FC2ブログ

リターンマッチは無しだろ!?『ロッキーⅡ』🏆

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

◇本ページはプロモーションが含まれています

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、『ロッキーⅡ』です。本作は、1979年製作のアメリカ映画。ジョン・G・アヴィルドセンが監督を務め、アカデミー賞各部門賞を受賞した『ロッキー』(1976年)の続編です。
本作ではアヴィルドセンに代わりシルベスタ・スタローンがメガホンを取り、監督・脚本・主演の三役を務めています。
rocky2mv.jpg
【ロッキーⅡ・感想、考察(ネタバレ含みます)】

👆Bill Conti - "Going The Distance" & "The Final Bell"
私個人的な感想でいえば、前作が大変なヒットであったにも拘わらず、続編として意外と良い出来上がりの作品と思います。前作最後で、ロッキーとアポロが「リターンマッチはなしだ」と決着がついていたかのようにみえた。ロッキー自身は15ラウンドまで勝敗ではなく闘い抜くことを賭けていたので満足のいく結果だったのである。
rocky2101.jpg
「ここで、決着つけてやる!!」
しかし、アポロもチャンピオンとしてまたプロの一人のボクサーの誇りをして、判定による勝利が許せないのである。当時、一作目を見た直後、鑑賞した多くの方は絶対続編がでてくると予想した方が多かったのではないかと思います。そして、前作を見た方の気持ちの中に、どこかにロッキーが勝つシーンを見たいと思う方も大勢いたはずです。そこを、シルベスタ・スタローンが続編としてストーリー展開をさせたと思います。
そして、アポロを演じているカール・ウェザースもまた良い演技を見せていると思います。俳優になる前はアメフトの名選手であっただけに、このアポロの役はハマリ役と言えます。
rocky2105.jpg
「どいつも、こいつも・・・」
本作のロッキーとアポロの15ラウンドの試合の演出ぶりは、前作をはるかにしのいでいると思います。
最終ラウンド辛うじて立ちあがったロッキーが、観衆の前で
「チャンスをくれたアポロに感謝したい!それからトレーニングしてくれたミッキーにも。」
観衆の一人が「愛してるぞ!ロッキー」
「俺も愛してるぞ。そして神に感謝したいんだ。俺には子供も生まれたし、今日は俺の人生で最高の夜だ!。家で待ってる女房に一言、言わせてくれ。」
「エイドリアン、やったぞ~!!!」
TVの前で涙するエイドリアン。
「愛してるわ」
ロッキーの心を開く鍵は、いつも愛するエイドリアンである。そして生まれたこどもである・・・

 
【ロッキーⅡ・ストーリー】
アポロ・クリードとロッキー・バルボアのプロボクシング世界ヘビー級タイトルマッチは、チャンピオンのアポロが判定勝ちで辛うじて王座を守ったが、世間は無名の挑戦者ロッキーの大健闘を称えた。
アポロから「再戦を受け入れろ」と挑発されながらも、再試合はしないと決めていたロッキーはボクシングの世界から身を引き、恋人のエイドリアンと結婚し新居を構える。ポーリーはロッキーの後を引き継いで、ヤクザ仲間のガッツォとの集金係を引き受ける。
そしてエイドリアンの妊娠がわかり、時には近所の子供たちとの遊びに付き合ったり、新生活のためにCM撮影に臨むが、不器用なロッキーはセリフ一つ、まともに読むことが出来ず、失敗してしまう。当てにしていたギャラも入らず、ポーリーの紹介で精肉工場で働くがやがて不況による人員削減のために解雇されてしまう。
rocky2104.jpg
👆ミッキー役のバージェス・メレディス。アカデミー賞にも2度ノミネートされた多才な名優である。1997年9月9日、88歳で亡くなられた。アメリカ映画産業における功績が認められ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム6904に星が刻まれている。
自分にはボクシングしかないと気づくロッキーだが、夫の体を気遣い2度とリングに立ちあがらせたくないエイドリアンは、身重の体でありながら生活のために元いたペットショップにパートタイマーとして働きに出るのだった。また前回の試合で負傷したロッキーの眼を心配する老トレーナーのミッキーも、再度復帰には断固反対する。ロッキーは仕方なくあきらめ、リングに上がらせてもらう替わりにジムで働かせてもらうことになる。
そんな中『前回の試合はドローだ』『負けたのはチャンピオンだ』との世間の声に、無敵の王者のプライドを回復しようとするアポロは、ロッキーとの再戦に執念を燃やす。憤慨するミッキーと共に、ロッキーは再挑戦は決意する。
再戦に向けてのトレーニングを開始するが、エイドリアンに反対されているためか練習にも身が入らない。それを知ったポーリーは「お前が応援しないせいでロッキーがいじけている!」とエイドリアンに文句を言うが、エイドリアンはショックを受けて倒れてしまい入院してしまう。一方、ロッキーはミッキーに愛想を尽かされ追い出されるところを、仲間から知らせを聞き、エイドリアンの様子を見に病院へ向かう。
rocky2107.jpg
過労と心労のため、エイドリアンが余病を併発したままで出産するが、昏睡状態に陥ってしまう。必死の看病のおかげか、エイドリアンは目覚めるが、これ以上の負担をかけたくないロッキーは「ボクシングをやめてもいい」と言い放つ。
rocky2108.jpg
「エイドリアンはいい子だ。俺も一緒に祈ろう・・」ミッキー役のバージェス・メレディスの味のある演技だ。
rocky2109.jpg
しかし、そんなロッキーにエイドリアンは一言「勝って!」と告げる。
その愛する妻の一言がロッキーをめざめさせる。ロッキーは猛トレーニングを再開する。今度の闘いは勝つことだ
万全の状態で、再試合のリングに立ったロッキーを待ち受けていたのは前回以上のアポロの猛攻であったが、ロッキーも今度は負けまいと必死に反撃する。
rocky2118.jpg
rocky2119.jpg
rocky2124.jpg
最終ラウンド、互いのダメージが極限に達した状態で繰り広げられる打ち合いの果てにダブル・ノックダウンでロッキー、アポロともに倒れてしまう。ロッキーは不屈の思いでロープをつかむ。運命のカウント9でアポロが崩れる。ロッキーはかろうじて立ち上がり勝利を手にしたのだった。こうしてロッキーは栄光のチャンピオンベルトを手に入れたのだった・・
rocky2127.jpg
rocky2128.jpg
「あなた、立ってェェェ~!!!!」
rocky2129.jpg
力尽きたアポロ
rocky2130.jpg
「新チャンピオンロッキー・バルボアの誕生です!!!」
【ロッキーⅡ・主な登場人物:キャスト(日本語版吹替)】
ロッキー・バルボア:シルヴェスター・スタローン( 羽佐間道夫)
エイドリアン:タリア・シャイア( 松金よね子)
ポーリー:バート・ヤング (富田耕生)
アポロ・クリード:カール・ウェザース( 内海賢二)
ミッキー:バージェス・メレディス 千葉耕市(槐柳二)
トニー:トニー・バートン( 緒方賢一)
ガッツォ:ジョー・スピネル(塚田正昭)
カーマイン神父:ポール・J・マイケル(池田勝)
メリー・アン:シルビア・ミールズ(滝沢久美子)
アナウンサー:ストゥ・ネイハン(村越伊知郎)
コメンテーター:ビル・ボールドウィン(村松康雄) 
配信先(U-NEXT)
rocky2132.jpg
「エイドリアン、やったぞ!!!」
👉『ロッキー2』 (1979年、アメリカ、119分、字幕・吹替、見放題)
(31日間無料トライアル)
当ページ【U-NEXT会員登録について】の項目もご覧ください。

rocky2133.jpg
「愛してるわ」
【ロッキーⅡ・製作スタッフ、公開データ】
rocky2113.jpg
監督:シルヴェスター・スタローン
脚本:シルヴェスター・スタローン
製作:アーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ
出演者:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウェザース、バージェス・メレディス
音楽:ビル・コンティ
撮影:ビル・バトラー
編集:ダンフォード・B・グリーン
製作会社:チャートフ=ウィンクラー・プロダクションズ
配給:ユナイテッド・アーティスツ
公開:アメリカ合衆国 1979年6月15日、日本 1979年9月1日
上映時間:119分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語
製作費:760万$
興行収入:アメリカ合衆国 $85,182,160、世界 $200,182,160
配給収入:日本 9億5000万円(『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)380頁)
rocky2131.jpg
👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆



PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR