FC2ブログ

桜と手首とクロスカブ🌸

ゼロで行こう!(終?)
03 /27 2018

先月20日の事故受傷から1か月と1週間、左手首の動きもかなり良くなってきました。勇気だして、今日は久し振りにゼロ(クロスカブ)に跨って、ちょいと買い物と桜を見に行ってきました~。

なんといっても、カブには左にレバーがないのと、エンストがないので、リハビリ練習機としてはもってこいです(笑)

ウィンカーを扱う時に、若干痛みがありますが、トコトコ、カブを走らせる~(^^♪



なんといっても、走る風が

ここちよいのじゃあ~~~🌸






🌸都府楼政庁にて




🌸都府楼政庁にて

都府楼政庁から水城跡までちょこっと走らせて・・・と

水城(みずき)は、福岡県の太宰府市・大野城市・春日市にまたがり築かれた、日本の古代の城址です。

城跡は、1953年(昭和28年)3月31日、国指定特別史跡「水城跡」に指定されていいます。


🌸水城跡の桜




🌸水城跡の桜



🌸水城跡の桜をバックにZERO(クロスカブ)

左手の完全回復と新しき秀Ⅱさん(バーグマン200)の復活まであと少し🌸





海とイカとナビゲーター

日記
03 /25 2018

一泊で母と久方に車の運転をするという、妹と佐賀県唐津市呼子までお出かけ♪
手首を骨折している私は、当然ナビゲーターであります。

固まるドライバーの横でナビを担当するのもちと疲れます(笑)




佐賀県唐津市呼子町呼子にある『呼子大仏』。海を見守るように立像しています。



この『呼子大仏』と呼ばれる巨大な大仏です。これは大正11年(1922)に建立されたコンクリート製の大仏で台座を含んで全長約10.5メートルもの大きさを誇ります。

この大仏は海上安全の祈念と海の事故で亡くなった方の慰霊のために地元の有志たちによって建立されたものでした。

この仏像の背後にある、旧国民宿舎ロッジをプチリニューアルした『尾ノ上Ryokan』に一泊。




尾ノ上Ryokan周辺からみた、玄界灘でございます~。空はPM2.5の影響か?
花曇りのような感じ。▼












夜は、魚の料理群に有名な呼子の活きイカ君を~~!

うまい!♪



そして、翌日は、呼子大橋を渡って、加部島へ・・・



杉之原放牧場に向かい、ナビゲートしながら、無事ドライブ終了。

途中、多くのライダーさんを見かけました。

やっぱり、ナビゲーターより

風切ってバイクで走りたいなあ~













ギブスをはずす!(時間限定)

日記
03 /17 2018

先月20日、事故で左手首の骨折受傷後ギブスをつけていましたが、昨日の受診で医師から「夜間、ギブスを外していいよ。寝相がいいなら?(笑)」と医師の意見で外出以外で外すことにしました。

少しづつ、手首を動かしたりしてますが、2週間後に手首の完全復活めざしてがんばろう。帰りにご近所さんから「やっぱり、バイクに乗ってる姿見ないと寂しいね!」

と言われた時、何故か嬉しくなりました。


帰りにウグイスが鳴いていました・・・


そう春がやってきた・・・🐤




2Fバルコニーからの四王寺山の夕景








柳川藩主立花邸「御花」・・水都へ🌷

日記
03 /11 2018

昨日は、澄み渡った青空のもと、水都柳川にある「御花」まで家族で行ってきました。
江戸時代以来、「御花」は柳川藩主立花家の邸宅でした。当時、この辺りが「御花畠」といわれていたことから、柳川の人々は親しみを込めて「御花」と呼ぶようになりました。
そして、現在では、7000坪もある敷地の中に、文化財でもある御花にはいくつもの顔があります。料亭旅館でもあり、結婚式場として、また観光スポットとして柳川名物「うなぎのセイロ蒸し」をはじめとする有明海の珍味を楽しめる場所でもあります。



西洋館。本日はおひがらよし、結婚披露宴も多く、内覧は出来ませんでした。



川下りです。当たる~。でも心配なく、頼れる船頭さんたちがついています(^^♪












国指定名勝、「立花氏庭園」対月館2Fより撮影






西洋館中へさげもんがこのとおり♪
車椅子の母を押していく妻。
いつもありがとう。



そして今日は孫の国家試験合格祝いの会席を「集景亭」にて



▲鈴の間にて(立花家15代当主夫人の居間)

ここの庭園は2Fからの眺望よりも和室から味わう庭園の雰囲気が素晴らしい。



















▲有名な柳川の鰻のセイロ蒸し。山椒を振りかけて食べるのがよいです。



素晴らしい料理の数々に、みな満足、万歳でした♪



暮れゆく庭園



NHK大河ドラマ、誘致への活動に期待が膨らみます。



西国無双と謳われた、柳川藩祖立花宗茂像



立花宗茂の実父高橋紹運公の魂はここ太宰府四王寺山に眠る






流行ったCM集【1990~1999】(笑)

日記
03 /07 2018

You Tubeで見てたら懐かしい笑えるCM集発見!

なぜか、笑える懐かしいCM集ね。長いけど~

特にアメリカ合衆国の元女子プロレスラー。レジー・ベネットの「ダダーン」のCMは友達と一緒に見てて、腹抱えて笑っていたこと思い出しました。このCM集を作った方にナイス!!を送りたい。







曲水の宴・・

わが街備忘録
03 /05 2018

昨日4日(日)、太宰府天満宮で、春の訪れを告げる「曲水の宴」がありました。祭神の菅原道真も、平安時代の宮中で参宴したとされる伝統行事と言われています。若干汗ばむ陽気の中、紅白の梅花の下で衣冠、十二単(ひとえ)などを装った男女が風流なうたげを繰り広げられました。
 姫役は福岡親善大使の丸林千紘さんら5人、諸官役は歌舞伎役者の松本幸四郎さんや地元経済人ら7人が務めました。参宴者は、水路に浮かべた酒杯が自分の前に流れてくるまでに短歌をしたため、杯を飲み干した。
 曲水の宴の原形は中国の名勝「蘭亭」での詩会で、書聖と名高い王羲之(おうぎし)も加わったとされる。
今回は、曲水の庭を1100人が観覧できる席が用意されていましたが、残念ながら、席とりができず、曲水の宴と、白拍子の舞が撮影できずに残念。
しかし、太宰府天満宮内は梅がほぼ満開状態で、春の到来を告げる梅の香りが宮内に漂っていました~(^^♪




















▲太宰府天満宮本殿前にて






▲白拍子の舞




▲曲水の宴(西日本新聞掲載より)








のぶさん

何を思ったか、55歳からバイク乗りはじめた、さまよえる爺でございます。人生楽しめればそれでよろしゅうございます♪