FC2ブログ

シティネットワークとレジスタンス『MEGAZONE23Ⅲ』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

🔶今日のアニメの徒然小道では、1989年11月25日に劇場公開された『MEGAZONE23Ⅲ』です。
MEGAZONE23 III「イヴの目覚め」「解放の日」は、全2話のOVA作品。 1985~1986年にリリースされたOVA「メガゾーン23」および「メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い」の続編になります。 本作は前作のシリーズから数百年後を舞台としており、主要な登場人物は一部を除き一新されています。 本作も人気を博し、OVA販売だけでなく劇場公開もされました。
megazone23Ⅲ

【MEGAZONE23Ⅲ・ストーリー】
メガゾーンの地球への帰還から数百年が経った時代のこと。社会はシティネットワークが張り巡らされ、コンピュータ「SYSTEM」に全管理を委ねた街「エデンシティ」で暮らしている。それは、恒久の平和を目指すためとされているが、必要となれば肉体と機械の直結も辞さないほどの徹底され、かつての人類の過ちを繰り返さないために取られた完全なる手段にして支配だった。しかし、それを嫌ったレジスタンスが存在し、反攻作戦が開始される。エデンシティを統治する情報監督局「E=X」と、それに敵対する民間ゲーム会社「オレンジ社」によるその戦乱に、天才的なハッキング能力を持つゲーマーのエイジ・タカナカもいつしか巻き込まれていく。
やがてSYSTEMは、地球環境の維持のためには人類を宇宙に排除する必要があると判断し、「プロジェクト・ヘブン」 (PROJECT HEAVEN) を発動するが、エデンシティ外周部で反発重力推進システムの稼動中に、シティネットワーク中枢が爆破、プロジェクト・ヘブンは頓挫する。そして、エデンシティの支配者であるウォン・ダイの正体が、あの省吾だったことが明らかとなる。省吾達が地球へ帰還した際、彼を7Gのオペレーターと認めなかったSYSTEMは、クリエイターの生き残りであるオリジナル・イヴと省吾の接触を恐れ、彼をSYSTEMへ強制的に接続してその操り人形であるウォンへ作り変えていたのだ。
省吾はSYSTEMによる支配から解放された直後、新たな7Gのオペレーターとして選ばれたエイジに後を託して死んでしまう。それを知ったイヴは上昇を続けるSYSTEM中枢部に残り、エデンシティの人々を救うためにプログラム変更を行うのだった。
【MEGAZONE23Ⅲ・主な登場人物:キャスト】
エイジ・タカナカ: 草尾毅
『PART III』の主人公。アーケードゲーム『ハードオン』の天才である一方、シティネットワークへの違法ハッキングも行っていたところ、Aランクのシステム言語をマスターしたその力量から、サイクルアウト直後に「SYSTEM」を管理するエリート機関「E=X」に選抜される。対ネットジャッカー部隊であるガーランド隊に編入され、シオンのハーガンを撃退するが、その後にポイント・ゼロへ向かったことから、運命が一変する。
その名字から省吾と由唯の血を引く子孫であることがうかがえ、省吾に代わる形で、新たな7Gのオペレーターとしてイヴに選ばれる。
リョオ・ナラハラ:笠原弘子
エイジと同じ日にサイクルアウトした少女。アルバイト先の「サイコランド」でエイジと知り合う。イヴのようなパフォーマーに憧れている。その一方、ハッカー集団のシオンらとも密会しており、シティネットワーク上の市民データが削除されている。
バド:佐々木望
エイジの友人で、ゲームではライバル。E=Xに敵対する民間ゲーム会社「オレンジ社」から引き抜かれ、ハーガンのパイロットとして実戦投入される。オレンジの捨て駒のような形でE=Xを襲撃するが、ヤコブの駆るオリジナル・ガーランドに敗死する。前編と後編では外見が異なる。
レスター:矢尾一樹
エイジの友人。後編には登場しない。
アキラ:岩田光央
エイジの友人。
ヤコブ・ハルム:安宅誠
E=Xの局長。E=Xのあらゆるオペレーションを一手に引き受け、シティネットワークの混乱回復を図るほどの超人的な技量を誇る。E=Xの支配者ウォン・ダイの忠実な右腕で、ウォンからの信頼も厚い。首筋にサイバープラグを装備し、サイバーリンクすることでガーランド隊を遠隔操作可能。オレンジ社のハーガン部隊を自ら駆るオリジナルガーランドで一掃し、ついにはエイジのE=Xガーランドと対決することとなる。
ミューラー・シムカ:土井美加
エイジの上司を務めるBランクオペレーターの女性。エデンシティにガーランドを投入してオレンジ社との戦闘を拡大しようとするヤコブに抗議するが、逆に射殺されてしまう。
パーソナルデータでは「MIURA SIMUKA(ミウラ・シムカ)」と表示されているが、エンディングクレジットでは「ミューラー」と表記されている。
デレクマン:阪脩
「ハードオン」を製作したオレンジ社の会長。シティネットワークとは別の「ハイパーネット」を構築し、E=Xによるエデンシティの支配体制を転覆させようと目論む。
シオン:山寺宏一
オレンジ社のメンバーで、マシンソルジャーを駆ってエイジと対決して敗れる。その後はオレンジ社とは別行動をとり、エデンシティに広がる混乱を収拾すべく活動する。オリジナル・イヴの存在をエイジに知らせ、ポイント・ゼロへ向かうように告げる。
ミニク:林原めぐみ
クラック:久保田雅人
ウォン・ダイ:中田浩二、矢尾一樹
エデンシティを支配している謎の男。エデンシティの市民からは「ウォン・ダイ司教」と呼ばれ、メガゾーン時代の生き残りと噂されている。正体はSYSTEMに融合させられた省吾で、軍のトップとしてエデンシティを支配する存在であるが、実態としてはSYSTEMが世界を支配するための傀儡としての役割を果たすためだけに生かされており、かつて由唯と愛を語らっていた頃の面影はまったくない老人に成り果てていた。
時祭イヴ:高岡早紀
エデンシティで人気No.1のCGアイドル。本作では当初からバーチャルアイドルとして認識されていて、ヘアスタイルやファッションのデザインも前2作からかなり変更されています。画面に映る姿とは別にイヴ本人がどこかで生きているという噂があり、実際に「クリエイター」の生き残りであるオリジナルのイヴは、エデンシティ最下層のポイント・ゼロで目覚めの時を待っていた。
『PART II』までイヴの声を担当した宮里久美の芸能界引退により、本作では声優が変更されています。

【MEGAZONE23Ⅲ・イヴの目覚め(前編)/ 解放の日(後編)感想レビュー】
昔のアニメ作品は今の作品から比べれば、どこか見劣りするかもしれませんが、1985年、今から30年以上前に、こんな作品が、しかもパート1、2各80分づつという丁度鑑賞しやすい時間といい、決して長編ではないにも関わらず、タイトルからはちょっと、イメージしにくいくらいの壮大な設定が、本編の中に凝縮されていることには驚かされます。
本作といい、このシリーズのPART1、2の作品もあわせて、脚本、設定、メカデザイン、どれもがチャレンジする意欲にあふれている作品だと思います。ただ個人的には、確かに作画的には北爪宏幸の繊細なタッチは好感が持てるのですが、板野一郎さんや庵野秀明さんが抜けている影響なのか、シリーズとして企画・構成されているのならば統一性があったほうがよかったのかなとも感じたりもします。
この『メガゾーン23』の完全新作プロジェクトが期待されるところでありますが、その後の進行は如何になっているのか!?興味深いところです。


【MEGAZONE23Ⅲ・製作スタッフ】
製作:高山登
エグゼクティブプロデューサー :須田英昭
企画: 鈴木敏充、生明俊雄
原案:石黒昇、鈴木敏充
監督:荒牧伸志、八谷賢一
キャラクターデザイン:北爪宏幸
イヴデザイン:美樹本晴彦
ガーランドデザイン:荒牧伸志
プロダクションデザイン:夢野れい
脚本:有井絵武
ストーリーボード:有迫俊彦、有井絵武、夢野れい、荒牧伸志、八谷賢一
音楽:浦田恵司
プロデューサー:三浦亨、仙田勇
作画監督:北爪宏幸、北島信幸(前編)
作画監督補:恩田尚之(前編)、北島信幸(後編)
メカニック作画監督:仲盛文(前編)、大張正己(後編)
メカニック作画監督補:仲盛文(後編)
美術監督:東潤一
撮影監督:小西一廣(前編)、高橋明彦(後編)
音響監督:本田保則
アニメーションプロデューサー:内山秀二
演出助手:青木武
現像:東京現像所
制作:(株)AIC、アートミック
製作・著作:ビクター音楽産業(株)


※ MEGAZONE 23 part 3は、動画配信されておりません。YouTubeへリンク形式で紹介しております。

【MEGAZONE23Ⅲ・主題歌】

👆パンドラの舟 (1989 アニメ『メガゾーン 23 III』) / 高岡早紀
主題歌「パンドラの舟」
作詞 - 森雪之丞 / 作曲・編曲 - 清水信之 / 歌 - 高岡早紀

👆悲劇のアイドル / 高岡早紀
エンディング 「悲劇のアイドル」
作詞 - 森雪之丞 / 作曲・編曲 - 清水信之 / 歌 - 高岡早紀

👆眠れぬ森の美女 / 高岡早紀
挿入歌
「眠れぬ森の美女」
作詞 - 真名杏樹 / 作曲・編曲 - 加藤和彦 / 歌 - 高岡早紀
ランキングに参加しています。ポチっと応援。励みになります。
ランキングに参加しています。ポチっと応援。励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR