FC2ブログ

仕事でバイクに跨る爺の日記。懐かしい映画、アニメなどの感想記事中心に記しています。

プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
バイクに跨る爺です。映画、アニメは一晩中語れるほど大好き。人生のカラータイマーも点滅中(o|o)のお年頃。目指すのはシンプルな生き方。

最新記事

無料ブログポータルサイト

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR

当サイトはアフィリエイトプログラムサイトと提携しております。商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。

最新コメント

コンパクト月別アーカイブ

QRコード

QR
0 コメント

🐊自然のまま、あるがままの男!?(゚∀゚)『クロコダイルダンディー』

🎦拙い当ブログにお立ち寄りいただき誠にありがとうございます。_(._.)_
今日ののぶさんの映画録は、1986年に公開されたオーストラリアのコメディー映画『クロコダイルダンディー(Crocodile Dundee)です。製作はジョン・コーネル、監督はテレビ出身でこれが劇場用映画第1作となるピーター・フェイマン、ポール・ホーガンの原案を彼とケン・シャディー、ジョン・コーネルが共同で脚本化した作品です。
dundeeogpmv.png
【クロコダイルダンディー・作品の概要】
『クロコダイル・ダンディー』(Crocodile Dundee)は、1986年のオーストラリアのコメディ映画。内容はオーストラリアの奥地で生活する“クロコダイル・ダンディー”と呼ばれる探検家が、ニューヨークへ来て巻き起こしていく騒動を描いています。製作はジョン・コーネル、監督は劇場用映画第1作となるピーター・フェイマン、ポール・ホーガンの原案を彼とケン・シャディー、ジョン・コーネルが共同で脚本化し、撮影はラッセル・ボイド、音楽はピーター・ベスト。出演はポール・ホーガン、リンダ・コズラウスキー、ジョン・マイロン、マーク・ブルームほか。日本版字幕は進藤光太、アカデミー脚本賞にもノミネートはされました。
好評を受け、続編に『クロコダイル・ダンディー2』(1988年)と『クロコダイル・ダンディー in L.A.』(2001年)が製作されました。
【クロコダイルダンディー・ストーリー】
NYの大新聞社の社主の娘で、その新聞社の記者として活躍するスー(リンダ・コズラウスキー)は、オーストラリアの奥地で何十匹ものワニと格闘の末に無事帰還したという男マイケル・“クロコダイル”・ダンディー(ポール・ホーガン)の噂を聞き、彼にに会うために現地へ飛んだ。そしてダンディーのパートナーであるネバネバ探検のライリー(ジョン・マイロン)に彼を紹介してもらったスーは、荒々しく野生的ではあるが、ユーモアも理解し、都会の人間にはない不思議な魅力を持つダンディーに好感を持ち、アドベンチャー記事を書こうとオーストラリアの奥地へと冒険の旅にでる。

途中、水牛が現われたり、カウボーイ気取りでカンガルー狩りをする男たちが出現したりしたが、ダンディーはそれらを催眠術を使ったり、銃で追い払う。またスーが沼で水浴びをしていると突然、ワニが現われ襲われそうになるが、この時もダンディーが助けてくれた。やがて二人の間には愛が芽生えはじめ、スーは彼に「NYに来ない?」と誘う。そして--NYの空港にはスーの恋人でもある上司のリチャード(マーク・ブルーム)が迎えに来ていた。見るものすべてが初めてといった感じのダンディーにとってはすべてが物珍しいことなのだ。街に出たダンディーは人と車の洪水に驚きながら、持ち前の人なつっこい笑顔で行き交う人々に“グッダイ”と挨拶をかわす。しかし、殆どの人が知らん顔……。

その夜の夕食時にリチャードと衝突したダンディーは街に出て陽気に飲み、ゲイと仲良くなったり、街娼のヒモにからまれて相手を殴り倒したりした。翌日もスーと街へ出た時にひったくりの強盗をやっつけ、またストリート・ギャングに襲われたりするが、ここでも逆に相手を脅し、そんなダンディーにスーはますます魅かれていく。スーの書いたアドベンチャー記事が評判となり社長主催のパーティーが催され、席上、リチャードが自らスーとの婚約を発表、出席者に祝福された。しかし、スーの気持ちはなぜか落ち着かない。ミックも何故か、街へフラッと出かけてしまう・・・

翌朝、ダンディーはホテルを出てアメリカ放浪の旅に出ようと地下鉄へ向かう。スーはそのことを知るとすぐにダンディーのあとを追うのだが、スーはダンディを見つけられるのだろうか・・・
dundeest01.jpg
★『クロコダイルダンディー』・懐想記
若い頃から、何度か観ているコメディー映画です。ご覧になられたことのある方なら、ご理解できると思いますが、コメディー映画といっても、単純な大爆笑系の笑いとは質の違うラブコメディー作品です。作品の中盤くらいまではオーストラリアの大自然をバックにポール・ホーガン演じるクロコダイル”・ダンディー、通称ミック・ダンディーが、ミューヨークから取材にきたスー(リンダ・コズラウスキー)を奥地へ連れて行く。ありのままの自然体のミックに、スーも惹かれていってしまう。
そして今度は、スーに誘われて、オーストラリアの大自然、そのまた奥地の先住民族に育てられた我らのミック・ダンディーが、人口700万人のニューヨークへ行くのだ。ニューヨークでのミックの自然体の付き合い方が実に面白く描写されています。今の時代からみるとやや古さは感じるものの、この作品には音楽がオーストラリアの大自然をイメージしてのBGMの効果を利用した演出の効果もあると感じますが、どこか癒される作風が漂っています。

当時、有名になった本作のラストの地下鉄駅でのミックとスーのやり取り、笑いと拍手大喝采を送りたくなります。
ご覧になった方は、再視聴でどうぞ思い出していただきたいです。そして、初見の方は、この作品の面白さ、笑いを十分に堪能してください。個人的にはこの作品は、人間関係で疲れている方にもお勧めだと思っています。

我らのミック・ダンディーに👍👍🐊
dundeest02.jpg
【クロコダイルダンディー・配信先(U‐NEXT)】
★『クロコダイルダンディー』(1986年、97分、オーストラリア、字幕、見放題)
👇下記バナー画像クリックで配信サイトへリンクしています。U-NEXT会員登録済みの方であればそのまま視聴できます。会員登録がまだの方であれば、登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです。

★【U-NEXT会員登録について】の項目も参考にしてください。
【クロコダイルダンディー・製作スタッフ、公開データ】
監督:ピーター・フェイマン
脚本: ポール・ホーガン、ケン・シャディー、ジョン・コーネル
原案: ポール・ホーガン
製作: ジョン・コーネル
出演者:ポール・ホーガン
音楽: ピーター・ベスト
撮影: ラッセル・ボイド
編集: デヴィッド・スティーヴン
製作会社: リムファイアー・フィルム
配給: アメリカ合衆国 パラマウント映画、日本 20世紀フォックス
公開:オーストラリア 1986年4月30日、日本 1987年2月21日
上映時間:97分
製作国 :オーストラリア
言語: 英語
製作費: AUD 8,800,000
興行収入:USD 328,203,506
配給収入:日本6・7億円
dundeest03.jpg
▼ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログへ| にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

▼ランキングに参加しています。



【U-NEXT会員登録について】

★本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

■U-NEXTの配信本数、見放題作品について

見放題動画26万本、レンタル動画4万本を配信しております。(2023年1月時点)

「31日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。

★月額プラン2,189円(税込)が31日間無料

★600円分のU-NEXTポイントをプレゼント

上記特典を利用することで、見放題動画を31日間無料でご視聴が可能です。

「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。

【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。

※新規会員登録による無料トライアルはおひとり様1回までです。複数回のご利用は特典対象外になりますのでご注意ください。

★トライアル期間は、登録日を1日目とし31日目までです。

※トライアル期間終了後は自動継続となり、月額プラン利用料が発生します。

※トライアル中もレンタル、購入は有料です。

トライアル終了後の料金は、登録日を1日目とし32日目に初回の月額プラン利用料(2,189円(税込))が発生。以後毎月1日に当月分の月額プラン利用料が発生します。




●≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」。
植物本来の力を最大限に引き出せます。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新記事