FC2ブログ

獣の数字666『オーメン』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1976年に公開されたイギリス・アメリカのホラーサスペンス映画オーメンThe Omen)の当時の劇場鑑賞、TV放映やレンタル視聴および配信先動画視聴(DMM TV)からの感想(懐想記)の投稿です。
omenmv.png

【オーメン:作品の概要】
オーメンThe Omen)は、1976年に製作されたイギリス・アメリカ合衆国のホラーサスペンス映画作品です。6月6日午前6時に誕生し、頭に「666」のアザを持つ悪魔の子ダミアンを巡る物語。音楽を担当したジェリー・ゴールドスミスが第49回アカデミー作曲賞を受賞しました。題名の“omen”は一般的な英語で前兆を意味しています。
『オーメン2/ダミアン』(1978年)、『オーメン/最後の闘争』(1981年)、『オーメン4』(1991年)とシリーズ化され、1976年版をリメイクした同名映画『オーメン』(2006年)も製作された。2016年にはテレビシリーズ化もされている(Damien)。
the-omen-1.jpg


【オーメン:悪魔の誕生】
6月6日午前6時、アメリカ人外交官であるロバート・ソーンはローマの産院にて、死産した我が子の代わりに、同時刻に誕生した孤児である男子を妻のキャサリンにも秘密で養子として引き取り、ダミアンと名付ける。
ほどなくして駐英大使に任命され、その後も公私共に順風満帆な生活を送るロバート・ソーン。
しかし、ダミアンの5歳の誕生日に、乳母が「あなたのためよ」と叫んで首つり自殺をする。ロバートは大使館で記者が群がる中、フォトグラファーのジェニングスとぶつかり、カメラを壊してしまう。弁償を申し出るが、ジェニングスは「いいえ、貸しにしておきます」と断る。さらに大使館にローマからやって来たブレナン神父が「奴はあなたの全てを奪う」と意味深な助言を放ち、「ご子息の出産に立ち会った。あれの母親を見た」と告げる。息子を入れ替えた事に対する脅迫だと感じたロバートは神父を追い返す。その後、死んだ乳母の代わりに斡旋所から派遣されたと自称する新しい乳母がやって来る。乳母はダミアンに「そなたを守りに来た」と微笑む。
omen104.jpg

再びブレナン神父が来て「奴は母親も、お腹の子も殺す。奴は悪魔の子だ。ブーゲンハーゲンに会え」と告げるが、ロバートは全く聞く耳をもたなかった。直後、神父は雷に打たれた教会の塔の落ちてきた避雷針に串刺しにされて死んだ。さらにキャサリンがダミアンの三輪車と衝突し、階下に転落し流産してしまう。
悲しみにくれるロバートの元にジェニングスから連絡が入る。彼のアパートへ出向くと、死んだ乳母と神父の生前の写真には予兆が写っていたと聞かされる。さらに神父の部屋で「5年前の6月6日に彗星の形が2000年前のベツレヘムと同じ形になった」という記事を見つける。ロバートは「本当の息子は死んだ。今の子は誰の子かもわからない」と告白する。協力を申し出るジェニングスだが、ロバートは「これは私の問題だ」と断る。しかしジェニングスは「私の問題でもある」と言い、自身を写した写真を見せる。そこには首に亀裂のような影が写っていた。
2人はダミアンの出生の謎を暴くため、ローマの産院へ向かうが、当時の建物は記録室からの火事で焼け落ちていた。なんとか当時、ダミアンを世話した神父にたどり着き、出生の秘密を問いただす。神父はわずかに動く手でチェルベットと書いた。そこは古い墓地であった。
omen105.jpg

2人は墓地へ向かい、そこで6月6日に死んだ者の2つの墓があった。母親の墓を開けると、そこには白骨化した山犬の死骸が横たわっていた。ロバートは息子の墓も開けると、頭部に穴の開いた赤子の亡骸が横たわっていた。自分の息子が殺されたと知ったロバートは、入院中のキャサリンにロンドンを離れるように言う。しかし、キャサリンは直後に乳母に突き落とされて死んだ。
ロバートはブーゲンハーゲンに会い、悪魔の子を殺す方法と短剣を受け取る。悪魔の確認方法は「体のどこかに666のあざがある。見当たらない時は髪を切って頭部を確認せよ」と告げられる。しかしロバートは躊躇し、短剣を投げ捨てるが、短剣を拾おうとしたジェニングスが後退するトラックの荷台から滑り飛んだガラス板によって首を飛ばされてしまう。ロバートの迷いは消え、短剣をロンドンへ持ち帰った。ダミアンの髪を切り、頭部に666のあざを発見する。
すると突然、乳母がロバートを殺そうと襲いかかるが、彼はアイスピックで返り討ちにする。ロバートはダミアンを連れ、教会へ車を走らせた。祭壇でダミアンを刺し殺そうとするが、追跡してきた警官に射殺される。ソーン夫妻の葬儀にて、大統領に引き取られたダミアンが墓前で微笑む。

【オーメン:主なキャスト】
  • ロバート・ソーン:グレゴリー・ペック
  • ダミアン・ソーン: ハーヴェイ・スペンサー・スティーヴンス
  • キャサリン・ソーン:リー・レミック
  • ジェニングス:デビッド・ワーナー
  • ベイロック夫人:ビリー・ホワイトロー
  • ブーゲンハーゲン:レオ・マッカーン
  • ブレナン神父:パトリック・トラウトン
  • スピレット神父:マーティン・ベンソン
  • ベッカー医師:アンソニー・ニコルズ 

『オーメン(Omen)』 予告編 Trailer 1976年

明日のショー


オーメン』・懐想記
映画録前記事、『エクソシスト』と比べて恐怖の質がまたひとあじ違います。
本作はジャンル的は広義の意味ではホラー系の映画作品ですが、サスペンスホラー作品と言えます。
まず、一言。本作以降、シリーズ化されましたが、本作原点である、1976年『オーメン』が私は一番怖いです。恐怖のシークエンスより心理的恐怖を追及したサスペンスの要素がかなり高い。映像で叫んでしまいそうになる場面はないがハッと固唾を呑むシーンが良く出てきます。しかしどこか何度か観てると味わい深く感じる作品でもあります。
衝撃的なシーンは二度あるが、それよりも脚本と演出の上手さによってジワジワとやって来るサスペンスが作る正統的な怖さの描写です。
単なる驚かせて怖がらせる子供騙しなどありません。聖書の黙示録からオカルトな文言や解釈が何度も飛び交うが、キリスト教の世界で育ってなくともキリスト教の知識が無くても、日本人でも理解できるしっかりとした怖い作りになっています。作中のミセス・ベイロック(ビリー・ホライトロー)は、まじ怖い!
そしてカメラマンが、ガラスで首が切断されるシーンは凄くてあっけにとられる!
omen101.jpg
さすが名作と思う。本当に怖い。怖さの質が違うのです。ダミアンをめぐる人間関係に関する描写も、誰がダミアンのしもべでそうでないのか疑いたくなります。人を疑いたくなるということほどこれほど怖いものはないと思う。叫ばなくても、身の毛がよだつとはまさしく本作のことだと思う。
そして、初老のころのグレゴリー・ペックが、駐英大使としての身の引きしまる演技を見せています。彼の演技がただのホラー作品でないことを訴えているようなものだ。そしてその彼がダミアンの正体を知り、良心の呵責に悩まされるようになる。彼の常識人、正直な人、高潔な紳士そのもののイメージの男が息子を亡き者にしようとする。この落差がより恐怖を倍増させています。
音楽もまたこれぞ真の髄まで響くような音楽である。フレーズ的には印象にのこるフレーズというよりも、怖さを徐々に盛り上げて行く見事な音楽演出です。

そして、ダミアンが振返り不敵な笑みを浮かべるあのラストシーン。これは映画史上に残る名シーンです。
omen102.jpg
本作はエクソシストと並ぶ、オカルト映画の永遠の原点だと私は思う。
お勧め度👍👍👍👍👍
お勧め度は作品の面白さ、仕上がり度、充実度などを👍1個2点✖5個で満点ですよ~
👉1個は1点ね
個人的な主観ですけどご参考までに
懐かし度 ♰ ♰ ♰ ♰
懐かし度はアイコン1個が10年周期。古いほど懐かしアイコン個数が増えていきま~す


AD 私のお気に入り天然植物活力液【HB-101】


 
【オーメン:配信先(DMM TV)視聴】
(1976年、イギリス・アメリカ、110分、字幕、レンタル・購入¥330~

omen107.jpg
👈今すぐ視聴するで配信サイトへリンクしています
DMM TV会員であればそのまま視聴できます。
会員登録ご希望の方は【のぶちゃんのDMM TV会員のよいところ】もご参考に。

他配信サイト 
配信状況など変更になることがあります。詳細は配信サイトにてご確認ください。


【オーメン:製作スタッフ、公開データ】
  • 監督:リチャード・ドナー
  • 製作:ハーヴェイ・バーンハード
  • 脚本:デヴィッド・セルツァー
  • 製作総指揮:メイス・ニューフェルド
  • 撮影:ギルバート・テイラー
  • 音楽:ジェリー・ゴールドスミス

▲Theme from The Omen (Original)
SillyPom
  • 編集:スチュアート・ベアード
  • 特殊視覚効果:ジョン・リチャードソン
  • 配給:20世紀フォックス
  • 公開:イギリス 1976年6月25日、日本 1976年10月16日
  • 上映時間:111分
  • 製作国:イギリス 、アメリカ合衆国
  • 言語: 英語
  • 製作費: $2,800,000
  • 興行収入: アメリカ合衆国の旗 $60,922,980①
  • 配給収入: 日本 12億円②

①(“The Omen (1976)” (英語). Box Office Mojo. より。)
②(『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、342)

👇ランキングに参加しています。
押していただけるとうれしい~💛
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

👇ランキングに参加しています。
押していただけるとうれしい~💛

PR

【のぶちゃんのDMM TV会員のよいところ】

意外な作品が見つかる配信サイト。アニメ系はお強い!

★詳しくは、本記事バナー広告クリックからDMM TVサイトへ。


DMM TVはアニメ・エンタメ作品も充実した動画配信サービス!

初回登録なら30日間無料!

月額550円の「DMMプレミアム」に登録して楽しめること
話題の新作アニメ
DMM TVオリジナルのバラエティ・ドラマや独占配信作品
充実の実写ドラマ映画ラインナップ
プレミアム対象作品が見放題となります。
最新の配信状況はDMM TVサイトにてご確認ください。

PR 楽天  楽天ラッキーくじも毎日楽しい


PR オーディオブック配信サービス
【audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)】


👆オーディオブックって、プロのナレーターや声優さんが読み上げてくれるんですよ。
本は好きなんだけど目が疲れるからうれしいデス。オフライン再生もできるんですよ。

PR オルビス株式会社


(のぶちゃんのお手入れ実感)
👆肌にスッと入っていく感じが良いです。
肌のベースの手入れに注意してないと、歳をとってからシワが深くなっちゃう~。
クレンジング、化粧水、保湿クリームのベース3点でも1万円いかないから、助かります~

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR