FC2ブログ

スーパーヒーローは二重人格!?『スーパーマンⅢ電子の要塞』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

◇本ページはプロモーションが含まれています

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1983年に公開された1983年のアメリカ合衆国・イギリスのスーパーヒーロー映画『スーパーマンⅢ電子の要塞』の感想記の投稿です。監督はリチャード・レスター、出演はクリストファー・リーヴとリチャード・プライヤーほか。
superman3mv.jpg

【スーパーマンⅢ電子の要塞・作品の概要】
1978年から続く映画シリーズの3作目です。悪役をレックス・ルーサー一味から大会社を経営するウェブスター姉弟に、ヒロインをロイス・レーンからラナ・ラング[注 1]に置き換えた作品となります。前3作に出演していたレックス・ルーサー役のジーン・ハックマンは、4作品の中で唯一出演していない作品となります。

元々、『ジャガー・ノート』や『ロビンとマリアン』など、スラップスティックなコメディ活劇や冒険恋愛映画を得意とするリチャード・レスターが、『スーパーマンⅡ冒険編』の途中参加を経て、今作では本格的にメガホンをとりました。
有名コメディアンのリチャード・プライヤーもメインキャストに起用され、コメディ要素が大幅に増加しています。前2作のセルフ・パロディと呼べる作品に仕上がりました。
悪の人格のスーパーマンのスーツは全体に浅黒く、リーヴも無精髭を生やして、いかにもやさぐれたイメージになっている。善悪2人「スーパーマン対クラーク・ケント」の対決ではリーヴが2役を演じ、スタンドインや合成によって当時の映像技術で可能な限りの演出効果を見せています。
superman3st005.jpg

[注 1]ただしラナはスーパー・コンピュータの起こした停電の影響を受けた他は事件に巻き込まれず。またロイス本人も最初と最後のシーンには登場します。

 
【スーパーマンⅢ電子の要塞・ストーリー】
スーパーマンことクラーク・ケントは、高校の同窓会に取材も兼ねて出席するため、地球での故郷スモールビルに里帰りした。そこで再会した旧友ラナ・ラングが離婚をしていたことを知り、何かと力になってあげていた。その頃、コンピューター会社にプログラマーとして勤務する男ガス・ゴーマンは、社員に支払われなかった給料の端数分を自分に振り込ませるプログラムを思い付き、それを実行してしまう。その手口は当初成功するが、社長のロス・ウェブスターに見破られてしまい、ゴーマンはウェブスターの命令には逆らえない状況になってしまう。
コーヒー相場を牛耳って大儲けを企むウェブスターは、ゴーマンに命じて気象衛星を操り、自社の意向に従わないコロンビア共和国の上空でなんと気候変動を起こそうとする。しかし、その悪事にスーパーマンの妨害が入った。

憤慨したウェブスターは、スーパーマンの弱点を探らせ、それがクリプトナイトと呼ばれる隕石にあると知る。ウェブスターから成分不明の部分をタールに置き換えて再現されたクリプトナイトを送られたスーパーマンは、その影響を受けて隠されていた悪の人格が現れる。しかしラナの息子・リッキー少年の訴えを聞いたことでスクラップ置き場に到着した頃、本来持っていた正義の人格(クラーク・ケントの姿)がそこから分離し、善悪二人のスーパーマンの戦いとなる。スクラップ置き場の設備を利用した壮絶な戦いの末、正義の人格が悪の人格を消滅させ、元の正義スーパーマンに変身した頃、ウェブスターはスーパーマンを迎撃すべく、本拠地でスーパー・コンピュータを構築していた。スーパーマンはスーパー・コンピュータを破壊しようとしてその装備に手を焼いていたが、里帰りの途中で収めた火災事故の現場となった工場が持っていた、ある物質に最後のチャンスを賭けるのだ・・・
superman3st003.jpg


『スーパーマンⅢ電子の要塞』懐想記
本作の初見は、確か『日曜映画劇場』で1985年くらいに淀川長治さん解説で観賞して爆笑したのをよく覚えています。

コンピューター会社でプログラマーとして働く男ガス・ゴーマンは、社員に支払われなかった給料の端数分を自分に振り込ませるプログラムを思い付き、それを実行するという。これは思わず爆笑である。
そして人格分離によって、正義と悪のスーパーマンが戦うというもの。リチャード・レスター監督は、前作時点でこのストーリー設定が浮かんでいたのではないだろうか?と思ってしまったのであります。
前作では、けっこうスーパーマンのしつこさを感じていたので、本作のような展開もありえると思ってしまいました。

リチャード・レスター監督のコメディー映画への情熱をスーパーマンもかんじとったに違いない!?

それにしても、クリストファー・リーヴ氏も3作目となるとスーパーマン職が板についている感じである。(*^_^*)この後、クリストファー・リーヴ氏もスーパーマンⅣに主演後、落馬により、首を骨折、半身不随となり52歳の若さで他界されています。

おそらく、彼がスーパーマンというスーパーヒーローを一番愛してやまなかった俳優さんであることは間違いありません。

次回ののぶさん映画録では、シリーズ作品のスーパーマンⅣよりスーパーマンのスピンオフ的作品の感想記を投稿してみたくなりました。
superman3st002.jpg


【スーパーマンⅢ電子の要塞・配信先(U-NEXT)】
『スーパーマンⅢ電子の要塞』(1983年、アメリカ・イギリス、125分、字幕、見放題)
👇下記バナー画像クリックで配信サイトへリンクしています。U-NEXT会員登録済みの方であればそのまま視聴できます。会員登録がまだの方であれば、登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです。


【スーパーマンⅢ電子の要塞・製作スタッフ、公開データ】
監督:リチャード・レスター
製作:ピエール・スペングラー(英語版)
製作総指揮:イリヤ・サルキンド
脚本:デイヴィッド・ニューマン、レスリー・ニューマン
撮影:ロバート・ペインター(英語版)
音楽:ケン・ソーン(英語版)
原作 キャラクター創造::ジェリー・シーゲル、ジョー・シャスター(英語版)
出演者:クリストファー・リーヴ、リチャード・プライヤーほか
音楽:ケン・ソーン(英語版)

👆Superman III (2/10) Movie CLIP - Rescuing Ricky (1983) HD
撮影:ロバート・ペインター(英語版)
編集:ジョン・ヴィクター=スミス
製作会社:Dovemead Limited、Cantharus Productions N.V.
配給:ワーナー・ブラザース
公開:アメリカ 1983年6月17日、日本 1983年7月9日
上映時間:123分
製作国:アメリカ合衆国、イギリスの旗 イギリス
言語:英語
製作費:$39,000,000※1
興行収入:アメリカ合衆国 カナダ $59,950,623※1※2、世界 $80,200,000※1
配給収入:日本 9億1300万円
superman3st006.jpg
※1“Superman III” (英語). The Numbers. 2023年4月30日閲覧。
※2“Superman III” (英語). Box Office Mojo. 2023年4月30日閲覧。
※3『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)420頁。

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆



PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR