FC2ブログ

解体スルナ!!イキテイル!!『ショート・サーキット』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

◇本ページはプロモーションが含まれています

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1986年制作のアメリカ映画『ショート・サーキット』(Short Circuit)です。ジョン・バダム監督。偶然、AI知能の中に感情が芽生えたロボットの逃走と、彼をかくまう人々の友情および、彼らとロボットを回収・破壊しようとする企業との対決が描かれています。1988年には続編の『ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5』も製作されました。
shortcircuitmv.jpg


【ショートサーキット・ストーリー】
軍事企業「ノヴァ・ロボティクス」は、軍向けのプレゼンで全5体からなる戦闘用ロボット「S.A.I.N.T.(セント)」を開発、発表した。無人の戦車をレーザーで破壊するというデモンストレーションの直後に雷雨が起き、社長のマーナーの提案で、社内でウェイトレスロボットの給仕による即席のパーティを開催することに。

セントたちもパーティ会場に駆り出される。ところが雷が激しさを増し、研究所で充電中だった5体のセントのうち、最後の「ナンバー5(ファイブ)」は、落雷による高電圧を受けた。従業員の動作チェックを受けたナンバー5に異常がないように見えたため、5体はそのまま、マーナー社長の命令によって、パーティ会場に向かう。最後尾のナンバー5は厨房へ戻るウェイトレスロボットの姿態に目を奪われ、別のルートを走行し始め、偶然ゴミ収集ロボットに建物外へ押し出されて、そのままトラックに積み込まれ、研究所を出てしまった。
shortcircuitst001.jpg
パーティ会場にセントが4体しかいないことに気づいたマーナー社長は、開発者のクロスビーとベンに、ひそかに行方不明のロボットを捜索回収を命じる。彼らは測位システムを起動してナンバー5が社外に出たことを突き止め、遠隔プログラミングで会社に戻るように命令するが、「INPUT」という文字列を返すのみで応じようとしない。ナンバー5が民間人に危害を加えることを恐れたマーナー社長は、警備主任のスクローダーに、ナンバー5の捜索と破壊を命じる。

ちょうちょを追いかけ、ノヴァ社の警備車両を振り切り、オレゴン州アストリア郊外に迷い込んだナンバー5は、そこに住む女性・ステファニーと出会う。ナンバー5を地球に迷い込んだ宇宙人と勘違いしたステファニーはナンバー5を家に招き、「INPUT」と連呼するナンバー5の求めに応じ、百科事典などの書物や、テレビのリモコンを手渡す。一夜明け、ナンバー5は、人間のように自由に言葉を操ることができるようになる。ステファニーは、偶然転げたナンバー5の機体の底に刻印されていた銘板を見て、彼がノヴァ社のロボットであることを知り、回収してもらうためにノヴァ社に電話をかける。

そのとき、庭でバッタと遊んでいたナンバー5は、誤ってバッタを踏みつぶしてしまう。「再構築」と願うナンバー5に対し、ステファニーは「死んだ命は生き返らせることはできないの」と伝える。自身が生命を獲得したと信じていたナンバー5は、ノヴァ社が自分の生命を「解体」しにやって来ると、ステファニーの自動車を盗んで逃走したステファニーは必死で自動車にしがみついた。

自動車は港の行き止まりに達し、そこへクロスビーとベンが到着した。クロスビーはステファニーから「ナンバー5が運転してきた」と聞き、耳を疑う。そこへスクローダーら警備員たちが現れ、ナンバー5を銃で撃ち始める。クロスビーは「撃つな」と叫び、銃を構える警備員たちの前に立ちはだかり、ナンバー5の電源を切ろうとスイッチに手を伸ばしたところ、抵抗に遭い、その場は、なんとかスイッチを押し、ロボット運搬車に積み込んだ。
shortcircuitst002.jpg
電源が切れたはずのナンバー5は走行中の運搬車の中で目覚め、自分で電源スイッチを入れ、壊れた部品を自分で交換し、運転する警備員たちにレーザー銃を突きつけて、運搬車を奪った。カーラジオから流れるエル・デバージの『フーズ・ジョニー(英語版)』に心を奪われたナンバー5は、自身に取り付けられた測位システム用の発振器を取り外し、対向車線のトラックに投げ込んだ。その後、回収された発振器を見たクロスビーは、ナンバー5に意志が芽生えたことを疑いながらも、独断でナンバー5を守ることを決意し、ベンを連れて研究所を飛び出す。

軍事機密だったはずのナンバー5の失踪はマスコミに公開され、2万5000ドルの懸賞金がかけられることとなった。ステファニーは「第一発見者」としてメディアスクラムに見舞われるようになった。取材陣が去った深夜、再びステファニーの前にナンバー5が現れた。ステファニーのテレビ映像を見た元恋人のフランクがステファニー邸をたずね、ナンバー5捕獲を試み、攻撃を加えたが、ナンバー5は本気で反撃せず、退散させた。ステファニーはナンバー5が決して人間に危害を加えないことを確信する。

ナンバー5を捜索中のクロスビーとベンの自動車無線に、マーナー社長が「ステファニーが『クロスビーに会いたい』と電話してきた。バー『ブラック・ライオン・イン』へ行け」と伝えた。これはノヴァ社の罠で、すでに変装したスクローダーら警備員たちと、3体のセントが潜伏していた。セントの襲撃を受けたナンバー5は、その場にあった道具を使った機転によって3体を撃退し、ステファニーを救出した。山岳地帯に逃げたあと、一連のできごとがクロスビーの策謀だと思い込んだステファニーはナンバー5に「あの男をレーザーで黒焦げにしてよ」と口走る。ステファニーの言葉が本意でないことを察したナンバー5は、クロスビーを運搬車ごと山岳地帯に連れてくる。ステファニーとクロスビーを引き合わせたナンバー5はふたりに「コミュニケーション、INPUT」と告げる。
shortcircuitst004.jpg
クロスビーは会話によってナンバー5の変化を探った。ナンバー5はプログラミングに応じなくなった理由を「命令は破壊。人間は生きている。人間の破壊はよくない」と明かす。クロスビーがうろ覚えのジョークを話してみせると、ナンバー5は少し考えたあと、大きく笑った。クロスビーは「こんなつまらないジョークで気を使って笑ってくれるなんて、感情のある証拠だ」と喜ぶ

喜びのつかの間に、そこへすでに追手が迫ってきた。ナンバー5を破壊するために、軍のヘリコプターまで現れたのだ。

彼らは逃げ切れるのか・・・

『ショートサーキット』・懐想記
公開時にも鑑賞してその後もTV放映やビデオで何度か鑑賞しています。今視聴すると、どこか映像の古さは感じます。
本作の根底には、のぶさんの映画録で紹介した前記事2作『ブレードランナー』にどこか似た、世界観を持っている作品だと思います。ストーリーはシンプルなストーリーです。似たようなストーリーがどこかにあったような錯覚さえ感じます。

そもそもあれだけの殺傷能力のあるロボットと一緒なら危ないよ!・・・等々突っ込みどころは満載ですが、1980年代というのはこれが許された楽しい時代だった裏返しかもしれません。一方エル・デバージによる同名の主題歌は、今聴いてもストレートに軽やかで楽しい曲だ。そして登場するロボットのデザインが、シド・ミードです。

この時代のロボットって本当にレトロ感があり、愛嬌があってとても可愛いと思います。今はいかに人間に近づけて、高度な技術や知能を持つかが重要視されますが、本作のようなロボットはロボットらしく、機械として出来ることをしてくれればいいと言う「ヘルプ」的な考え方がすごくいい。
落雷により感情を持ったナンバーファイブの姿は、子供の頃に思い描いたロボットの形そのもので、ユーモアたっぷりに人間のような振る舞いをするその姿が面白いです。なかなか楽しい作品として👍
shortcircuitst003.jpg


【ショートサーキット・配信先(U-NEXT)】
『ショートサーキット』(1986年、アメリカ、字幕、見放題)
👇下記バナー画像クリックで配信サイトへリンクしています。U-NEXT会員登録済みの方であればそのまま視聴できます。会員登録がまだの方であれば、登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです。


【ショートサーキット・製作スタッフ】
監督:ジョン・バダム
製作:デビッド・フォスター、ローレンス・ターマン
脚本:S・S・ウィルソン、ブレント・マドック
撮影:ニック・マクリーン
美術:ダイアン・ウェーガー
編集:フランク・モリス(英語版)
総指揮:マーク・ダモン、ジョン・ヘイド
音楽:デビッド・シャイア
視覚効果:フィリップ・ハリソン
メカデザイン:シド・ミード
ロボット操作:エリック・アラード
パペッター:ティム・ブレイニー(英語版)


👆Short Cir👇cuit | Come and Follow Me | Music Video
👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆



PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。企業様と提携してテキスト・商品説明文を使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 免責事項:当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR