FC2ブログ

闇で輝く!昭和のダークヒーローたち③『妖怪人間ベム』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます



🔶今日のアニメ徒然小道では、闇で輝く!昭和のダークヒーローたち3回目として1968年にテレビ放送されていた異色のアニメ作品、妖怪人間ベムようかいにんげんベム)の感想・考察記(懐想記)のリニューアル投稿します。
bemmv1968.jpg

【妖怪人間ベム:作品の概要】
『妖怪人間ベム』は、1968年(昭和43年)10月から1969年(昭和44年)3月までフジテレビ系列で放送されました。

いつどこで生まれたのか、誰も知らない、人間でも動物でもない異形の怪物――それが「ベム」「ベラ」「ベロ」と名乗る3人の「妖怪人間」である。時には人々に迫害され、また時には友情を育みながら、いつか人間になれる日を夢見て、彼らは世に仇なす悪と戦い続けていきます。

1話完結形式で、ベム、ベラ、ベロが3人で各地を放浪しながら妖怪を退治していく展開でした。同年にはフジテレビで先行して東映動画の『ゲゲゲの鬼太郎』が放送されていますが、本作はよりホラー色が強く、西洋的な異国の雰囲気が漂っています。この時期には他にも、『怪物くん』(TBS)、『怪奇大作戦』(TBS・円谷プロ)、『河童の三平 妖怪大作戦』(NET・東映)、『バンパイヤ』(フジテレビ・虫プロ商事)などが放送されており、妖怪ブームの感じがありました。
bemu002.jpg


【妖怪人間ベム:ストーリー】

人間になりたくて、人間になれない。

宿命の生きものである

妖怪人間の魂の叫びが、闇を裂く。

正義のために戦う超能力を持つ人間を作ろうとして生まれた妖怪人間のベム、ベラ、ベロ。彼らは姿形こそ醜いが、その心は平和を愛する正義の味方だった。だが、妖怪人間であるために人間から怖がられ、彼らは警察から追われる身となってしまいます。
bemu003.jpg


【妖怪人間ベム:エピソード】
エピソードリスト
1968年
No.1 10月7日 恐怖の貨物列車
No.2 10月14日 階段を這う手首
No.3 10月21日 死びとの町
No.4 10月28日 せむし男の人魂
No.5 11月4日 マネキン人形の首
No.6 11月11日 悪魔のろうそく
No.7 11月18日 呪いの幽霊船
No.8 11月25日 吸血鬼の寺
No.9 12月2日 すすり泣く鬼婆
No.10 12月9日 墓場の妖怪博士
No.11 12月16日 恨みの鏡
No.12 12月23日 恐怖の黒影島
No.13 12月30日 ミイラの沼
1969年
No.14 1月6日 怪奇の森
No.15 1月13日 狙われた目玉
No.16 1月20日 山荘の妖鬼
No.17 1月27日 博物館の妖奇
No.18 2月3日 謎の彫刻家
No.19 2月10日 古井戸の呪い
No.20 2月17日 鉄塔の鬼火
No.21 2月24日 怨みの髪の毛
No.22 3月3日 死者の門
No.23 3月10日 悪魔の化粧
No.24 3月17日 人面の悪鬼
No.25 3月24日 ベロを呼ぶ幽霊
No.26 3月31日 亡者の洞穴
bemu004.jpg
ベム、ベラ、ベロは、一つの細胞から分裂して誕生しました。しかし、人間でいうところの夫婦や親子関係ではありません。
仲間なのです

【妖怪人間】
人間になれなかった人造生物です

時代と共に悪がはびこる世を嘆いた、とある科学者[注 1]が人間を造ろうとし実験するも失敗し、研究は中断、そして科学者は死に、放置された3つの分裂した細胞が壷の中の培養液から奇跡的に生き延び、ある日突然誕生したのです。

当初は自分たちを人間と思い、自覚のないまま妖怪姿のままで人前に現れ、そのあまりの醜さから人々に疎まれてしまいます。その後、闇に隠れて洞窟で暮らしていたが、人間になるという欲をを抑えられず、やがて人間に近い状態に変身することを覚えてしまいます、世の中のためになる良いことを行えば、早く人間になれると考え、妖怪や悪人を退治するあてのない旅を始めます。
普段は人間によく似た姿をしているのですが、手の指が3本、血液が鮮やかな緑色などの違いがあります。強力な妖怪、悪魔、悪霊などと戦う時は本来の姿に変身し、様々なけた外れの能力を発揮します。
本来の姿の彼らは爬虫類あるいは甲殻類が人型を模したような外形で、指先には鋭い鉤爪がある。また、男性体であるベムとベロは体格の大小以外はほぼ同じ姿だが、ベラだけは赤くクセのある長い頭髪があり、その他の身体各部もかなり形態が異なっています。

注1) 草野和雄プロデューサーによると、科学者の名は「マンストール」 。第1作10話に登場する同名の人物との関係は不明。



【妖怪人間ベム:主なキャスト】
ベム:小林清志
50歳くらいの男性の姿を仮の身体とした妖怪人間。
身長190cm。一人称。浅黒い肌にスキンヘッドで逞しい体つきをしている。タキシード風の黒スーツに赤いシャツ、白のアスコットタイ、黒いソフト帽を身に付けています。他の2人と同様に尖った耳と3本指を持つが、変身前から黒目(虹彩と瞳孔)が描かれておらず、左右の上顎犬歯が長く目立つ点が他の2人とは異なる。
3体の妖怪人間の中では一番年上で、強い正義心と力、深い洞察力を持つ。正しい人間を守り、人間社会に尽くすことが自分たちが人間になれる唯一の道であると信じています
性格は真面目すぎるくらいで、おちゃらけたり、ふざけたりは絶対にしません。愛煙家ではありませんが酒場で嗜む程度くらいです。
一番小さいベロを温かい眼で見守る、父親のような存在でもあり、ベロに対しては「信じたことを簡単に諦めず、正義を守り悪をこらしめ、すべての人間を理解し、分け隔てなく接し、人間に危害を加える者には断固として戦う、たくましい精神だけは育てていきたい」と考えています。しかしベム自身も、「人間になる」とはどういうことか、真の意味での「人間らしさ」とは何かということについて、常に悩み、考えています
強敵に対しては、妖怪の姿に戻って戦います。その足蹴りの威力は大岩をも砕き、また鋼鉄のステッキを常時携帯していて、それも武器にしています。戦闘能力は高く、動作も非常に敏捷です。跳躍力や腕力もずば抜けており、ステッキがなくとも高い格闘力を誇る。3人の中では最強だが、体力の消耗が激しいのが欠点。見ためは獣性であるが噛付きや引掻きは一切せず、人間の格闘家のようにスマートな戦術である。3人の中で唯一、変身の掛け声があり「ウ〜ガンダー!」と唱えながらステッキを身構えます。

ベラ:森ひろ子
27 - 28歳くらいの女性の姿を仮の身体とした妖怪人間。
身長170cm。一人称は「アタシ。紫色のローブのような服と赤いマントを身に着けています。“BELA”の“LA”はY因子、女性を意味し、LadyのLaでもある。
強気で短気だが、情にもろく、面倒見が良いです。綺麗事は言わない主義です。斜に構えた口調ながら「ベラの鞭は痛いよ!アタシは悪い奴が大嫌いでね!!」と前口上を述べる場合が多いです。本質的には正義です
ベムに従順であるが、時に欲求不満が昂じてヒステリックになるときがあります。地道に生きるベムとは対照的に、要領良く立ち回るべきと主張したりもする。
正義感は人一倍強く、人間・妖怪を問わず不正や悪事を働く者は許しません。しかし悪を憎むあまり、悪人を懲らしめる行動に行き過ぎがあり、ベムにたしなめられることがあります。ベラは本当に人間になれる日が来るのかどうか、実は心の底では疑問を抱いています
左手首には常に腕輪をつけており、それを伸ばして鞭として武器としています。爪が数センチメートル伸び、鉄板や石塊を引き裂くこともできます。足蹴りの威力は、大木をも倒す。変身態の活躍よりは素顔時に使う妖術が得意。
変身後は頭髪が黒い直毛からクセのある赤い髪に変わり、体色は青色になる。また、黒目が消え、腹部に蛇のような蛇腹が現れる。人間・妖怪のどちらの姿でも様々な妖術を駆使することができます。人間に恐怖を起こさせる能力に秀でています。作中3人の中では一番変身の回数は少なく、能力的にも未知数な部分が多いです。

ベロ:清水マリ
タイトル名からするとベムが主人公のように見えますが、実はベロが本作の主人公です。8歳くらいの男児の姿を仮の身体とした妖怪人間
身長110cm。一人称は「オイラ3体の中で一番成長が遅い生命体。首から下は赤い全身タイツのような服装で、頭髪は青く、頭頂部が1本角のように立っている。“BELO”の“LO”はLow、Littleを意味しています。
好奇心旺盛で遊び好きな、どこにでもいる子供である。それだけに友達が欲しく、一番人間になりたがっています。何にでも興味を示し、どんな人間にも分け隔てなく接する、非常に社交的な性格。また、楽観的で、落ち込んでも決して後に尾を引かない。
ベロは人間と妖怪との区別が不得意で、人間が自分たちを拒絶することが不思議で、悲しく思っている。だが、そのために必要以上にジメジメすることもないのは現代っ子と同じです。
明朗活発、無邪気ですが、時としてそれが自分の危機を招みます。嬉しい時は逆立ちをする。体は柔らかく、人間で言えばスポーツ万能。器械体操的な動きが得意です。しかし、肉体・精神共に幼稚なのでベムとベラの助力が常に必要です。ベムを絶対的に信頼し、尊敬しているので、ベムの教えは忠実に守ります
人間に危害を加える者に対し、自らの身の危険を省みず立ち向かう勇気を持っています。しかし怖いもの知らずで単独行動に走り、危険に身をさらすことがあります。好きな食べ物は生肉やニワトリの頭、苦手な食べ物はケーキなどの甘いもの。
変身後の姿はベムと似ているが、体色と手脚の太さが異なる。俊敏になり多少は戦闘力も増すが、それでもベムに比べると格段に劣り、敵と渡り合うには荷が重すぎる存在です。

オープニングナレーター - 城達也


妖怪人間ベム』・懐想記
ホラーテイストに満ちた独特のストーリーは、当時の私達が子供の心をわしづかみにし、最高視聴率20%を超えるヒットを記録しています。幾度もの再放送に加えてアニメのリメイク、実写ドラマ化なども行われ、誕生から55年を経た今も、はやく人間になりたい!!という妖怪人間たちの願いの言葉とともに語り継がれる名作となっています。
とにかく観られたことない方は、是非、一度はご覧になっていただきたいと思うアニメ作品です。

最初に子供の頃、観た時衝撃を受けました。ヒーローやヒロインに憧れていた子供時代ですが、怪物のはずなのにどこか人間臭い。しかし、彼らは、人間になりたいという。
大人になってから見るとその矛盾がたまらない魅力の作品に感じる作品です。
この古くて古典的なアニメ作品は、この後、リメイクやドラマ化を受けていくことになるのですが、いったいどこに魅力があるのでしょうか?無国籍風のダークな世界観を背景に、各地を放浪するベム、ベラ、ベロの3人の「妖怪人間」が、世にはびこる様々な悪と対決していく姿を描いています。

私は、子供の頃に観るより、大人になってからみるとその、その魅力はベム、ベラ、ベロの3人の心の不安を描いたドラマだからだと思います。3人とも共通して人間になりたいという思いは同じです。でもエピソードが進むにつれて、人間らしさとは何か?自分たちは本当に人間になれるのか?と様々な不安に苛まれるようになっていきます。
色々な思いが交錯する中で、人間のためにと戦って旅を続けながら静かに去っていく後ろ姿は前回記事で紹介した『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎が事件解決して去っていくときの後ろ姿と重なって見えるのです。

個人的な意見ですが、昭和のヒーローやヒロインには、必ずといっていいほど哀愁のある人間臭い後ろ姿のようなものを強く感じる時がよくあります。本作『妖怪人間ベム』などのように、ベースがダークホラーな世界観を持つ作品だけに、キャラの哀愁のような雰囲気が余計に引き立ってみえるのです。

このあたりの魅力が『妖怪人間ベム』の隠れた人気が、忘れられずにリメイクをうけたりする理由なのだと思います。

私と同じシニア世代の方でも、作品だけは聞いたことある方にもおすすめの作品です。
👍👍👍👍👍�

もいちど若くなりた~い!!

無理ばい!(笑)
bero1968adk.jpg


 
【妖怪人間ベム(1968年):配信先(DMM TV)視聴】
妖怪人間ベム』☚今すぐ見る
(1968年、全26話、見放題)
a406cd0e.gif
今すぐ観るで配信サイトへリンクしています。DMM TV会員登録後、視聴できます。
初回登録30日間無料トライアルサービス付きです

他配信サイト


※配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください。

【妖怪人間ベム(1968年):製作スタッフ、公開データ】
  • 原作:さかいさぶろう
  • 連載:講談社『ぼくら』
  • 企画:第一動画
  • 制作担当:庵原和夫
  • 脚本:足立明(A・L・C・A)
  • 監修:なついじゅん
  • 演出:柳田灸次郎、佐々木治次、若林忠生[13]
  • キャラクターデザイン:若林忠生
  • 作画監督: 森川信英
  • 原画:藤原万秀、楠本勝利、鈴木道弘、ほか
  • 美術監督:草野和郎
  • 背景:関俊六、五十嵐忠司、小関俊之、ほか
  • 色彩設定:木村和夫
  • 撮影チーフ:稲谷昭一郎
  • 音楽:宇野正寛
  • 録音:東北新社、KRCスタジオ
  • 効果:赤塚不二男
  • 制作協力:東洋放送
  • 現像:東洋現像所
  • 製作:第一動画
  • 放送期間:1968年(昭和43年)10月7日~1969年(昭和44年)3月31日 全26話
  • 放送局:フジテレビ系列
  • 話数:全26話
bero1968.jpg
左ベム。真ん中ベロ。右ベラ

【妖怪人間ベム(1968年):主題歌】
オープニングテーマ

👆妖怪人間ベム -オープニング- 「人面の悪鬼」
妖怪人間ベム
作詞 - 第一動画 / 作曲・編曲 - 田中正史 / 歌 - ハニー・ナイツ
エンディングテーマ

👆妖怪人間ベムED
ベロは友だち
作詞 - 第一動画文芸部 / 作曲・編曲 - 宇野正寛 / 歌 - 山田淑子、コロムビアゆりかご会、劇団こまどり

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他生活ブログ おうち時間へ

PR
【DMM TV会員登録について】

新の配信状況はDMM TVサイトにてご確認ください。

★特にアニメ話題作に強く、新作アニメの見放題作品数と先行配信数はNo.1(2023年4月時点)となっております

本記事バナー広告クリックからDMM TVサイトへ

【DMM TVの特長】

DMM TVはアニメ・エンタメ作品が充実した動画配信サービス!

初回登録なら30日間無料!

月額550円の「DMMプレミアム」に登録すると

★話題の新作アニメ

★DMM TVオリジナルのバラエティ・ドラマや独占配信作品

★充実の実写ドラマ、映画ラインナップ

などが見放題となります。


PR


約19,400通の声から誕生した大人のニキビケア


PR

最大10%還元される「ポイント機能」によって、利用すればするほどよりオトクにご購入!「colleize(コレイズ)」


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR