FC2ブログ

仕事でバイクに跨る爺の日記。懐かしい映画、アニメなどの感想記事中心に記しています。

プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
バイクに跨る爺です。映画、アニメは一晩中語れるほど大好き。人生のカラータイマーも点滅中(o|o)のお年頃。目指すのはシンプルな生き方。

無料ブログポータルサイト

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR

当サイトはアフィリエイトプログラムサイトと提携しております。商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。

コンパクト月別アーカイブ

QRコード

QR
0 コメント

己が信じるもののために・・『炎のランナー』

🎦今日ののぶさん映画録は、1981年に公開されたイギリスのドラマ映画『炎のランナー』です・
Chariots of Firemv
【炎のランナー・作品の概要】
『炎のランナー』(原題: Chariots of Fire)は、1981年公開のイギリスのドラマ映画。監督はヒュー・ハドソン。第54回アカデミー賞作品賞受賞作品。エイブラハムスが入学するケンブリッジ大学と、リデルが伝道活動をするスコットランド・エディンバラから、1924年パリオリンピックへと移ってゆく1919年が舞台です。当時の時代背景の中で権威主義的排他的なイギリスを描きながらもイギリス的尊厳と愛が彫り込まれた作品だと個人的には思います。走ることによって栄光を勝ち取り真のイギリス人になろうとするユダヤ人のハロルド・エイブラハムスと、神のために走るスコットランド人牧師エリック・リデル、実在の二人のランナーを描いています。
おおむね実話に基づいていますが、リデルと妹の確執、エイブラハムスと友人モンタギューの関係、エイブラハムスとシビルの出会いなど、いくつかは映画用に脚色されている部分はあります。本作で特筆すべきは、ヴァンゲリスが作曲したサウンドトラックの中の『タイトルズ』は、日本でも耳にする機会の多い有名な曲となりました。特にテレビでは競走のゴールシーンで多く使用されています。プロテスタントの中でも厳格な長老派の考え方がよく表現されています。背景として、19世紀イギリスに始まる筋肉的キリスト教(muscular Christianity、映画の字幕では「剛健なキリスト教」)というキリスト教思想がスポーツを推奨していたことによるものです。
【炎のランナー・あらすじ】
1978年のロンドン、ハロルド・エイブラハムス追悼の礼拝が始まり、アンドリュー・リンゼイ卿がスピーチを行っている。物語は、彼らが胸には希望を抱き、踵には翼をつけて走ることに夢中だった時代へさかのぼります。
1919年、ケンブリッジ大学に入学したハロルド・エイブラハムス。彼はユダヤの血をひき、周囲からは潜在的な差別と偏見を受け、その鬱憤をぶつけるように陸上競技にのめりこみます。障害物のアンドリュー、中距離のオーブリーとヘンリーとともに「ケンブリッジ大学4人組」として華々しい活躍をする。
スコットランドには、牧師の家に生まれたエリック・リデルがいた。彼にとって、自らの才能によって競技会で勝利することは神の恩寵を示すもので、走ることは信仰と同じことを意味していた。しかし、妹のジェニーは彼が陸上に熱中することをよく思っていない。しかし、父や兄は彼が競技を続けることを励まし、スコットランド代表として大会出場する際には彼の伝道スピーチが併せて行われ、多くの人々が聞き入る。
1923年、ハロルドは競技会でエリックに負け、激しいショックを受ける。そこへサム・ムサビーニが現れ、ハロルドは彼から本格的な指導を受ける。一方エリックはジェニーに、中国へ布教に赴く決意と、その前にオリンピックに出場するという決意を伝える。ハロルドは、ケンブリッジ大学のトリニティとキース双方の寮長から呼び出される。非英国系かつプロコーチのムサビーニを雇っていることはアマチュアリズムに反し、大学にもふさわしくないと批判を受けるのだった。二人に反論して退出したハロルドは、友人たちから、100mと200mのパリ五輪代表に選出されたこと、エリックも代表であることを告げられる。
ドーヴァーからパリへの出航の日、エリックは、記者から予選の日が日曜日(=安息日)であることについて質問を受け、初めてその事態について知る。敬虔なキリスト教徒である彼は、選手団長のバーケンヘッド卿に相談し、日程変更を掛け合ってもらうことになった。しかし、事態は好転しないまま、パリへ到着する。英国チーム最大のライバルは、近代的なトレーニングを積み、士気も高い米国チームであり、C・パドック、フィッチ、ショルツといった強豪選手が名を連ねていた。
5月4日、パリ五輪が開会した。期間中に開かれた親善パーティの席上、エリックはデイヴィッド王太子、サザーランド公、カドガン卿ら、英国オリンピック委員会の要人に引き合わされる。結局、対仏交渉は不調に終わり、エリックは祖国と国王への忠誠のため出場するよう説得されるが、神への信仰はそれに勝るとして拒否します。そこへ貴族であるアンドリューが入室し、アンドリューが400mの代表枠を譲るので、エリックは出場種目を変更してはどうかと提案する。全員が賛成し、エリックは100mを棄権した。
200mに出場したハロルドは、パドックに敗れ、ムサビーニから叱咤される。100m出場を目前に、ハロルドはオーブリーに不安な心情を話すのだった。直接、競技場へ行かないムサビーニは、ハロルドへの手紙にお守りを入れる。王太子の激励、アメリカの応援団、レースへの緊張が高まっていく。ハロルドは100mで優勝した。ムサビーニも、英国国歌吹奏とともに最も高い所に掲げられたユニオンジャックをホテルから見、ハロルドの優勝を知る。英国本国の人々も、彼の優勝を知り喜ぶが、ハロルドの心は晴れない。ムサビーニはそんなハロルドに深夜まで慰めるとともに、恋人と新生活へ歩むよう勧めた。400mに出場するエリックを、アメリカ選手は警戒する。ショルツは旧約聖書の一節を記したメモをエリックに渡した。エリックはそれを握りしめ、レースに挑みます。要人や英国チームの選手達、そして妹のジェニーが見守る中、彼は持てる力を尽くし、そして優勝したのです。英国へ戻った彼らは、大歓声で迎えられるヒーローとなった・・・
エリックやアンドリューが迎えられ、静けさの戻った駅に、一人降り立ったハロルドは、愛するシビルと再会し、二人で肩を寄せあい歩み始める・・・
【炎のランナー・登場人物:キャスト】
ハロルド・エイブラハムス:ベン・クロス 
エリック・リデル:イアン・チャールソン 
サム・ムサビーニ:イアン・ホルム 
アンドリュー・リンゼイ卿:ナイジェル・ヘイヴァース 
オーブリー・モンタギュー:ニック・ファレル 
ジェニー・リデル:シェリル・キャンベル
シビル・ゴードン:アリス・クリーグ
ヘンリー・スタラード:ダニエル・ジェロル 
サンディ・マクグラス:スチュアート・ロジャー 
皇太子:デイビッド・イェランド
バーケンヘッド卿:ナイジェル・ダヴェンポート 
カドガン卿:パトリック・マギー 
ケンブリッジ大学門衛主任:リチャード・グリフィス
トリニティの学長:ジョン・ギールグッド 
キースの学長:リンゼイ・アンダーソン 
【炎のランナー・製作スタッフ】

監督:ヒュー・ハドソン
脚本:コリン・ウェランド
製作:デヴィッド・パットナム
製作総指揮:ジェイク・エバーツ、ドディ・ファイド
音楽:ヴァンゲリス
主題歌:『タイトルズ』
撮影:デヴィッド・ワトキン
編集:テリー・ローリングス
製作会社:20世紀フォックス、ワーナー・ブラザース、ラッドカンパニー(英語版)、アライドスターズ(英語版)、ゴールドクレスト・フィルムズ(英語版)
配給:イギリス 日本  20世紀フォックス、アメリカ合衆国 ワーナー・ブラザース
公開:イギリス 1981年3月30日、アメリカ合衆国1981年9月25日、日本1982年8月21日
上映時間:124分
製作国:イギリス
言語:英語
製作費:$5,500,000
興行収入:$58,972,904


動画配信先:amazon prime video (1981年、イギリス、123分字幕)
レンタル(HD高画質¥299)、購入(HD高画質¥1.528)
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。詳細はamazon prime video


【炎のランナー・感想】
本作はよくあるようなスポーツ根性ものの物語ではありません。またオリンピック礼賛作品でもありません。民族の個をかけて走る青年とスポーツで記録することは神に近づくことと信じ走る青年。本作は理屈も何もいらない。心で観る映画作品だと思っています。私はスポーツマンでないが、スポーツの世界には国境も政治も何も関係ないことはよくわかります。ただ一人一人の人間が信じる目的のために全力を尽くす・・・
もう42年前のイギリスで製作された映画作品の話だが、アメリカのアカデミー賞を受賞するというのは、これは凄いことで敬意を表します。私の大好きな曲がその作品の上で流れる・・それだけで私は感涙ものである👍すみません、私情丸出しである。

👆炎のランナー テーマ曲 (ヴァンゲリス)  Chariots of Fire - Vangelis
ランキングに参加しています。ポチっとな。
ランキングに参加しています。ポチっとな。
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ



あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     

お好きな車を定額で【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント