FC2ブログ

空を越えて、ラララ♬~アトム祭り②『鉄腕アトム 宇宙の勇者』(1964年)

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

◇本ページはプロモーションが含まれています。

🔶今日のアニメの徒然小道では、アトム祭りの2日目として、1964年に劇場公開された『鉄腕アトム 宇宙の勇者』のU-NEXT配信先視聴からによる、感想・考察記の投稿です。
atomspacemv.jpg

【鉄腕アトム 宇宙の勇者・作品の概要】
1964年7月26日、日活系封切、日本初のテレビアニメからの劇場版アニメ作品になります。併映作はユーゴスラビアの児童映画『ぼくらの冒険旅行』。『宇宙の勇者』は正式サブタイトルですが、オープニングではクレジットされていません。

テレビ版の第46話・第56話(上記)・第71話を劇場用にブローアップし再編集した作品です。これらの内、第56話はテレビでは使用しなかったカラー版を使用、また第71話は一部がカラー化されています。更にプロローグやつなぎ部分が新しく作画されています。

期待された割には興行成績は振るわず、5日前に東映で公開されたまんが大行進(『鉄人28号』『狼少年ケン』などのブローアップ再編集作品で構成)に敗れてしまった。理由は様々だが、一番なのは「アクション映画路線で売った日活で上映したため」だと言われています※1。
※1 渡辺泰「渡辺泰のアトム史外伝 スクリーンでも活躍」『鉄腕アトムワールド』p.51
atomspacest001.jpg

【鉄腕アトム 宇宙の勇者・ストーリー】
21世紀の未来。優れた能力と優しい心を持つ正義の少年ロボット・アトムの保護者であるお茶の水博士が、何者かにさらわれてしまう。地球防衛組織“ナンバー7”とともに博士の救出に向かったアトムは、やがて地球を狙う謎の宇宙人の存在を知るが…。

『鉄腕アトム 宇宙の勇者』懐想、考察記
テレビシリーズ1作目、モノクロの「鉄腕アトム」から3話を再編集、さらにアトム誕生などの設定編の映像や完全新作パートも追加された作品です。テレビではモノクロ放送された、第56話の全編と第71話の一部が本作で初カラー作品で紹介されています。当時、私により少し上の世代の方で、劇場作品を鑑賞した方々、アトムファンの方にはに振り返って見てほしいですね。

本作の存在に関しては、当時私は4歳で、親に連れて行ってもらうしか方法はなかったのでしょうけど、『鉄腕アトム』はテレビで放送されていて人気があったので、親としてはそこまでする必要はなかったということになるのでしょうか(笑)。
いずれにしても、当時、TVがなく、銭湯で『鉄腕アトム』をみていたという思い出がつきまとってくる作品です。

大学のアニ研で『鉄腕アトム』もサークルディスカッションの話題にあがったことがあり、日本で一番はじめてビジネス利用されたキャラクターが、『鉄腕アトム』と評されていました。1960年代は、戦後高度経済成長に向かっていく途上の世代で、言い方はきつくなりますが、お金になることなら何でも利用された時代だといってもよいと思います。
今の時代よりも、お金になることに関して世知辛ない時代だったと感じます。
何もビジネス化やお金儲けが悪いということではありません。ヒット作を創れば、人間の欲を煽り、必ず原作とはかけ離れた方向へいくのだろうという一つの現実を見るのだという、サークルディスカッションの意見がありました。

当然『鉄腕アトムは』アトム祭り①で記した通り、日本のキャラクターとしては初めて商品化権の概念を確立したといわれ、本作の関連商品は日本のアニメキャラクターで初めて著作権表示をつけたとされています。

手塚先生は、原作漫画において、科学的合理主義への疑問や警告をテーマとして描かれていたことがわかります。ところが本作、およびTVシリーズ『鉄腕アトム』には、アニメ版では単純な科学文明礼賛で、勧善懲悪のパターンが定着しているのは、おそらく不満を感じていたのではないでしょうか。現実、リメイク作品が登場してきます。※2※3

アニ研でも個人的にも思うことですが、漫画・アニメ界だけに限らずそれだけテレビアニメという一つの時代を切り拓いた『鉄腕アトム』の存在は大きいということだと思います。

※2手塚治虫『ぼくはマンガ家 手塚治虫自伝・1』大和書房、1979年、p.193
※3手塚治虫「鉄腕アトム 基本構想」『図説鉄腕アトム』森晴路、河出書房新社、2003年、pp.125–126
atomspacest002.jpg


【鉄腕アトム 宇宙の勇者:配信先(U-NEXT)】
『鉄腕アトム 宇宙の勇者』(1964年、85分、見放題)
👇下記バナー画像クリックで配信サイトへリンクしています。U-NEXT会員登録済みの方であればそのまま視聴できます。会員登録がまだの方であれば、登録後視聴できるようになります。31日間無料トライアルサービス付きです。


【鉄腕アトム 宇宙の勇者:製作スタッフ】

  • 原作・構成・制作:手塚治虫
  • 脚本:山本暎一、林重行、鈴木良武
  • 演出:山本暎一、林重行、高木厚
  • 原画:山本繁、瀬山義文、北野英明、青木茂、岡迫亘弘、田中英二、赤堀幹治
  • 動画:沼本清海、上梨壹也、正延宏三、森安夫、出崎統、渡辺邦男、西牧秀雄
  • 美術:松本強、八村博也、大脇章子、半藤克己
  • 資料:野崎欣宏、飯塚正夫
  • 撮影:佐倉紀行、清水達正、広川和行
  • 編集:古川雅士
  • 音楽:高井達雄
  • 音楽構成:大野松雄
atomspacest003.jpg

ランキングに参加しています。応援クリックよろしく(^_-)-☆
ランキングに参加しています。応援クリックよろしく(^_-)-☆
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

【U-NEXT会員登録について】

新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。本記事バナー広告クリックからU-NEXTサイトへ


【無料トライアル】

お申込みから31日間、月額プラン利用料(2,189円)が無料でお試しいただけるキャンペーンです。

特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。

※新規会員登録による無料トライアルはおひとり様1回までです。

複数回のご利用は特典対象外になりますのでご注意ください。

★トライアル期間は、登録日を1日目とし31日目までです。

※トライアル期間終了後は自動継続となり、月額プラン利用料が発生します。

※トライアル中もレンタル、購入は有料です。

トライアル終了後の料金は、登録日を1日目とし32日目に初回の月額プラン利用料(2,189円(税込))が発生。以後毎月1日に当月分の月額プラン利用料が発生します。


【アフィリエイト広告:のぶさんのおすすめ】

👇私もお気に入り🤗おすすめの植物活力液

●≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます。

意外と楽しい♬お買い物マラソン

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?



      \累計販売1325万個※1の人気シリーズがリニューアル/

  満ち足りた自信が、続く水『オルビスユー』                  

コメント

みやbee

舞台裏にもドラマ。
ロボットの活躍を単純に楽しんでいた子ども時代とは違い、今の歳だから見えてくる制作側の深〜い信念の数々、、まだまだ鑑賞を楽しめると思うと幸せすぎる〜♡

のぶさん

Re: 舞台裏にもドラマ。
きっと、舞台裏、制作スタッフさんたちは、

「あ~、たまらん、はよ帰りたい」、「疲れた、疲れた」、「誰か、飯買ってこい」

きっと、怒りと哀しみにくれていたでしょう~(笑)

「ボク、創る人。あなた、観るだけの人~」

でも、年とったら思い出に変わるんだよね~。ほんまかいな?
非公開コメント

のぶちゃん

子供の頃からアニメ・映画は大好き。懐かし作品で心癒しましょ💛
紅のバイクを跨いでいますよ🏍

無料ブログポータルサイト

のぶちゃんとバイクの徒然備忘録 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー

アフィリエイト広告

当ブログサイトはアフィリエイト提携して商品を紹介しています。 自分で使用してみて納得して気に入ったプロダクツ、サービスはおすすめとして紹介しています。 本記事内では、企業様と提携してテキスト・商品説明文をベースにお気に入りの一言を添えて使用させていただいております。画像をクリックするとリンク先のサイトに移動します。よろしくお願いいたします。
      ▼PR            ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR ▼PR
当サイトはアフィリエイトプログラムサイトを利用しています。 商品購入やサービスご利用の際は、提携先サイトで商品・サービス情報のご確認をよろしくお願いいたします。 【免責事項】当ブログサイトに掲載された情報を利用することで生じたトラブル・損失・損害に対して当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR