウスさん。

原作者中沢啓治氏が、漫画や実写映画では描ききれない原爆の実情を表現したいとの意図で一部私財を投じて製作されています。ここでは、アニメ映画『はだしのゲン』をご紹介します。
gen001 (1)

【はだしのゲン・原作の概要】
自伝的な作品で、作中のエピソードの多くも中沢さんが、実際に体験したことです。作者は当作を反戦漫画として描きたかったのではなく、それ以上に「踏まれても踏まれても逞しい芽を出す麦になれ」という「生きること」への肯定の意味を込めて「人間愛」を最大のテーマとして描いています

母親を火葬した際に骨が残らなかった、という作中にもあるエピソードが、中沢に広島原爆の被爆を題材とした漫画を描かせるきっかけとなりました。発表分の末期は、終戦から何年も過ぎた戦後の内容となっており、昭和天皇に対する批判やアメリカ軍およびアメリカ合衆国に対する批判、警察予備隊(後の陸上自衛隊)発足に対する批判する内容も含んでいます。ただし、その時期の話にも原爆の傷痕は、根強くしっかり描かれています。

作品の内容、表現などについては様々な意見があるのですが、作者の中沢さんの実体験に基づく原爆の惨禍や当時の時代背景・世相風俗を表現していながら、エンターテインメントとしても読ませる作品として国内外での評価は高く、映画・ドラマ・アニメ・ミュージカル・絵本・講談化もされています。2010年6月調査のgooランキング「読んでおきたい日本史モノマンガランキング」の第1位に選ばれています

2007年5月30日からウィーンで開催された核拡散防止条約(NPT)運用検討会議の第1回準備委員会で、日本政府代表団は、本作の英訳版を加盟国に配布されています。外務省が英語版30冊を出版社から譲り受け、今後も「漫画外交」を活発に展開させる予定と報じられていました (共同通信 (2007年4月29日). “はだしのゲンで核軍縮訴え 外務省、NPT会議で配布”. 47NEWS (全国新聞ネット). オリジナルの2013年8月24日時点におけるアーカイブ。)。

2018年9月時点で累計発行部数は1000万部を突破しています。アニメ作品で描かれた原爆投下による表現描写は、1989年に公開された東映映画『黒い雨』(監督今村昌平)での参考とされました
当初はVHSやベータで映像ソフト化され発売していたものの、長らく廃盤となっていましたが『はだしのゲン』、『はだしのゲン2』ともに、広島への原爆投下60年忌にあたる2005年8月6日にジェネオンエンタテインメントよりDVD化して発売されました。アメリカでもDVDが発売されています。(ウィキペディアより引用)
D7svQy-XoAAbcqB.png

【はだしのゲン:ストーリー】
第二次世界大戦中、中岡家は貧しい中でも互いに支え合って暮らしていました。
しかしその生活も一発の原子爆弾によって、すべてが灰になってしまいます。母と共に生き残ったゲンは、めげずにたくましく生きようとするが、戦争の悲劇は、どこまでもどこまでもつきまといます…。
1200x675.jpg


【はだしのゲン:主なキャスト】
声の出演
  • ゲン:宮崎一成
  • 進次/隆太:甲田将樹
  • 英子:中野聖子
  • 父:井上孝雄
  • 母:島村佳江
  • 英造:青野武
  • 政二:森功至
  • ハナ:中西妙子
  • 朴:西村淳二
  • 主人:北村弘一

はだしのゲン』・懐想記
本作は作者・中沢啓治氏御本人の被爆体験を元にした同名漫画作品をアニメ化されたものです。当時の人々の貧しさや不幸を美化することなく描き、戦争の悲惨さ、原爆の恐ろしさを強烈に表現しています。
34-002-02原爆ドーム
原爆ドーム
所在地は広島県広島市中区大手町1丁目10。原子爆弾投下の目標となった相生橋の東詰にあたり、西から南にかけては元安川を挟んで広島平和記念公園が広がっています

1945年(昭和20年)8月6日8時15分に、日本の広島市に投下された原子爆弾の悲惨さを今に伝える建造物(被爆建造物)です。広島平和記念碑とも呼ばれています。もとは広島県のさまざまな物産を展示するための広島県物産陳列館として開館され、戦中から原爆投下時までは広島県産業奨励館と呼ばれていました。
ユネスコの世界遺産(文化遺産)(ID775)に登録されており、平和を訴える記念碑として、特に負の世界遺産と呼ばれています。「負の世界遺産」という表現そのものには厳密な定義はないが、他にアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所や、バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群などがその例とされています。

私は戦後15年後に、広島市内で生まれました。戦後生まれとはいえ幼いころからこの原爆の無残さ、戦争の悲惨さは言葉にしにくいほどの思いがあります。そのことは、今でも記憶にはっきり残っています。

幼い小学校3年生の頃、はじめて、ご近所のおばちゃんから自らの体で、被爆の傷跡を見せられた時の衝撃。

そして自分の目から涙が止まらなくなった日の事は今でも覚えています。

我が家のお向かいの女の子。今でもその子の名前も覚えています。自分の見た目では、私よりも小さく、口もうまく喋れないので私より年下の女の子だと思っていました。
ある日、その子のお母さんから「実はね、のぶちゃんより7歳も年上なんだよ被爆の影響だろうね。もう、これ以上、大きくならないんだろうねェ。」お母さんが、私につぶやくように話しかけてくれた。
視線を落とせば、その子が「ゥ~、ア~~」とかいいながら、私の手を握っている。

私は泣きながら、「いっしょに遊ぼ!
アア~
成長が止まってしまい、喋ることさえ不自由になってしまったのです。

私が中学の時に、凄く風のように早く走るクラスメートがいました。私はいつも必死で走っても彼の背中をみるだけでした。ある日突然目の前で倒れてしまい、その日を境に学校にこなくなりました。

一月後に彼の姿を見た時、彼の片足が手術で一本無くなっていました。
三か月後、彼はお母さんに付き添われてきた時、もう一つの脚を手術で無くしていました。
彼のお父さんは、被爆からによる病でなくなり、お母さんが一人で育てていました。
お母さんの涙と担任の先生の髭を伝う涙が全てを語っていました。
教室を去る時「のぶちゃん、君はもっと速く走れるはずだよ…」最後に聞いた言葉でした。

数日後、先生がまた髭から涙を落としながら、彼の机の上に花束を置きました・・・
みんな、椅子から立ち上がれなくなりました。
被爆していないのに突如悪性腫瘍のため、手術、治療のかいなく…
でも、みんなは一緒に卒業したいからと卒業アルバムには、彼の写真も一緒に載せてもらいました。

戦争が、一発の原子爆弾の光が人の未来まで変えてしまった・・・

他にも不幸にも両親の健康悪化によって、転校を余儀なくされてしまった友達もいました・・・

私は、戦後生まれで歳を積み重ねていっているけど、この目で見たこと、聞いたこと、感じたことは絶対話しておきたいです。私にできる最後の仕事かもしれません。

今日ご紹介している『はだしのゲン』ご覧になったことがない方は、是非一度は本作を見て、戦争や原爆のもたらした悲惨さという一つの事実を感じていただきたいと思います。

原爆ドーム、立ち寄られたことのない方は機会があれば、是非ご覧になっていただきたいと思います


【はだしのゲン:配信先(U-NEXT)視聴】
はだしのゲン
(1983年、83分、見放題)

画像クリックで配信サイトへリンクしています。U-NEXT会員登録済みであればそのまま視聴できます。会員登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです


【はだしのゲン:製作スタッフ】
  • 原作・脚本・製作者:中沢啓治
  • 監督:真崎守
  • 設定:丸山正雄
  • 作画監督・キャラクター設計:富沢和雄
  • 美術監督:男鹿和雄
  • 色彩設計:西表美智代
  • 撮影監督:石川欽一
  • 編集:尾形治敏
  • 音響監督:明田川進
  • 効果:倉橋静男(東洋音響)
  • 音楽:羽田健太郎
  • 主題歌:HARRY 「今すぐ愛がほしい」 エンディング:「どこから来てどこへ行くのか」
  • 録音:アオイスタジオ
  • キャスティング:青二プロダクション
  • 現像:東京現像所
  • プロデューサー:吉元尊則(汐文社)・岩瀬安輝(マッドハウス)
  • 協力:中国放送

【はだしのゲン:楽曲】
楽曲

👆
オープニングテーマ:HARRY 「今すぐ愛がほしい(作詞:真崎守 作曲:羽田健太郎)

👆
エンディングテーマ:HARRY「どこから来てどこへ行くのか(作詞:真崎守 作曲:羽田健太郎)
👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ

【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR


約19,400通の声から誕生した大人のニキビケア


PR

最大10%還元される「ポイント機能」によって、利用すればするほどよりオトクにご購入!「colleize(コレイズ)」


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR