FC2ブログ

ボンドさ~ん、なぜそんなにモテるの?『007 リビング・デイライツ』

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

◇本ページは、プロモーションが含まれています

🎦今日ののぶちゃんの映画録は、1987年に公開されたイギリス・アメリカ合作『007 リビング・デイライツ』(ダブルオーセブン リビング・デイライツ、原題: The Living Daylights)の感想記投稿です。
007livingmv.png
【007 リビング・デイライツ:作品の概要】
『007/リビング・デイライツ』は、ジョン・グレン監督の1987年に公開されたイギリス・アメリカのスパイアクション映画です。映画「ジェームズ・ボンド」シリーズでは第15作目となります。
007livingst0011.jpg
本作はシリーズ誕生25周年の記念作品でもあり、大型予算で製作されました。主役のジェームズ・ボンドをティモシー・ダルトンが演じた初の作品である。原作は、イアン・フレミングの短編『ベルリン脱出』(The Living Daylights)。ユーモアを重視した前作までのロジャー・ムーアのシリーズとは打って変わって、全編通してシリアスな展開の作品です。


【007 リビング・デイライツ:ストーリー】
Mの命令でKGBのコスコフ将軍の亡命を助けたボンド。しかし、イギリスに渡った将軍は何者かによって拉致されてしまう。事件の陰には武器商人・ウィティカーの存在があった。ボンドの命を狙うスパイ皆殺し計画。そして謎の女チェリストがボンドの前に現れるのだが・・・
007livingst0021.jpg

『007 リビング・デイライツ』懐想記
本作では、シリーズ誕生25周年ということで、ジェームズ・ボンドやマネーペニーの若返り、世代交代に見事に成功していると思います。当時、劇場で初見してティモシー・ダルトン演じる007どんなかな~??と思いながら、見終わって、ティモシー・ダルトン演じる4代目ジェームズボンドを見て、シリアスにリアリズムが加わった本作に主役のティモシー・ダルトンへのポイントが一気に跳ね上がりました(*^_^*)

ボンドカーも原点回帰のアストンマーチンで走ります。ただしエンジンはV8。フロントガラスにはデジタルディスプレイ表示、フロントホイールにはレーザーカッター、リアにはスパイク、ミサイルランチャーやロケットブースターに。武装激しすぎじゃあ~。でも007にはありなのだ。
Qに「塗装したばかりだから傷つけないで!!」と言われたけれど、最後はお約束の自爆装置ON!(激笑)
007livingst0031.jpg
ショーン・コネリーはアドベンチャーファンタジー的、ロジャー・ムーアがアクションコメディならば、ダルトンはシリアス路線にリアリズムを加味した「原作の雰囲気に近い本格スパイアクション」に大いに首を縦に振りたくなる納得作です。
目を輝かせながら、生まれて初めての遊園地を楽しむカーラ(マリアム・ダボ)の表情と、それを優しく見守りエスコートするボンドの二人のシーンはなかなか良いです。

ジョン・グレン監督こだわりの空中スタントも、今までで最も迫力があったと思います。あれ、どういう安全対策取ってるんだろう??と思いたくなる迫力のあるシーンに、命綱はあるのだろうけど、映像に映り込みないし、何よりも飛行機から繋がってる網のロープ部分をどれだけ信頼できるのか?高所苦手の私は、もう足元ダメ、ちびりそう~劇場鑑賞、怖いわ~(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

いやはや、本当に凄い!としか言いようがない。

ダルトンはあと1作しかないけれど、もっと続けて貰っても良かったと思えるくらい個人的にはティモシーダルトン演じるジェームズボンドは好きになりました。
音楽も今回のa-haやPretendersは本当にガラリと変わった印象を受けました。昭和ボンドと平成ボンドを繋ぐ存在であった事こそがダルトンの果たした役割だったのでしょうか。ダルトンボンド、見ごたえあります👍👍

👆The Living Daylights • Theme Song • A-ha


【007 リビング・デイライツ:配信先(U-NEXT)】
『007 リビング・デイライツ』
(1987年、イギリス・アメリカ、130分、字幕・吹替、199円ポイント)
👇下記バナー画像クリックで配信サイトへリンクしています。U-NEXT会員登録済みの方であればそのまま視聴できます。会員登録がまだの方であれば、登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです


【007 リビング・デイライツ:製作スタッフ、公開データ】

  • 監督:ジョン・グレン
  • 製作:マイケル・G・ウィルソン、アルバート・R・ブロッコリ
  • 脚本:リチャード・メイボーム、マイケル・G・ウィルソン
  • メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
  • 音楽 -:ジョン・バリー
  • 主題歌:a-ha
  • 作曲:ポール・ワークター、ジョン・バリー
  • エンディング・テーマ「イフ・ゼア・ウォズ・ア・マン」:プリテンダーズ
  • 作曲:ジョン・バリー
  • 作詞:クリッシー・ハインド
  • 撮影:アレック・ミルズ
  • 編集:ジョン・グローヴァー、ピーター・デイヴィス
  • プロダクション・デザイン:ピーター・ラモント
  • 美術監督:テリー・アックランド=スノー
  • 特殊視覚効果:ジョン・リチャードソン

007livingst0051.jpg

  • 製作会社:イーオン・プロダクションズ、ダンジャック、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー、ユナイテッド・アーティスツ
  • 配給:アメリカ合衆国の旗 MGM/UA Communications Co.、イギリス 日本 UIP
  • 公開:イギリス 1987年6月29日、アメリカ合衆国 1987年7月31日、日本 1987年12月12日
  • 上映時間:130分
  • 製作国:イギリス 、アメリカ合衆国
  • 言語:英語
  • 製作費:$40,000,000※1
  • 興行収入:世界の旗 $191,200,000※1、イギリス $13,028、アメリカ合衆国 カナダ $51,185,000
  • 配給収入:日本 7億7300万円※2

007livingst0061.jpg

  • ※1 “The Living Daylights” (英語). The Numbers. 2023年5月4日閲覧。
  • ※2『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)470頁
👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

👇ランキングに参加しています。応援クリックよろしく
(^_-)-☆



PR
【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。


PR

コメント

非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR